ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生類憐れむべし ?「ケロロランド」Vol.22
劇場版第4弾速報にケロン星人型宇宙人大図鑑後編。書き下ろしはドロロ主役で原作流の蚊話。
今回の4コマは個人的にはタママ関係が光ってました。具体的には「ハコビヤ」と「黒い大きな生物がいますね」




○超劇場版4最速情報
既に公式サイトであらすじは出てましたが、次は竜の話なのだそうです。
「我輩よりめだつなんてゆるせないであります!」「ケロロは『4』でめだつことができるのか?」最大の問題はそこなのか。
さすがに今回はキルルシリーズが絡む余地はなさそう。だと思う。





○ケロン星人型宇宙人大図鑑 その2
残ったキャラ全員一気に紹介。ケロン星人「型」という括りなので、ケロン人じゃない人たちも載ってます。
で、結局今回紹介されたキャラは、
ガルル小隊全員、すもも、カララ&チロロ、キルル.&キルルX、ムシシ、
シュララ軍団からプタタ、ロボボ、ユキキ、メケケ、
幼年期時代からちびケロ、ちびギロ、ちびゼロ、ちびプル、ちびクル、
そして劇場版から巨大ケロロ、キルル&ミララ、メール&マール、ダークケロロ小隊全員、武者ケロ小隊全員。

劇場版キャラのネタバレは差し支えがない程度でした。
ミルルに関しては前号のイラストコーナーでどう見てもネタバレなイラスト載ってたけど。ミララは「古代ケロン人」という肩書き。
後、ちびケロ達と武者ケロ小隊はともかく、巨大ケロロまで載るとは。




○書き下ろし「飛べ!!五分の魂!!…の巻。」
  • 「一寸の虫にも五分の魂」なのに蚊を片っ端から叩き潰す夏美を見て、ショックを受けたドロロ。
    その状態で会議に参加。「どしたの蚊のなくよーな声で?」(byケロロ)
  • 会議の内容は、もう何度目かわからない夏美対策について。「まわるんだな同じ所を」(byタママ)
    今回ケロロは、何度やられても夏美に果敢に立ち向かい続ける「蚊」に習うことにしたそうです。
    グッドタイミングな話題。
  • というわけで、ケロロ、ギロロ、
    そして夏美に命の尊さを教えるという使命感に燃えてるドロロが、蚊になって夏美に突撃。
    その様子を見て苦笑いのモアと、不参加表明してホッとしてるタママ。
    とりあえず夏美の血を「チューチュー」したらケロロ達の勝ちという基準なのだそうです。

  • 突然襲ってきた蚊の正体に全く気づかず、
    まずは「ムフ…ムフフフいやムフ」と物凄く気を抜いてたギロロを叩き潰した夏美。
    「もはや想定の範囲内だ!」(byケロロ)。「もはや」言われてる。
  • 何だか凄く綺麗な軌道を描きながら夏美の周りを舞うケロロとドロロ。「キモいんだけど!!!」(by夏美)
    夏美の手を糸で封じ、その腕に着地することに成功したケロロとドロロ。

  • 早速誠心誠意夏美に命の尊さを説こうとするドロロ。でも夏美に声が全く届いてないので意味なし。
    そしてケロロとドロロは、やっぱり蚊の正体には全く気づいてない冬樹と小雪の張り手で潰されました。
  • その後、ボロボロになったけど、「真剣勝負の付き合い方」もあることを知ってスッキリしたドロロ。
    そして全く懲りずに、今度はに習おうとしてるケロロ。どうすれば勝ちなんだろう。




○4コマ「黒ずきん」(東京ロビン先生)
  • ずきんを被っていて、後腹黒いから黒ずきんと呼ばれているタママ。
    お母さん役のクルルに頼まれて、お婆さんの家までお使いをすることに。
  • 狼役のギロロに狙われたお婆さん役のドロロ。
    しかし変わり身の術で危険を回避したドロロ。お婆さん強い。
  • ドロロの家に辿り着いたタママは、
    「どうして口が隠れてるんですかぁ?」「どうして存在感が薄いんですかぁ?」
    「どうしてそんなに友達いないんですかぁ?」
    と聞いたらいけない方向にばかり質問攻め。黒ずきん黒い。
  • 今度はタママを狙って現れたギロロ。
    タママはギロロにも「オオカミっていうかかませ犬ってホントですかぁ?」
    「純愛っていうかスケベっていうか…?」
    と質問攻め。黒ずきん強い。
  • 狩人役のケロロ登場。
    しかしギロロはタママの質問攻めで既に再起不能状態。やることなくなったケロロをガンプラで釣ろうとするタママ。
  • そこに突然ポヨン登場。
    なんかタママがクルルに渡されたカゴは二重底で、その下に何かヤバいものが入ってたようです。
    「ハコビヤ?!」「そんなっ…オレは何も知らなっ…!!?」(byケロロ&タママ)。オチ黒い。




○4コマ「ケロンな人々」(下江田英司先生)
  • 夏休み突入。
    一日中夏美といられて喜ぶメール。一日中ガンプラ作り放題と言っていつもと全く変わらないのに喜んでるケロロ。
  • 流しそうめん。
    ガケの上から下まで竹を渡してそうめんを流すケロロ。無駄に長い。
    そして流れてくるそうめんが速すぎて全く取れない冬樹と夏美。「ダンガンソーメン!!」(by夏美)
  • カキ氷。
    コマ3段ぶち抜きという反応に困るほど巨大なカキ氷を食べるタママ。「このネタ許されるの?」(byケロロ)
  • 花火。
    花火を上に向けてるメールに注意する夏美。
    その横で花火何本も持って走り回ってるケロロ。
    そして大きな噴出花火を抱えて笑ってるギロロ。何このテンションの高さ。
  • 怪談。
    「かいだん」に現れる真っ黒いGについて語ったケロロ。「一部の人には怪談より怖いけど」(by冬樹)
  • 今回はメールの出番少な目でした。扉絵の満喫っぷりが可愛かった。
    後、下江田先生の4コマでドロロを見るのは物凄く久しぶりな気がする。1コマだけだったけど。




○「ケロロ侵略中!」(シロ太としお先生)
今回はアリサ&ネヴラだけで4ページ。変なところで厳しいアリサ。
「私の肩がどこらへんかわかってていってるのか!?」(byネヴラ)。迫力つけて言うセリフではない。





○「世界迷作劇場」(白猫十郎先生)
  • 劇団ケロロ小隊の今回の演目は「ヘンゼルとグレーテル」。
    「どんな話なんですかぁ?」「家出の話?」(byタママ&ケロロ)。端的に言いすぎ。
  • 木こり役冬樹、木こり妻役桃華と聞いて妄想スイッチ入った桃華。何てゴージャスな木こり。
    そして桃華は飛び出してどっかに行ってしまいました。

  • 本番開始。ヘンゼル役のギロロは、森で迷っても大丈夫なように、
    グレーテル役ケロロのガンプラを砕いて通ってきた道に撒いていました。
    少なくとも食べられることは無いからパンよりは安全。
  • お菓子の家に辿り着いたケロロとギロロ。
    そこにはお菓子の家をバリバリ食べまくって大きくなった魔法使い役タママがいました。
    「黒い大きな生物がいますね。あ、こちらに気付きました。
    魔法使いです。早くも登場です」
    ナレーションモアのアドリブが上手すぎる件。

  • ケロロ&ギロロを食べようと、暖炉に火をつけようとするタママ。しかし火のハリボテの設置を忘れていました。
    というわけで、火遁の術で本物の火を出してごまかそうとしたドロロと小雪。結果火災発生。公演終了。




○「幼年期日和」(大槻先生)
  • 「全ケロン訓練校対抗球技大会」略して「ケロ子園」開催前日。「ぜんぜん略じゃないよね?」(byゼロロ)
    ケロロ達は合宿をすることに。背景にさらっといるゾルルで噴いた。
  • プラカード持ちをやりたがるケロロ。しかしプラカード持ちは大会側が用意すると聞いて合宿する気なくしたケロロ。
    「プラカード持ちを決めるためだけの合宿だった」一泊しなくてもいいだろ。
  • というわけで、普通に練習をすることにしたケロロ。
    しかし道具を用意してなかったので、エア野球で練習することに。
  • 試合形式にしたらもちろんグダグダになったので、エア千本ノックを始めたケロロ。
    「どこにボールが飛んでるのかわかんない」「道具をとって来るのがめんどくさいだけだろ」(byプルル&ギロロ)
  • 「試合前にムリに特訓して体を壊しちゃもともこもない」と言い訳して、今日はもう寝ることにしたケロロ。
    しかし全く眠れなかったケロロは、ギロロに怖い話を始め、更にギロロの悲鳴で全員起きました。
  • その頃、「全ケロン訓練校対抗球技大会」略して「ケロ子園」の
    応援練習合宿をしていたケロロ父、ギロロ父、ゼロロ母。
    「ぜんぜん略じゃないわよね?」息子と全く同じことを言った母親(チアガール衣装装備)年齢的に無理が。
  • ケロロ達がケガをした時はピンチヒッターとして試合に出れるように、
    エア野球で特訓を始めたケロロ父とギロロ父。多分大人は出れません。
  • 眠れなくなったギロロ達は、今度は一人眠たくなったケロロも罰として連れて散歩へ。
    そこでエア野球中の親父達が発していた不気味なうめき声を聞いたケロロ達。
    恐怖のあまり一目散に逃げ出したケロロ。恐怖のあまり叫びが声にならないギロロ。
  • 結局そのまま寝れず、試合に負けたケロロ達。
    試合終了後ケロロが皆帰ったはずのグラウンドで見たものは、
    一人で自分が大活躍なエア野球を演じている556。
    「今『胴上げされてるつもり』だ!!」悲しすぎる。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。