ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Make my day ?アニメ「ケロロ軍曹」第221話
アニメ「ケロロ軍曹」第221話

あらすじ…お互いやることが裏目に出まくる桃華とポール。
桃華&冬樹とギロロ&夏美のデート(?)が同時進行。




○「桃華 決戦は日曜日 であります」

I'm In Heaven

  • ある日の放課後、「今度の日曜日暇かな?」と冬樹に尋ねられた桃華。
    デートのお誘いだと思い舞い上がる桃華。
    誰にも水を差されないように、このことはポールにも内緒にしておくことに。
  • そして運命の日曜日。桃華フィルターを通せば疲れて走ってくる冬樹も満面の笑みに。
  • 桃華に博物館に行こうと言う冬樹。
    冬樹の目的はもちろんデートではなく、ただ単にオカルトクラブの活動で博物館に行きたかっただけでした。
    そうとは知らない桃華は、カフェでまったり→手をつないでお散歩→遊園地で急接近→
    夜景を見ながらお食事→浜辺で告白という完璧なプランを立ててきました。

  • 怪しい気配を感じた桃華。
    試しにハチの巣に近づいてみると、ネットが飛んできてハチの巣を除去。
    ポールに監視されていることを確信した桃華。アイツ呼ばわりされてるポール。
  • 携帯でポールに引っこんでろと怒りの連絡を入れた桃華。
    しかし桃華の安全のためにここで引っこむわけにはいかないポール。



恋の戦争

  • 博物館に行く前にと、第1チェックポイントのカフェにやって来た桃華と冬樹。
    その周りには黒服のお兄さんがいっぱい。物凄く不自然。
  • 冬樹がトイレに行った隙に、周囲の親衛隊を全滅させた桃華。
    突然親衛隊と連絡がつかなくなったのを、何者かの襲撃で桃華が誘拐されたのだと勘違いしたポール。
    「30人の特殊部隊が全滅…化け物か…?」犯人はお嬢様です。
  • と言う訳で、戦闘機やら戦車やらで出撃したポール達親衛隊。
    親衛隊から逃げるために冬樹を連れて街を走る桃華。
    「どうしたの西澤さん?」「急にお散歩がしたくなってしまって」「これ散歩なの!?」第2チェックポイントクリア。
  • 立ちふさがる親衛隊は、冬樹の目をそらしつつ撃退。
    しかし戦車部隊に取り囲まれてしまった桃華と冬樹。
  • 戦車から逃げるために、地面から自分専用の戦闘機を出現させ、
    これで博物館に行こうと冬樹を誘った桃華。冬樹呆然。スケールが大きくなりすぎ。
    「誘拐犯め…お嬢様専用機を使って逃げるとは」犯人はお嬢様です。



PLATINUM SUNDAY

  • ポール達の戦闘機を振り切るため、アクロバティックな飛行で博物館に向かう桃華。冬樹グルグル。
    親衛隊の戦闘機の中に、いつの間にか紛れ込んでいたギロロと夏美。

  • 残るはポールの乗る戦闘機のみ。
    2人きりの日曜日のために、覚悟を決めてポールの戦闘機に突っ込んだ桃華。
    ここでようやく「誘拐犯」の正体を知ったポール。
  • 爆発した戦闘機から、パラシュートで脱出した桃華達。
    博物館は閉まってしまったけど、何だか楽しかったと桃華に言った冬樹。
    「また来週行こう?」「本当ですか!?是非!」終わりよければ全てよし。
    このいい感じのムードに冬樹にキスを試みるも、今日は突風と落ちてきたポールに邪魔された桃華。




○「ギロロ 決戦は日曜日 であります」

ピンチはチャンスに

  • Aパートで桃華と冬樹が待ち合わせをしていたその頃、ギロロはちょうどその真上を飛んでいました。
    見回りを終えたギロロが帰ろうとしたその時、下では桃華親衛隊がハチの巣を除去していました。
    そしてその飛んで行ったハチの巣がギロロに直撃。ギロロ墜落。
  • ソーサーが壊れたのでケロロ達に助けを求めたところ、ケロロ達は双六で忙しいので助けに来れないとのこと。
    仕方なくソーサーを引きずって帰ることになったギロロに、通りかかった夏美が声をかけてきました。
  • 図書館の帰りだと言う夏美は、ギロロを散歩に誘ってきました。
    このどう考えてもデートな状況に、
    自分の理想のデート=「戦場で共闘」を思い浮かべることで冷静になろうとするギロロ。
    「俺の女に指一本触れさせん!」「ギロロは私の心に匍匐前進中」(by妄想内ギロロ&夏美)。匍匐前進好きだな。
  • 夏美が飲み物を買いに行ってる間、桃華が親衛隊をなぎ倒しているのを目撃したギロロ。
    更に戦車が大量にやって来たため、非常事態だと確信したギロロ。



PLATINUM SUNDAY

  • 夏美を無理やり引っ張って街から離れようとするギロロ。
    逃げる途中で夏美の手を掴んでいることを意識してしまい、妄想に入ったギロロ。
    夏美の体温…夏美の鼓動…これはまるで理想の…
     いや冷静になれ、デートなどとふぬけたことを考えていては…」冷静になっても額のマークは正直です。

  • ここで夏美が怒ってギロロを引っ叩いて帰ってしまいました。
    しかしそこに桃華と冬樹を乗せた戦闘機が飛来。落ちてくる親衛隊の戦闘機から逃げる夏美。
  • 親衛隊の戦闘機の1つを奪い、夏美を救出したギロロ。
    「ありがと…」(by夏美)。そして場面はAパートのポールと桃華の激突の瞬間へ。
  • 何だかんだで「理想のデート」に凄く近い状況になってしまい、浮かれてるギロロ。
    その時桃華の戦闘機とポールの戦闘機が爆発。衝撃に巻き込まれてギロロと夏美の戦闘機も爆発。
  • 夏美を抱きかかえながら、パラシュートで降下するギロロ。
    すぐそばで揉めてるポールと桃華を見て、今回の騒動の大体の事情を把握したギロロ。
  • 「あんなどたばたさえなかったら、最高に綺麗な夕焼けね」こっちも終わりよければ全てよし。
    「こんな夕焼けが見たいのなら、また連れてきてやる」かっこいいこと言いながら、緊張で顔が引きつってるギロロ。




○ED絵
果てなく広がる青へFly

空を飛ぶ桃華達。一部除いて皆楽しそうです。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。