ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅立ちの唄 ?「ケロロランド」Vol.24
新キャラ追加もある劇場版超特集、そして書き下ろしは劇場版短編原作。
後者は割と当たり障りのない話でした。ガルルの出番多し。タママ&クルルは1コマのみ。
劇場版クオリティなガルルの戦闘シーンは盛り上がりそう。





・新年初のアニケロ、Bパートは556主役。
 他の1月放送話は武者ケロドロロ編、ケロロの赤ちゃん吉岡平主役話等。
・「ちびっこケロロランド」の扉絵が以前吉崎先生のHPのトップ絵だったケロロキャラ全員集合の絵なんですが、
 タルルそこにいたのかよ。っていうか何で一人だけそんなトップ絵ではカットされてたところに。




○劇場版超特集
公式HPの予告編で既に出てたようですが、改めてあらすじに竜タママ暴走が追加されました。
 「仲間が1人行方不明になったと思ったら突然襲い掛かってきた」という展開の「仲間」という、
 非常に重要な役割に抜擢されたようです。
 というわけで、タママが物語終盤でも何か活躍してくれるのか期待です。
 後フランス上空に竜ケロロ小隊全員集合の絵が、なんか今にもバトルロイヤル始めそうな感じです。

・ケロロドラゴン徹底紹介。
 「一兆度を超す火炎」とか「歩くだけで地震」とか「睨まれた動物は震え上がる」とか
 何やら凄いことばかり書いてあります。
 っていうか「その一撃は巨大化したキルルにも匹敵する」ってまた基準はキルルかよ。
・シオンの執事、ピエールが初公開。ポールとも知り合いだそうです。
 劇場版本編には出ないゲーム版限定キャラ、ドララも初公開。敵か味方かは不明。
 そして今回OPで「ケロッ!とマーチ」を歌う2人のうち1人は加藤夏希さん。
 後、JAM Project公式HPによると、短編主題歌はJAM Projectと小学生のユニットだそうです。



ついでに、公式HPの予告編では、ドロロがアフリカに凄い馴染んでたり、
「皆どうしちゃったんでありますか!」(byケロロ)→「私達の声が届いてない!」(by夏美)と
少なくともケロロ以外の隊員(竜)が全員正気を失うっぽいセリフがあったり、
竜ケロロ誕生のシーンに「地球最期の日」とスケールがでかい煽りがついてたりしてました。
目が正気じゃないタママ(通常)に萌えました。っていうかこの予告編、正気なタママが出てるシーンが1つも無い。
そして、最後のシーン見ると敵というわけではなさそうなんだけど、相変わらず目的が全くわからないシオン。





○書き下ろし 第零話「我輩、出発出撃!!…の巻。」
・地球出発の日、まだ支度をしてなかったケロロ。
 そして大急ぎで出て行ったと思ったらチケット忘れてUターン。
 「大丈夫なの我が息子は」ケロロ母初の顔出し。何この似すぎ一家。
・宇宙ターミナルで時間になっても来ないケロロを待つギロロとゼロロ。愚痴るギロロ。
 その時、敵の宇宙人が突然宇宙ターミナルを襲ってきました。
・今武器を持ってないギロロに代わってゼロロが応戦しようとしたその時、ガルルが戦闘準備万端で到着。
 「兄ちゃ…ガルル!!」言いかけた。
・自分一人で排除すると言い、敵に向かっていったガルル。
 その頃、既に電車が全部出てて無人駅で途方に暮れてたケロロ。
 「どうして出発の直前になってからふだんやりもしないゲームをプレイしてしまうんだろう」しくじり過ぎです。
 「国に…帰ろうかなァ…」早すぎる。

・そんなケロロの目の前に不自然に公衆トイレが。
 ケロロが入ってみると、クルルの笑い声と共に公衆トイレが空高く発射。「ちょっとゆれた?」気づいてないケロロ。
・その頃、苦戦中のガルル。
 「対キルル用の装備まで用意しているとは」キルル、名前だけなら4年連続なるか。
・「実体弾を使え!!」「お前ならそうするかギロロ。どうやら正解だ!!」しかし実体弾も全てかわされてしまいました。
 そして敵はケロン星に向けてミサイル撃ちこむ寸前。
・その時、ケロロの乗った公衆トイレがガルルの横をかっとんで行き、そのまま敵に突っ込みました。
 名も無き敵大爆発。公衆トイレは宇宙ターミナルに墜落。
・外はそんなことになってたことなど露知らず、スッキリして公衆トイレから出てきたケロロ。
 こうしてケロロは何が何だか全くわからないうちにケロン星を敵から守った男になりました。
・ケロロがテレビでニュースになっているのを見て、安心するケロロ両親、エールを送るプルル、笑うクルル。
 公衆トイレが敵に突っ込んだのは全部クルルの操作か。どちらにしろケロロは部下に恵まれてます。
・この時はまだ実際のケロロのことをよく知らなかったから、
 「どんな人なんだろうケロロ軍曹さん」とワクワクしてるタママ。
 これからこの人はケロロに対して時にはラブラブ目指したり時には冷めた目で見つめたり見捨てたりするのか。
・そしてガルルが見送る中、地球へと旅立つケロロ達。
 と思ったらケロロがケロボールを家に忘れたようです。準備してる時にはあったよなケロボール。




○4コマ「ケロンな人々」(下江田英司先生)
・年末を前に忙しい夏美達を見て、
 今お手伝い頑張ればお年玉アップと読み早速行動開始したメール。
 「地球に馴染みすぎです」(byマール)。2周年が近づいてきてます。
・クリスマスプレゼントとお年玉がいっぺんに来ると大喜びのメールに対し、
 12月生まれは誕生日まとめて祝われる可能性があるため心配になる夏美&ケロロと、
 出費が多くてブルーな秋。親の心居候知らず。
・「王子は国民に与える位でないといけません!」「ボク今は日向家の居候だしぃ」(byマール&メール)
 現状のままじゃこの人に政治任せちゃいけない。
・そんなわけで皆にプレゼントをあげることにしたメール。しかし後になるほど悲惨なプレゼントに。
 ケロロには生きた大ダコ丸ごと。「ボケガエルよろこぶかな?」悪気は全くないようです。
・メールによるプレゼント授与。袋からタコはみ出てる。
 何もプレゼントがなかったらしいクルル。
 って冬樹も名前出てなかったけどちゃんと貰えたのか冬樹。ドロロの名前はあったのに。

・大ダコに気に入られたケロロ。ケロロからもメールにプレゼントが。
 プレゼント(ガンプラ)が物凄く名残惜しそうなケロロ。色々な意味で心こめすぎ。




○4コマ「やっぱケロンでSHOW!」(トモキリン先生)
・年賀状シーズン。毎年「今年こそ地球を侵略して…」と書いてることに気づいたケロロ。
 「いるわね毎年同じ目標書いてる人。本気か冗談かわかんないのよね」(by夏美)
・モア父の年賀状は届いたらその星がなくなるような代物らしいです。
 そんな年賀状を毎年知り合いに送ってるのかモア父。
・年賀メールには「色々な」ものを付けて送ってると言うクルル。
 だと思って去年のクルルからの年賀メールは読まずに捨てたと言う冬樹。「何気にひどいな」(byクルル)
・出した数より来る数の方がとても少ないらしいドロロ。
 「大丈夫っ。今年はまだわからないよ」「小雪どの…」(by小雪&ドロロ)。ドロロ頑張れドロロ。
・「地球侵略は進んでない」→「でも弱気な文章だと後が困る」→「明るく心配をかけない方向で」
 と考えたギロロが父に出した年賀状は、変にテンションが高い代物に。
 「何か悪いもの食ったんじゃないか?」(byギロロ父)
・ガルル小隊全員の年賀状を作ると言うトロロ。忙しいから全部任せたガルル。
 もちろんガルルを弄る気満々でトロロが作ったガルルの年賀状は、ギロロの年賀状と瓜二つ。センスが同じ。
 「これが今の流行なんだな」妙に納得したギロロ父。
 最後は見える人には見える、日向家「全員」集合の年賀状。





○「ケロロ侵略中!」(シロ太としお先生)
・冬樹に新年の挨拶を言いに来たアリサ&ネヴラ。
 冬樹を探すアリサのすぐ後ろに、ケロロから借りたフライングボードに乗った冬樹が。
 「近くにフユキの気配を感じる!」「いらっしゃいアリサちゃん」漫才のようだ。
 「こういうものに乗る時はちゃんとヘルメットをしないと!」正論なんだけど何かズレてるネヴラ。

・「あけましておめでとう」を冬樹に先に言われてしまい戸惑うアリサ。
 気を取り直して自分も言おうとしたら、噛んでしまったアリサ。何か可愛いぞ。
・今年は丑年だから牛を持ってきたと言い、カバを出したアリサ。
 冬樹にツッコまれ、牛乳をカバのそばに置くことでごまかそうとしたアリサ。何か可愛いぞ。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。