ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ready? ?アニメ「ケロロ軍曹」 第180話「ケロロ 争奪大戦争 であります」
アニメ「ケロロ軍曹」第180話

大体のあらすじ・・・おっばっちゃん!おっばっちゃん!
という訳で、ケロロ争奪戦です。でもプルルが全部持って行きました。




・侵略会議が始まる前から会議を終わらせようとするケロロ。
 始まってないのにクライマックス。
・そしてケンカを始めたケロロとギロロ。
 そこにモアが笑顔でケーキを持ってやって来たので、一時休戦することに。
 パソコン弄りながら紅茶を飲むクルルがなんか優雅に見える。
・誰かにケーキを取られてギロロを疑い、またギロロとケンカを始めたケロロ。
 モアが2人を止めようとしても止まらず。ケンカを止めたのは、丁度やって来たプルル。
・そんな中、現在ターゲットがケロロになってるカララ(とチロロ)が
 ケロロのためにありとあらゆるガンプラを持ってやって来ました。
 ケロロの身の回りの世話もしてあげると言うカララと、もちろんこんなことは面白くないタママ。
 バチバチと火花を散らす2人。そして蚊帳の外状態になっているモア。
・早速日向家の掃除を始めたカララとチロロ。2人を妨害するためにバケツをひっくり返したタママ。
 更にカララが持ってきたガンプラが全部壊されており、
 ケロロがショック受けてるところに1/350戦艦ガマト持って現れたタママ。明らかに犯人。
・今度は自分が日向家の掃除をするタママ→タママにペンキをぶっかけたカララ。
 夏美達の服を洗濯しようとするカララとチロロ→カララとチロロを洗剤ごと洗濯機の中に落としたタママ。
 醜い戦いはどんどんエスカレート。
・タママに本気で怒り、勝負を挑んできたカララとチロロ。
 もちろん受けてたったタママ。って今戦艦ガマト思いっきりグーで壊したけどいいのかタママ。
・居間や風呂場の惨状を見た夏美がケロロの部屋に殴りこむと、
 そこにはタママ&カララの戦いの後始末をしてるモアが。
 夏美にケロロ争奪戦に参戦しなくていいのかと聞かれ、「ケロロのことで争いたくない」と答えたモア。
・その頃、再びケロロを物で釣ろうとしてるカララとタママ。
 カララは「1/1ガンダム」、タママは「超特大ザクケーキ」。2人とも金に糸目をつけないだけに超豪華。
・そして2人のプレゼントがケロロに突撃。ケーキとガンプラに押しつぶされたケロロ。
 「重い、重い!」「ウチの想いが通じたんや!」「ボクの想いの勝ちですぅ!」はい2人とも都合よく解釈しない。
・そこに駆けつけ、ケーキに埋もれたまま力尽きたケロロを見たモア。「ダメみたい!」チロロ軽っ。
・自分もケロロ(死んでない)の後を追おうと、ハルマゲドンをぶっ放そうとするモア。
 この地球の大ピンチに現れてモアを止めたのは、

 謎のお姉さん登場

 ええええええええええ!!!!!???
 ちょっ、ここでこの人登場!?
・突然の見たことないお姉さん登場でハテナ状態なケロロ達。
 その謎のお姉さんは、ケロロを助けるために注射器持ってケーキの残骸に突っ込みました。
・謎のお姉さんの正体は、新開発された異性侵入用新型スーツ(もはや変身装置)を装着したプルル。
 ペコポン人スーツとのあまりのクオリティの違いに驚くギロロ達。もう比べものにならない。
 更にA級侵略者にのみ支給されるスーツだと聞き、ショックを受けたF級侵略部隊ケロロ小隊。

・スーツを解除したプルル。ここで変身シーン挿入。
 魔法少女が魔法で大人に変身するシーンを逆に見てる感じ。ある意味珍しい。
・タママ&カララと、2人を止められなかった他の皆をまとめて叱るプルル。
 プルルに「もっと冷静に対処しないと」と言われ、落ち込んだモア。
・叱られたけど、ケロロのことはまだ諦めるつもりはないカララ。
 カララとチロロがどうしたらいいか悩んでいるときに現れたのは、

 自由人世にはばかる

 まだいたのかよ。
 もしかしてあれからずっと地下基地に寄生してるのかお前。
・「憎まれっ子世にはばかる」「恋する乙女は憎まれない」と2人をけしかけて出て行ったジョリリ。
 言葉の意味はよくわからなかったけど、とりあえず諦めずに頑張ることにしたカララとチロロ。
・カララがケロロに何かしてほしいことがあるか聞くと、さくっと侵略できる作戦がほしいとの答えが。
 という訳で、早速自分達で地球を侵略することにしたカララとチロロ。
 カララ&タルルの時の騒動再びになりそうだと思った。
・2人の計画を聞いて対抗心を燃やしたタママは、通りかかったモアにもカララとチロロの計画を伝え、
 壁を思いっきりぶん殴って、ここで決着をつけないかと勝負を持ちかけました。
 さっきのこともあるので、何も答えることができないモア。
 モアの前では平気にしてたけど、モアが去った後で壁を殴った手を痛がったタママは可愛いかった。

・ケロロにはプルルがお似合いなんじゃないかと、屋根の上で悩むモア。
 その頃、父から特製の侵略マシンを転送してもらってきたカララ。さすが武器会社の社長令嬢。
・カララとチロロを止めようと、勝負を挑むタママ。
 そのミサイル撃ちまくりの戦いで基地の1室があっという間に滅茶苦茶に。
 「いっそのことこのまま侵略してもらうってのは・・・」なんという丸投げ。
・ミサイルの巻き添えくらったケロロ。
 「軍曹さんの全てはボクの物!例えトドメを刺す権利であっても奪われたくはなかったですぅ!」
 なんという独占欲。タママそれは怖いから。
 「我が輩悪くないのに?!」「ケロロは?ん!」「生きてたですか?!」なんで皆ケロロを死んだことにしたがるんだろう。

・ここでこの争いを止めるためにプルルが登場。しかしプルルの話を全く聞いてないタママとカララ。
 それどころか、




 同じオタマでも

 「引っ込んどいてやおばちゃん!」




 おっばっちゃん!おっばっちゃん!

 「えっ・・・?」
 『おっばっちゃん!おっばっちゃん!おっばっちゃん!おっばっちゃん!






 おばちゃんスイッチ誕生







 プルルーーーーー!!!!!






 「おばちゃんって・・・そりゃ確かに昔に比べて可愛いねとか若いわねって言われなくなったけどさ?
  そんなおばちゃんってほどおばちゃんじゃないじゃない。
  肌もツヤツヤで尻尾もプルンとしてるし
(以下聞き取れなかったので略)」
 以上、おばちゃんの主張でした。
 てっきりキレて鬼神のごとき大暴れをするのかと思ったら、ドロロタイプだったか。
おばちゃんプルルが完全に使い物にならなくなったので、
 この事態を収束できる最後の1人モアを連れ戻しに行った夏美達。
 その頃モアは町外れの活断層の前で引き続き落ち込んでました。
 「私が行っても・・・」と自分には何も出来ないと思ってるモアを無理矢理連れ戻した夏美。
・プルルを背負って爆撃から逃げまくるケロロ。その様子を見ても、止めに行こうと踏み出せないモア。
 そして更に激しくなる戦い。




 Wanna be your idol

 「軍曹さあ゛あ゛あ゛ん!」




 Wanna be your idol

 「ケロロはーん!」




 Wanna be...

 「そもそもおばさんって何?」




 まだ落ち込んでます。
 1人だけ空気違いすぎて爆笑した。
・冬樹に「いつもみたいにお願い!」と言われ、更にケロロが自分に助けを求める声を聞き、
 自分が今すべきことがようやくわかったモア。モア完全復活。
・タママとカララの間に飛び込んだモア。
 次の瞬間、

 君にできること

 「みなさーん!おやつにしますよー!」

 「いつも通り」の笑顔で皆をおやつに誘ったモア。「てゆーか、途中休憩?」(byモア)
・「あ?あ。仕方ない、休憩してやるですぅ」
 モアの笑顔で思わず和み、戦いをやめたタママとカララ。
 こうして過去最大のケロロ争奪戦は終わりを告げました。
 今回はターゲットを他に移さないまま帰って行ったカララ(とチロロ)。

・モアに、戦いを止めてくれたことを感謝する冬樹達。「ふん!お礼なんか言わないですぅ」意地を張るタママ。
 プルルもモアにお礼。




 おじさまの同級生

 「モアちゃんありがとう!」




 イコールおばさま

 「おばさま・・・」






 イコール地雷







 ああああああああああ!!!!!






 「おばさまって何よ?そりゃおばさんよりは少しはマシかもしれないけど?
  かえって嫌味な感じがしないかしら(以下聞き取れなかったので略)」
 以上、おばさまの主張でした。



○次回予告
第4期後半戦一発目は梅雄と桜華の二人三脚をかけた戦い。
Aパートは虫の研究家ムシシ登場。


○まとめ&キャプ詰め
今回ネタが濃かったよおばちゃんプルル。
年齢気にしてたのかこの超若作りオタマ。ブチキレたプルルも見たかったなぁ。
その上原作のプルル再登場話の時の擬人化プルルネタをここで使うとは。普通とは逆に小さくなっていく変身シーン笑った。


というか全体の話の密度自体もいつもより濃かった気がする。
Aパートがあまりにさくさく話が進むから、Aパートだけで話終わっちゃうんじゃないかとも思った。
実際はもちろんそんなことはなく、Bパートも変わらず濃い展開でした。



で、ケロロ争奪戦の結果はモアの仲裁で引き分け。
今回はタママさえもモアの笑顔で和まされました。
今回のタママはやっぱり醜い争いばっかりだったけど、個人的には最後のシーンみたいなモアに可愛い意地を張るタママは大好き。
原作14巻のモア豹変話もいつかやってほしい。


ところでカララ、ケロロを好きなまま帰っちゃったけど、
次出るときもケロロ絡みで何かあるのか、それとも七五三話みたいにそれどころではなくなるのだろうか。


被害者の会&男と女の醜い戦い

気分は変身ヒロイン&今こそ決着を

命がけの恋&恐怖の大王降臨

Let's have a Tea together


DVD「ケロロ軍曹 3rdシーズン」Vol.13(最終巻) ジャケット公開
笑顔のケロロを抱く冬樹&夏美。
結局ガルル小隊もタママも出なかったけど、最終巻にふさわしいジャケットです。
スポンサーサイト
トラックバックURL
「ケロロ 争奪大戦争 であります」 いつも誰かに一目惚れするカララ 今回はケロロ
「ケロロ 争奪大作戦」 モアちゃんの笑顔にはケロロたちだけでなく我輩も癒されているんです。

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。