ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声が届く日々 ?アニメ「ケロロ軍曹」 第178話「桃華 ゴースト 日向家の幻 であります」
アニメ「ケロロ軍曹」第178話

大体のあらすじ・・・モザイクかかるほど得体のしれない物のエネルギーで桃華が幽霊になった。
30分丸々桃華主役話。そして2話連続で幽霊ネタ。




日向秋秋はロマンチックな恋愛の季節だと主張する桃華。
 という訳で冬樹と一緒に帰ろうとしても、勇気が出なくてはっきり言い出せなかった桃華。
・冬樹が幽霊の研究を始めようとしていると知り、
 いっそ自分が幽霊になればいつも冬樹と一緒にいられると思いついた桃華。
 早速時をかけながら、タママと一緒に人間を幽霊にする装置を作ってとお願いしにケロロの部屋へ。
 「お礼はいくらでもする」にいつものように食いついたケロロ。

・ケロロ小隊緊急会議。
 「この作戦を応用すればペコポン人全員を幽霊にできる」と聞いて恐怖で震え上がったギロロ。
 「ギロロ殿は幽霊が苦手でござったな」「そんなことはあるけど・・・ない」どっちだよ。
・更に「幽霊になればいつでも好きな人のそばにいれる」と聞いたギロロは妄想スイッチ入って鼻血連射。
 こんな近くで鼻血を出しまくる幽霊に憑かれるのは嫌だろうなあ。
・幽霊化マシン完成。エネルギー充填の為に色々ヤバいものを投入。モザイクまで入りました。
 「燃えないもの、処分完了」ガンプラは必要だったのかクルル。

・幽霊化マシン起動。その時、クルルがマシンに入れたガンプラから幽霊ちゃんが登場。
 「死んでも幽霊になってみせます!」激しい衝撃に耐える桃華を見守るタママ達。
・マシンの動作が終わると、マシンの中から桃華の姿が消失。ショックでケロロの方が幽体離脱。
・異空間で目を覚まし、目の前の金色の塔に吸い寄せられるように進む桃華。
 そして謎の声に呼び止められ、伸ばされた手の方へ引き返した桃華。
・桃華行方不明で焦るケロロ達。「大丈夫でありますよ、ドッ、ドドド君」全然大丈夫じゃなさそうだ。
 その時、桃華が幽霊になれたら鳴らす約束をしてた風鈴が鳴り、桃華が無事幽霊になれたことがわかりました。

・実験成功でケロロとタママは大喜び。
 しかし桃華が幽霊になっては肝心のお礼が手に入らないことに気づいたケロロ。
・モアが写真を撮ってみたら、見事幽霊になった桃華が写りました。心霊写真に奇声上げたギロロ。
・さっき桃華を引き止めたのは、幽霊ちゃんことお観世でした。
 何か会話をしているらしき2つの人魂を眺めるケロロとタママ。また心霊写真をモアに見せられて逃げたギロロ。
・お観世に幽霊の手引きをしてもらうことになった桃華。
 お観世と桃華がどこかに行ったその後、ケロロがクルルに「ちゃんと元に戻せるよね?」と聞いたところ、
 「オレが作ったのはペコポン人を幽霊にする『だけ』のマシン」という答えが。
・自分がそんな危機的状況になってることはつゆ知らず、壁すり抜けを楽しむ桃華。
 いつの間にか服が変わっていることに気づいた桃華。お観世によると、「幽霊は一番自分らしい姿になる」とのこと。
・台所にやって来た桃華とお観世。
 幽霊の桃華の姿は見えないし声も聞こえないけど、抜群の霊感体質で何かがいることには気づいた夏美。
・普段は足のない人形に取りついたりして遊んでると言うお観世。


 時をかけるジオング


 さっきの意味不明だったこれはお前だったのかよ。外でガンプラが勝手に動いたらかなり不審だけど大丈夫なのか。
・桃華が幽霊になった事情を聞き、桃華と冬樹を2人きりにしてあげるためにどこかに行ったお観世。
 そして意を決して冬樹の部屋に飛び込んだ桃華。
・冬樹の姿を見て、感激して飛び回った桃華。
 そのまま冬樹に急接近し、冬樹の360度オールアラウンドから「冬樹くん♥」連呼。桃華、凄い幸せそうです。
・桃華がそんなことをしてるとは全く気づかずに、
 「やっぱり幽霊の存在って科学的に証明できないのかな」と言いながら夕食を食べに行った冬樹。
 夕食の場にももちろんいる桃華。なぜかさっきの心霊写真よりも怖い絵になってます。
・その後もお風呂以外はずっと冬樹の傍にいた桃華。さすがにお風呂は恥ずかしかったようです。


 感度絶好調


 で、夏美が割と重症です。
 夏美がこれじゃあさっきの妄想は現実には無理っぽいぞギロロ。
・しかし、いくら冬樹の傍にいても全く気づいてもらえないことに寂しさを感じ始めた桃華。
 冬樹とぶつかっても通り抜けてしまうだけ。
・冬樹が眠った後、気持ちが沈んでいる桃華に
 「私たち幽霊はこの世の方にはいつまでも近付くことはできません。触れることも、話すことも」と語るお観世。
 ってちょっと待てお前が言うとあまり説得力がないぞ最後の部分。
・こうして、自分がいるべきところに戻ることにした桃華。
 その頃地下基地ではクルルによる幽霊化マシン改造が完了。しかし桃華はまだ行方不明。
 桃華が心配で遂に泣き出したタママ。

・その時、桃華が帰ってきたことを告げる風鈴が鳴りました。ギロロ逃げました。
 早速マシン作動。無事人間に戻れた桃華。

・喜ぶあまり、思わず桃華の胸に飛び込んだタママ。桃華もタママを抱きしめました。
 さっきの心配して泣いてたタママもここの嬉し涙流すタママも、そしてタママと一緒に泣いてる桃華も可愛いです。

・感動の再会はさておいて桃華にお礼を請求しようとするケロロに、
 クルルから装置作るのと改造するのにかかった費用として一億万円の請求書が。
 その代金は、「大事なことを教えてもらったお礼」として桃華が払うことに。
 結局プラスマイナス0になり、ショックでまた幽体離脱したケロロ。
・次の日の登校中、幽霊を研究テーマから外そうと考えている冬樹に話しかけたら、振り向いてもらえた桃華。
 また冬樹に声が届くようになり、涙を流す桃華。
・冬樹に、「幽霊は一番自分らしい姿になる」とお観世から聞いたことを言ってみた桃華。
 それを聞いて再びやる気を取り戻した冬樹は、桃華の手を引いて一緒に図書室へ向かいました。
 そんな桃華と冬樹の後ろを飛んで行ったジオング。だから外出て大丈夫なのか。



○次回予告
Aパートはケロロの出馬。例によって途中までは上手くいっちゃうらしい。
Bパートはギロロと夏美が2人きりで異空間の旅。



キャプ詰め。
WAWAWA綿菓子&得体の知れないエネルギー

プロの幽霊&いつでもいっしょ

生きていることはプライスレス&手を繋げられる日々
スポンサーサイト
トラックバックURL
「桃華 ゴースト 日向家の幻 であります」 桃華ちゃん主役の原作話でした~ 時を

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。