ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I SHOULD BE SO LUCKY ?アニメ「ケロロ軍曹」第190話
アニメ「ケロロ軍曹」第190話

大体のあらすじ…99%ギロロが主役だった。
Bパートのサブタイ無視。「もっといじめていじめて!」(byケロロ)




○「ギロロ 目標!プレゼント! であります」
・12月9日はケロロの誕生日。今年は宇宙史上例を見ないくらい盛大に祝いたいらしいケロロ。
 「番組も『ケロロ軍曹誕生日スペシャル』とかにしちゃったりして!?」普通に30分です。
・そして12月2日は夏美の誕生日。
 11月某日、623の俺ラジオに自作のポエムを応募し、当日のいいムード作りを謀るギロロ。
・しかし、623にポエムを読んでもらえず結果夏美に逃げられるという夢を見たギロロは、
 念の為に別のプレゼントも用意しておくことに。夢の中の夏美の泣き顔がやたら綺麗。
・プレゼントを求めて、宇宙人街のデパートの火器売り場にやって来たギロロ。もう何かズレてる。
 そしてそこで「彼女へのプレゼントにピッタリ!」という携帯ビームサーベルを見つけたギロロ。
 無駄にワンセグ機能付き。「新しいビームサーベル、丁度欲しかったの?!」(by妄想内夏美)
・そこにケロロへの誕生日プレゼントを探すモアが登場。
 ビームサーベルを見て、「こういうものあげる人ってセンス疑っちゃいますよね!」と一蹴して去って行きました。
 モアいい仕事した。
・こうしてプレゼントのアテがなくなり、屋上遊園地のベンチで何にしようか悩むギロロ。
 花・・・安直すぎるから却下。
 指輪・・・直球すぎるから却下。
 手編みのマフラー・・・ちまちま編んでるのはイライラするだろうから却下。

・そこに通りすがった宇宙人2人が「恋が実る携帯ストラップ」の話をしているのを聞き、
 早速それを求めて掘り出し物屋に行ったギロロ。
・掘り出し物屋にはそのストラップが1個だけ残ってました。
 しかしそこにギロロと同じくそのストラップが欲しいヴァイパーが登場。
 譲れない2人はそのストラップを懸けてバトル開始。
・ど派手なバトルの結果、背後から撃たれヒューンと落ちていったギロロ。
 しかしストラップを受け取った夏美の笑顔を妄想したギロロは、妄想パワーで復活。
・ギロロのパンチでヴァイパーが吹っ飛び、ギロロ逆転勝利。
 早速ギロロがストラップを買いに行こうとしたところ、ヴァイパーが泣き出しました。
・ヴァイパーは8年間思い続けた見たことあるカツラ被った女性に親友としか思われておらず、
 更にその子は見たことあるカツラ被って自転車乗ってる男性と付き合い始め自分は応援することしかできず、
 その2人が先日別れたのでチャンスは今しかないと思ってストラップを狙ったのだそうです。
 その話を聞いたギロロはヴァイパーに同情して大号泣。
・そしてヴァイパーにストラップを譲ろうとするギロロと、友情の証にギロロにそのストラップを譲り返そうとするヴァイパー。
 どちらも譲らなくて双方イライラして来たので、
 どちらが相手にストラップを譲るかを懸けて再びバトル開始。無限ループ。
・そんなことをしてたら、モアがストラップを買って行っちゃいました。
 争ってたら何も得られなかったギロロとヴァイパー。


○「ケロロ 誕生日大パーティー! であります」
サブタイはとりあえず無視して、12月2日がやって来ました。
 あれから別のプレゼントを買い、後は夏美に渡すだけとなったギロロ。
・そこに買い出しに出かけるところのケロロとタママがソーサーに2人乗りで登場。
 今日は夏美は帰りが遅いらしいと言うケロロ。そして自分の誕生日をアピール。
 更に秋と冬樹が「今日の誕生日パーティーは無し」と言っているのを聞いて、夏美の行方が気になったギロロ。
 興奮して武器を磨く手もスピードアップ。煙出てます。
・「夏美も誕生日に友達と過ごしたりする年頃になった」と言う秋。
 それを聞いてギロロが安心しかけたその時、ギロロの頭に小雪の顔が浮かんできました。
・そこにドロロが小雪を探して日向家にやって来たので、
 夏美と小雪は2人きりで誕生日パーティーしてると確信したギロロ。
 武器を磨く手が益々スピードアップ。そしてギロロ発火。
・そこで燃えてるギロロに水をかけたのは小雪でした。
 小雪は鷹の雛の巣立ちを見守っていただけだったそうです。
・小雪の線は消えるも、
 その小雪が「今日は(夏美の)邪魔しちゃ悪い」と意味深発言したため、更に悩むギロロ。
 そこに買出しからケロロとタママが帰ってきました。
・唐突にケロロに「夏美ぐらいの年の少女の誕生日の過ごし方」について聞いたタママ。
 そして「恐らく異性と会いたがるものでありましょうなぁ」と答えたケロロ。
 夏美が会いたがる異性といえばサブローしか思い当たる人はおらず。
・夏美とサブローが2人きりで軍艦ゲームを遊ぶ妄想して自滅したギロロ。
 ギロロが用意した誕生日プレゼントは軍艦ゲームだと判明。これ選ぶセンスも割とヤバい。
 さっきからずっと悶々したり下がったりイライラしたり燃えたりと忙しいギロロに引いて離れてった猫。

・ケロロの2度目の誕生日アピールを聞いてるどころじゃないギロロは、
 背に腹は変えられないので、クルルにサブローの居場所を教えてもらうことに。
 「これはペコポン人の生態調査だ、決して私的な問題ではない」(byギロロ)
・教えて欲しければカレー3杯食べてワンと言えと要求してきたクルル。
 更にサブローからメールが来たと言って「今頃あいつ楽しんでるみたいだなぁ」とギロロを追い込むクルル。
・ギロロの脳裏には再び幸せそうに2人きりの誕生日パーティーをする夏美とサブローの姿が。

 頭の中がカレーでいっぱい

 何かの儀式ですか。
 「リンゴにハチミツ♪」「ハヤシもあるでよ♪」(by夏美&サブロー)
・そして見事にカレーを3杯たいらげ、クルルをパンとしたギロロ。
 しかしクルルもサブローの居場所は知りませんでした。キレてクルルズ・ラボを爆破したギロロ。
・そんなこんなでクルルから夏美の居場所のヒント「おさかなカレー」をゲットしたギロロ。フル装備で突撃準備万端。
・実際の夏美の居場所は「おしゃれカフェ」でした。
 勢いよくカフェのドアを蹴り開けたギロロ。しかしそこにいたのは女の子ばっかり。
 夏美は「623の俺ラジオ」の今週誕生日の人だけを集めた公開録音を聞きに行ってただけでした。
・例によって擦りガラスごしで現れた623。
 夏美と一緒に公開録音を聞くことになったギロロ。何だかんだで夏美の誕生日を一緒に過ごせました。
・そして623によって読まれるギロロのポエム。




 渾身の出来

 「アナタはワタシの上等兵 ワタシの陣地にほふく前進♥」




 痛々しいものを見る目




 会場が冷え切りました。ポエム作戦見事撃沈。
 いたたまれなくなってカフェから逃げ出し、つまづいて転んで手猟弾爆発させたギロロ。まさかの爆発オチ。

・そして12月9日。

 おめでとう Happy Birthday

 普通に祝われました。
 「え?!?もっといじめていじめて!」(byケロロ)


○まとめ&キャプ詰め
という訳で、ケロロの誕生日は無視でオチ以外完全にギロロが主役でした。
ギロロ、相変わらず思い込むだけ思い込んでそのまま突っ走るという純情といえば純情な大活躍でした。
モアの「センス悪い」という一発KOなセリフの通り、色々とズレまくってますが。


サブタイで弄られるという第2期のドロロ復活話みたいな形になったケロロ。
でも祝われたのは祝われたので全く祝われないよりはマシです。
最後のセリフからすると、ケロロ本人はこんな中途半端なオチならいっそ忘れられオチの方がいいと思ってそうな感じもしたけど。


センスの問題&負けられない戦い

YOU SHOULD BE SO LUCKY & ともだちいっぱい

カレー地獄&耐えられない空気
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。