ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんてったってアイドル ?「ケロロ軍曹」 第百拾参話「激突!!地球VS宇宙電子遊戯大決戦!!…の巻。」
大体のあらすじ・・・宇宙のゲームの一周っぷりに冬樹絶望。
今回は吉崎先生の別作品の主役がゲスト出演。




・今日の623ラジオのゲストはゲームの世界チャンピオンである「ゲームアイドル」桜ヶ崎ふぶき
 「オカルトアイドル」なんてのも出てくればオカルトが流行るのにと嘆く冬樹。
・その頃ケロロの部屋では、ケロロがその623ラジオを聞いて侵略のヒントを得るために、
 ギロロがラジオのアンテナ持って変な体制やらされてました。アンテナ固定してあげようよ。
・そしてゲームで侵略することにしたケロロは、
 早速冬樹と夏美を特設ゲーム会場(日向家屋上)に強制ご招待。
 「ああっと“ケロロの招待状”だあ???!!」(byモア)
・日向家屋上には巨大スクリーンと設置型コントローラーが。
 宇宙的なゲームには興味あるけど自分はゲームが下手なので、夏美にやらせようと迫る冬樹。
・結局ケロロとゲーム対決をすることになった夏美。
 「面白くなかったらすぐやめる」と言う夏美を、「負けそうになるとクソゲー扱いして逃げるんでショ!」と挑発するケロロ。
 「軍曹のせるのうまくなってる」(by冬樹)

・ゲームスタート。まずは百円硬貨を投入。もちろん夏美の自腹。
 そしてスクリーンに映ったものは、巨大なインベーダーゲーム。
 一周して戻ってきたそうです。原点回帰しすぎ。
 「軍曹の宇宙はどうしていつもこうなんだろう」(by冬樹)

・しかし鮮やかなコントローラー捌きを見せるケロロに対し、
 夏美は「ストーリーは?アイテムは?村人の話は?」と大混乱。ねぇよ。
・ルールがわかっても、的が日向家の面々の顔になってるので撃てない夏美。
 それに対しケロロは、ムーンサルトしながらボタンを叩くことで五画面分一気に撃破という荒業を披露。
 色々な意味でねぇよ。
・更に、このゲームには得点がそのまま何らかの侵略成分に変換されるというおまけが付いてました。
 「ゲームをやりながら侵略が進むなんて夢のようですーーーっ!!!」(byケロロ)
・そして絶体絶命の夏美の前に現れたのは、なんと桜ヶ崎ふぶき本人。コラボレーション来ました。
 ゲームを悪用するケロロが許せず、夏美の代わりにプレイすることにしたふぶき。
 ふぶきを連れてきたのは623。正体がバレないように、ケロロ(とクルル)の姿を覆面戦闘員に変えた623。

・ふぶきVSケロロスタート。しかし623によって的の絵がケロロ達の顔に変えられました。
 自分の策をそのまま返され、攻撃できないケロロ。
・それに対しPPを発動したふぶきは、さっきのケロロよりも高くムーンサルトし、
 そのまま一撃でクリアする
という、やっぱりルールがよくわからない技を披露。
 やっぱりこの人の元漫画もこんなノリなのだろうか。PPって何だよ。
・得点大逆転&侵略成分逆流でケロロ完全敗北。
 すがや先生ごめんなさいの文字と共にゲーム終了。
・ふぶきは623に面白いゲーセンに連れてくと言われて日向家に連れて来られたそうです。
 その後、ゲームアイドルふぶきと一緒にゲームを遊んだ夏美。
 ケロロとギロロは罰で逆立ちしながらの掃除に挑戦中。

・その後、オカルトアイドル登場と聞いて冬樹がテレビを見てみたら、現れたのはアリサ。
 何も知らずにインタビューする記者大ピンチ。


○へっぽこ通信
・ケロランのコーナーとは別に、こっちでも新ケロン人を大募集らしいです。最優秀賞はアニメに登場。
・12月のアニケロは原作の掃除機話、プラモ王決定戦、ケロロとギロロのクリスマスケーキ戦争等。
 去年はなかった誕生日話も今年はやるそうです。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。