ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ETERNAL BLAZE / 年末大掃除のお知らせ
今日のケロロは、前述の通り帰省中で、
家に置きっぱなしの以前使ってたPCで録画予約だけはしましたがまだ見れてないので、
某所でED絵最後の1枚のキャプだけ見たのですが、


色々な意味で感無量でした。
またアニメ絵で見れるだけで(個人的に)大感激な人達まで皆登場の、まさに有終の美を飾るに相応しい大集合でした。
本当にスタッフさん今までお疲れ様でした。と書くと何かアニケロ自体が終わるような雰囲気に見える。
とりあえずこのBlog的には、一番右の下から二番目の初代鍵っ子可愛いよ一番右の(ry。





今月のエースによると、シオン役はゲスト声優ではなく水樹奈々さんだそうです。
先月&今月の原作の展開はそれを意識してのことなのか。挿入歌も歌うとのこと。

そして加藤夏希さんと長編OPをデュエットするのは内藤大介さん。
「勝手に侵略者」以来の格闘家と女の子という組み合わせだけど、それにしても何やってんだ内藤さん。
歌うのは「ケロッ!とマーチ」ではなく「ケロロ・ジャポ?ン!」という曲だそうです。色々と予想が外れてきました。







というわけで、今年も後4日で終わりです。
大掃除のシーズン真っ只中です。RAZUNAです。




で、書いたのにアップするタイミング失って放置のアニケロ感想がここに8個あります。




具体的には、
・第206話?第211話
・第229話
・第232話
の感想を、それぞれ書いた時期はともあれ、編集までしたのにアップしてませんでした。




という訳で、明日から4日間、この計8個の感想を、夕方6:00に1日2個放出していきます。
fc2ブログの予約投稿機能を使うので、僕がその時にいなくても勝手に更新されます。


注意点
・書いた当時の感想をそのままアップするので、一部記述が古い点があります。
 具体的には新OPと新EDに関する記述とかが物凄く古いです。
 全く関係ないですが、編集した時期によって<li>タグ使ってたり使ってなかったりもしてます。<li>タグやめた理由は面倒くさかったから。
順不同でアップします。理由はぶっちゃけ個人的な気分ということ以外には特にないです。
・コメントに関してですが、多分貰ってもレス返せないと思うので、
 すみませんが今回この大掃除更新でアップする分の記事のコメント欄は閉じておきます。ご了承下さい。
・期間中、この大掃除更新以外の更新はするかもしれないししないかもしれません。
 もし更新した場合は、そちらのコメントは通常通り受け付けます。レスも返します。




ついでに今日、同じく書いたけどアップしてなかった原作第百四拾参話とケロロランドVol.23の感想をアップしました。
そしてこの記事の「続きを読む」に、やっぱり9月に書いたのにアップしてなかった、
MELLさんのアルバム発売記念イベントの感想をそのまま載せておきます。
こちらも一部記述が古いです。<li>タグ使ってたり。ちなみに「KILL」もCD買いましたがハードでかっこいい曲でした。


というわけで、皆様よい年末を。




午後4時過ぎに開演。
辺りが暗くなったと思ったらいきなりボレロが流れ出して噴いた。なぜボレロ。


そしてボレロが終わると同時にMELLさん登場。
早速一曲目の「SCOPE」。ライブ用のアレンジバージョンでした。
ギターのかっこ良さと、MELLさんの生の声の迫力に圧倒されて、終始鳥肌が立ってました。
ただし会場の真ん中あたりだったから、MELLさんは手と帽子しか見えませんでした。


MCを挟んで二曲目は「no vain」。思い入れがある曲と言ってました。
二曲目が終わった後は、MELLさんとジェネオンの人で30分以上トークタイム。
とりあえず覚えていることだけ書くと、

  • ヒラッとターンするMELLさん。
  • Deep Forestとコラボできたことへの感激を語るMELLさん。
  • アルバムDVD特典映像のあの「対談」映像は本人やスタッフもやり直したいと思ってる。
    あれはどう見ても「対談」じゃなかった。
  • フランスのお土産話。とりあえず、フランスのチーズは獣の味がするそうです。
  • 「SCOPE」「The first finale in me」の製作裏話と「no vain」のPV撮影裏話。
    「The first finale in me」はファンへの感謝の曲を入れようということで作ったそうです。
  • 11月発売の新曲「KILL」について。
    「『Red fraction』と『no vain』と『kicks!』と『SCOPE』を足して4で割った曲」なのだそうです。凄い濃密。
    PVの方は、MELLさんの目力がまたもや炸裂するそうです。

何だか全体的にMELLさんが可愛いトークでした。
後、相変わらずMELLさんの顔はよく見えないのに、ジェネオンの人の顔だけは妙にはっきりと見えた。


トークが終わった後は抽選プレゼントコーナーと、サポートメンバーの紹介。
そして最後の曲「Red fraction」。曲の前のMCで、MELLさんが感極まって涙声になってました。

ここでMELLさんがステージ上の一段高くなってる所に上がったようで、
ようやくMELLさんの顔がはっきりと見えました。間奏で笑顔になってたのが印象的でした。
後ろの方は手上げたり跳ねたりで盛り上がってたけど、前の方はそういう人が少なめなように見えた。
曲が終わった後はMELLさんが「ツアーでお会いしましょう!」と言って退場。イベント終了。



やっぱり生だと、MELLさんの声やバックの演奏のかっこ良さや盛り上がりがCDとは全然違いました。
この感動を少しだけでしたが味わえたので、行ってよかったと思います。
トークは最後の方は「トーク長っ」と思いながら聞いてましたが。
ツアーも見に行きたいと思ったけどスケジュール的に完全に無理ですごめんなさい。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。