ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢と恋とバイオリン ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第21話「バイオリンがきけたらイイナ!」
・別荘からの帰宅前日、柊先輩がもうバイオリンはやめると言っているのを聞いてしまった歌。
・柊先輩がバイオリンをやめたら夢が見つけられなくなるのではないかと心配した歌、別荘に戻ることに。
 柊先輩と歌を2人きりにはさせないと、ヘリを呼び出した潤。
・その頃別荘では、クロミがようやく邪魔者がいなくなったということで柊先輩との甘い夜を妄想中。
 「マイメロのお茶の葉っぱが全部ひじきになりますように」なんかちっちゃい!
・潤がヘリに乗って別荘に戻ってきているというのを聞いて、容赦なく撃ち落とせと命令する柊先輩。
・そのヘリには小暮とフラットとマイメロも。花火ミサイル命中で全員落下。そのまま救命ボートで別荘到着。
・永代橋先生も別荘に漂着。
 船に乗って別荘に向かってたら花火の巻き添えを食らって海に投げ出され、そのまま流されてきたらしい。
・柊先輩がバイオリンを崖から海に投げ捨てようとしているのを見て、駆けつけてバイオリンを受け止めた歌。
 そのまま海に落ちそうになり、柊先輩に助けられ密着。
・その「サスペンスドラマのクライマックスのような現場」を目撃してしまい、怒りのあまりバクの耳をねじ上げるクロミ。
・柊先輩にとって、バイオリンは失ってはならないものだと言う先生。
・柊先輩にバイオリンを止めさせまいとする先生に悪夢魔法をかけに来たクロミとバク。
 燃え上がる先生を見て早くもカオスになりそうな予感がしてきたバクと、そういう奴が黒音符を出すと言うクロミ。
・歌も柊先輩にバイオリンを止めてほしくないと説得中。
 バイオリンを弾く唯一の動機だったダークパワーの曲への興味がなくなり、バイオリンへの興味もなくなったと言う柊先輩。
・バイオリンがなくなったら柊先輩の夢もなくなると言う歌に、夢なら見つかりそうだと言った柊先輩。
 もちろんウサミミ仮面カードの話。
・そこに悪夢魔法発動中の先生乱入。
 柊先輩の才能を眠らせてはならないと青虫→サナギ→蝶になって説明してみせるも、殺虫剤で一蹴。
・諦めないと巨大な蛾になった先生。
 更に「化物と話す趣味はない」と柊先輩に言われ、強行手段(羽ばたきで強風アタック)に。
 絶賛暴走中でバクの予感的中。
・対抗するためにワニのミッちゃんを呼び出したセバスチャン。
・ミッちゃんにお尻を噛まれた先生、かえって怒ってしまい超音波&ビームで大暴れ。
・先生の柊先輩とバイオリンへの思いによる涙を、尻が痛いからだと解釈するマイメロ他。
・こんな状況になってもバイオリンを弾こうとしない柊先輩。
 代わりにとギターを弾き始めた潤。小暮も無理やりボーカル参加。でも音痴。
・クロミ&バクやセバスチャン兄弟も歌い始めたけど、全て却下。
・もう放っておいてくれと言った柊先輩に先生が糸を発射。柊先輩をかばって捕らえられた歌。
 「夢が見つかりそうだ」と言った柊先輩を信じる歌。
・自らマイメロにくるくるシャッフルを頼んだ柊先輩。でも出たカードはウサミミ仮面。
 頼まれた時のマイメロの笑顔が、
 「歌ちゃんのためについに自分からウサミミ仮面になりたいって言ってくれた!」と解釈して喜んでるような笑顔に見えた。

・柊先輩の手によってウサミミ仮面カードは却下。
 そして歌を助けるためについにバイオリンを弾き始めた柊先輩。
・先生大感激で悪夢魔法解除。大量の黒音符(ただし全てラの音)が。クロミの予感も的中。
・バイオリンを歌にあげた柊先輩。柊先輩がまた弾きたくなるまで、ずっと預かっていると言った歌。
・改めて柊先輩から「妹みたいな存在」認定をされたと思い、失恋したと涙を流す歌。
 慰めようと小暮が近寄るも、かける言葉は見つからず。
・次回はウサミミ仮面大人気?
 キーホルダーは伏線だったらしい。


○キャプ詰め
いつになくしみじみとした物悲しい終わり方。
1人妄想で盛り上がるクロミ可愛いよクロミ。


妄想少女

先生はあきらめない

歌のために&星降る夜に
スポンサーサイト
トラックバックURL
「バイオリンがきけたらイイナ!」潤くんたちは帰った。これで、浜辺で柊様と二人っき...
どうやら柊様がバイオリンをやめるらしい…。以下、第21話「バイオリンがきけたらイイナ!」の感想です。
 今週はちょっとしんみりした話。 だけどまったく進まなかった話が一歩前進。

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。