ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友情物語 ?アニメ「ケロロ軍曹」 第124話「ケロロ 夏の宝物 であります」
○Aパート
・ダラダラとインターネットでニュース見てたら、
 ドイナーカ星で宇宙海賊の宝が見つかったというニュースを見つけたケロロ。
・突然小隊の皆と一緒にドイナーカ星に行くことにしたケロロ。ドイナーカ星にはケロロ達幼馴染トリオの夏の思い出が。
・回想スタート。ちびケロの提案で、ドイナーカ星に行って宇宙海賊ヴァイパーの宝を探すことにした幼馴染トリオ。
・「銀河鉄道友の会」の会員なので銀河鉄道に詳しいちびギロ。会員ナンバーはある意味レア中のレアな99999999。
・そんなレアなナンバーの為か、会員証を命よりも大切なものだと言うちびギロ。
・始めは危ないからと嫌がってたものの、
 いつもの様にちびケロに「俺たち、友達じゃん?」と言われ、参加することになったゼロロ。
・早速銀河鉄道に密航トイレに潜伏。
・実は銀河鉄道は子供料金無料。しかし大人がいないとダメなため密航決行。
・発射して間もなく、ちびケロ達が潜伏しているトイレに他の客がノック。
 ちびケロに「便秘のふりしてごまかせ」と言われ、素直に従いやり遂げたゼロロ。
・その時突然列車が揺れ、ゼロロが便器の中に落下。ちびケロとちびギロは景色に夢中。
・暇なのでこっそり列車内を探検することにしたちびケロとちびギロ。ゼロロは留守番。
・食堂車で産地偽装されたサツマイモを見つけたちびケロ。犯人らしき人も出現。
・客車に逃げ込むも駅員ロボに見つかり、子供だけで乗ったことがバレたらまずいということで再び逃げることに。
・トイレに帰ってきたらゼロロが駅弁買いに行ってる間に他の客が入ってしまったため使用不可。
・ヴァイパー(老人)に助けられたちびケロ達。
 ヴァイパー(老人)に宝探しのためにドイナーカ星に向かっているという話をすると、
 自分もいつか行こうと思っていたが結局行けなかったという話をされ、
 回数券(無期限)と宝の在り処を示す暗号らしきものが書かれた紙を貰ったちびケロ達。

・カタイナーカ星で列車乗り換え。駅弁を食べ一眠りし、ドイナーカ星に到着。
・ドイナーカ星には誰もおらず。とりあえずジュースを買おうとして全員の所持金を集めるも、1本しか買えず。
 自分は金を1円も持ってないのに怒るちびケロ。
・しかしルーレットで当たりを出した為、もう1本ゲット。
 自分が当てたからと勝手に1人で1本飲みきるちびケロ。もう1本はちびギロとゼロロが分け合って飲むことに。
・森の中へ。葉っぱソリで坂を滑り降りたり丸太の橋を渡ったりカブトムシ採ったり。
 ゼロロはソリにうまく乗れずビタンビタンなったり橋から落ちたり踏み台にされたり。
・そしてじゃんけんで負けて全員の荷物を持つことになったゼロロ。受難続き。

○Bパート
・森の奥に行くにつれて辺りは暗い雰囲気に。怖くなってきたちびケロの命令で先頭に立たされたゼロロ。
・ひとまず休憩。お菓子はちびケロが列車内でほとんど食べてしまった為、残っているのはケロレーションのみ。
 ケロレーションをまずいと言い放ったちびケロ。さっきCMやってたんだけど。
・変なキノコを見つけ、ちびギロとゼロロに食べさせようとするちびケロ。キノコ回すちびケロ萌え。
・ここに来て、実はまだ暗号は解けておらず適当に歩いてきたということを明かしたちびケロ。
 「どこにあるのかわからないのを探すのが宝探しじゃん」無責任過ぎる。
・適当オーラをちびギロに払いのけられ、なんかショック受けてるちびケロ。
 ちびギロはちびケロとは対照的に、今日はもうやめて帰ったほうがいいと計画的な発言。
・という訳で駅に帰ってきて時刻表見たら、次の列車が来るのは3年後どれだけ田舎なんだ。
・その時刻表はなんとヴァイパーから貰った暗号らしきものと全く同じ物。
・誰かが来るのを待つしかなくなったちびケロ達。
 ちびケロとゼロロはギロロの家にキャンプ(という名のスパルタ強化訓練)しに行くと行って出てきたため、
 まず1週間は心配してもらえず。
 そしてちびギロはケロロの家に宿題合宿(という名の漫画&ゲームパーティー)しに行くと行って出てきたため、
 夏休み最終日まで帰ってこなくても心配してもらえず。ってかちびケロ同人誌読んでるぞおい!

・唯一の食料ケロレーションを、ちびケロにいらないと言われたからと森の中に置いてきたゼロロ。
 それをゼロロに1人で取りに行かせるちびケロ。ヒデェ! でもぶっちゃけ半泣きで暗い森の中を歩くゼロロ萌えた。
・ゼロロの帰りを待つちびケロとちびギロの前に、燃料を補給しに来た無人の貨物列車が。帰るチャンス。
・森の中で穴に落ちたゼロロの前に謎の影が。必死でゼロロを探すちびケロとちびギロ。
・貨物列車の発射音。ゼロロの名を叫ぶちびケロ。
・穴の中にいるゼロロを見つけたちびケロとちびギロ。
 ゼロロを助けようとつたを垂らすも、宇宙ケルベロスの姿を確認し一目散に逃げたちびケロとちびギロ。
・なんとかつたを登ってちびケロ達に追いついたゼロロ。しかし宇宙ケルベロスもついて来てしまい大ピンチ。
・線路に出たちびケロ達。目の前には貨物列車。
・ちびギロとちびケロが貨物列車に飛び乗り、残るはゼロロのみ。しつこく追いかけてくる宇宙ケルベロス。
・ちびケロが手を伸ばすもゼロロには届かない。
・ゼロロを助ける為には、
 もうちびギロの「命よりも大切な」会員証につかまらせることしか手は残されておらず。迷うちびギロ。
・ゼロロを助けることを決心し、会員証を持って手を伸ばしたちびギロ。
・ゼロロはギリギリ会員証につかまるも紐が千切れ、線路にまっさかさま。
・しかしちびギロが伸ばした手がゼロロに届き、なんとかゼロロ救出成功。
・回想終了。ケロレーション取りに行かされた話のところでトラウマスイッチが入ったドロロ。
・そして今度こそ海賊の宝を手に入れるため、今のドイナーカ星に到着したケロロ小隊。なぜかにぎやか。
どっかで見たことある大会出たーーーーー!!!!!名前まで瓜二つだ!!!
・実は宇宙海賊ヴァイパーが隠した宝とは「超絶合金ダンガル」一年分。
 しかもそれは星起こしのための水着美女コンテストの優勝商品に使われることに。というわけでケロロ達出場決定。
 確かに「海賊の宝を手に入れに来た」ことには違いないけれど!!これじゃ夢もなにもない!!

・その頃、なんとなくあの時会員証を落とした線路にやって来たギロロ。そこにはあの時の会員証を探すドロロが。
・「俺はあの時、あの宝物よりも、何よりも大切な宝を手に入れた」と言い、ドロロの手を止めさせたギロロ。
・戻っていくギロロを追いかけるドロロ。
 自販機でジュースを買うことにしたギロロとドロロ。ギロロの所持金では足りないらしく、またあの時みたいに2人でお金を出し合い。

○次回予告
・ケロロVS蚊。侵略期限まで残り約1ヶ月なのに何やってんだ。


○キャプ詰め
今回はRAZUNAが幼トリオのあまりの可愛さに舞い上がったため、濃縮バージョンでお送りします。
終始幼トリオ可愛いよ幼トリオでした。これでもかなり悩んで絞った。


「たんけんたいをつくろう!」?「ルーレット☆ルーレット」

「深い森」?「全国無責任時代」

「キミと僕」?「スタンド・バイ・ミー」


ちなみに、なんか暴走した感想はこちらスルー推奨。


DVD「ケロロ軍曹 2ndシーズン」第13巻(最終巻) ジャケット公開
やっぱりメインはガルル。主人公ケロロは1人蚊帳の外。
スポンサーサイト
トラックバックURL
夏休み。 幼き日のケロロ、ギロロ、ドロロはドイナーカ星に宇宙海賊ウ゛ァイパーの宝を探しに行くコトにした。
ケロロ軍曹 第124話「ケロロ 夏の宝物 であります」の感想です。      
今回のケロロ軍曹は、A・Bパート1本。幼い頃の夏の思い出話。ギロロとドロロの友情物語です。

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。