ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外性0の戦い ?「ケロロ軍曹」 第百四拾参話「脱出!予測可能、絶対安全地帯…の巻。」(過去感想)
あらすじ…「ついに電話できいてみたケロロ軍曹!日向家の運命は!?」(byナレーション)
作戦が全部看破されれば勝利という戦いの始まり。


※過去感想シリーズについてはこちら




・家事に精を出すケロロを見て、
 改めてケロロは以前まで思い描いていた「侵略者」像とは全く違うという話をしていた夏美と冬樹。
 それを聞いてたケロロは、夏美と冬樹に嫌な予感をさせるだけさせて部屋へ。
・タママとギロロに「地球侵略が進まなかったのはイメージ戦略に失敗したせい」と言ったケロロ。
 「イメージは重要です軍曹さん!ボクなんかいつもそれで必死ですもん!」(byタママ)。色々とわかってる子。
・今から侵略者としてのイメージを立て直すために、いきなり誰かに電話で相談し始めたケロロ。
 「こういうのはくわしい人に教えてもらうのが一番なんだ!!はずかしがらずに!」でもイメージ戦略的にはかなりアウト。
 「ついに電話できいてみたケロロ軍曹!日向家の運命は!?」(byナレーション)。緊張感が全くない。

・そして帰宅した秋が玄関の扉を開けると、家の中がおどろおどろしくなってました。
 「まるで宇宙人に侵略されちゃったみたいだわ!」秋の発言をマイクで聞き、
 更にあの秋が用心し始めたので、イメージ作戦成功で喜ぶケロロ。
・この調子で、「地球人がイメージする通り」に秋を襲う作戦に移ったケロロ。
 奥に進んだ秋は、いかにもな卵っぽい怪しい物体(中にタママがスタンバイ中)を発見。
 そして何が飛び出してくるのかと期待し始めた秋。なんか逆に出にくくなってしまったタママ。
・結局秋を襲うことができなかったタママ。
 「バレてたので出られなかった?そりゃそうでしょ予想通りなんだからさあ!つまり成功したという事でありますよっ!!
 作戦の根本の部分が失敗してることには全く気づかないケロロ。

・秋の予想通り、地下には夏美と冬樹が捕らえられていました。
 「好奇心に負けました」(by冬樹)。どう言う経緯なのか大体想像つく。
・夏美と冬樹を助けようとしたその時、
 「家族の再会でホッとしてる時にはたいてい足元とかから敵が出てくる」という予感がした秋。
 それを聞いて、今度は秋の真下でスタンバイしてたギロロが出にくくなりました。
・で、結局ギロロは出れず、夏美と冬樹は何事もなく救出されました。
 「何?失敗!?だーかーら!成功なんだって」「状況は悪化してるようにも見えます!」(byケロロ&モア)
 なんというパラドックス。

「こういうところには脱出艇があるものよ!!」ということで、脱出艇を探したら見事に見つかった秋たち。
 そして「ああいう脱出艇にはラスボスが乗り込んでいるものよ!!」ということで、
 脱出艇の自爆装置を作動させた秋たち。
 脱出艇の中では小林幸子ラスボス風なケロロがスタンバイしてました。
・こうして全く危険な目に遭わないままケロロを倒した秋たち。
 「予想通りだったわね」「まったく予想通りだな…!」(by夏美&ギロロ)
 尚、ケロロが作戦前に電話で相談した「侵略者のイメージにくわしい人」は秋でした。そりゃあ看破されて当然だ。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。