ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拳で語り合う2人のママさん ?「ケロロ軍曹」 第百弐拾九話「悟我!強化型防衛網突破阻止!!…の巻。」
大体のあらすじ・・・史上最強のママさん対決が実現した。
桜華の再登場で地下秘密基地の防衛ラインボロボロ。




・地下秘密基地にいるケロロにiPodを返しに来た冬樹と、
 丁度「秘密基地」のはずなのに色んな人に簡単に侵入されまくってる件について緊急会議してたケロロ達。
 「公衆便所かここはッ!!」(byギロロ)。これまた今更な話題。
・そしてお互いに責任を擦り付け合うケロロ達。無限ループ。
 そして今回も会議はうやむやに。話をうやむやにする方法をケロロから学んでるタママ。

・この議題が持ち上がったきっかけは、ある地球人から送られてきた侵入予告。
 という訳で、「みんなで」侵入を防ぐために防衛強化を始めたギロロ達。
・そして日向家にやって来た「侵入者」は桜華。
 玄関でお出迎えしたら圧倒的な威圧感に固まった夏美。「人間じゃない地球人」(byケロロ)
・ケロロの部屋に向かう途中、
 さっきの夏美への威圧するような態度について表と裏で1人討論を繰り広げる桜華。桃華そっくり。
・ケロロの部屋にある基地の入り口の冷蔵庫にかけられた
 「623でも突破できない」ような暗証コード式ロックを素手で引っぺがし、基地に侵入成功した桜華。
 早速防衛強化が役に立たなかった。相変わらず無敵だな桜華。
・桜華が宇宙人の本拠地に乗り込んでの闘いに期待しながら基地の廊下を歩いていると、
 第一の防衛ライン、自称癒し系アイドルのタママが登場。
・「地球人スーツを超えた地球人ボディ」なるものを装備し、準備万端なタママ。
 しかし桜華からしてみれば、体格が同じになったので色んな意味で技をかけやすくなっただけでした。
 「最近は色々と世間がうるさい」(by桜華)
・こうしてタママの骨をボキボキにして第一防衛ラインを突破した桜華。
 第二防衛ラインはギロロロボに乗ったギロロ。
 さっきのタママとは大違いなギロロのかっこ良さに見とれるモアとケロロ。
・しかし桜華の速さの前に武器は無力でした。何も出来ないままギロロロボを壊されたギロロ。
・最終防衛ラインはクルルプロデュースのエンターテイメントなステージ。
 桜華の足元からボクシングのリングが出現。
 桜華の目的はケロロらしいので、桜華が買った時の景品としてリングの真上に閉じ込められたケロロ。
・そして桜華の前に現れた対戦相手は、日向家最強の女である秋。
 「目には目を、ママにはママを」(byクルル)。秋から只者ではない雰囲気を感じた桜華。奇跡の対決が今ここに。
・試合開始。桜華の蹴りを軽くかわした秋。
 「ダメえ!きちんとご挨拶を・・・」(by表桜華)
・本気を出した桜華が秋に向かって回転キックを放とうとしたら、
 秋も桜華と全く同じ動きをしてきました。このママさん対決ハイレベル過ぎ。
・激突した桜華と秋。
 結果は、秋を操っていたブレスレットをピンポイントで破壊した桜華の勝利。ギリギリだったそうです。
・表になって改めて秋にご挨拶した桜華。
 そのままママさん同士のおしゃべりに突入。さっきまであんな戦いを繰り広げてたとは思えないノリです。
・裏桜華に言われて当初の目的を思い出し、ケロロをさらって逃げてった表桜華。
 さらわれたケロロはその後、なぜか西澤邸に不法投棄されてました。
・実はこの日の朝、「ケロロさんもうちで飼えば冬樹君も来てくれるかも」と桃華が言っているのを聞いていた桜華。
 そしてその言葉通り、冬樹がケロロを迎えに西澤邸までやって来てくれました。
 初めて冬樹が自分から西澤邸に来てくれて感激した桃華。
・その頃ギロロ達は、強化早々突破された防衛ラインについて反省会の真っ最中。雰囲気悪っ。
 でも桜華が相手じゃもうしょうがない気がする。



○へっぽこ通信
10月のアニケロの目玉は原作のガルル再登場話。
その他には、虫の研究家ムシシが現れたり、タママの偽物が現れたり、
運動会の二人三脚で桃華とペアになりたい梅雄と桜華が争ったり。



マクドナルド 11月のハッピーセットに「ケロロ軍曹」登場(情報元:2chアニメ板)
マクドナルドがスポンサーに入ったときから出るんじゃないかと言われてた、ケロロ軍曹のハッピーセットが遂に登場。
って全66種って何だよ。1ヶ月間毎日行っても集めきれない数なんですが。
しかも何がもらえるかはランダムらしいし。コンプしてオークションとかに出したら高く売れそう。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。