ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こえられない壁&目標は0.0キロ ?「ケロロランド」Vol.16
書き下ろし大体のあらすじ・・・ギロロの心霊写真が原因で、ドロロが泣きながら謝った。
DVD「超劇場版ケロロ軍曹2」豪華版の詳細が発表されたり、「あの頃ケロロ軍曹」が完結したり。
4コマはお化けネタとブートキャンプネタが多し。下江田先生の4コマには遂にが出現。





○DVD「超劇場版ケロロ軍曹2」豪華版詳細発表
映像特典は、CM集、辻希美インタビュー映像、「ともだちのうた」PV&レコーディング映像等。
封入特典は、特製Tシャツ、ポストカード、フィルムブックマークに豪華ブックレット。
そして一番気になるのは、amazonの方に書いてあった、ブックレットに収録予定の「ケロロランド未収録マンガ」


○「あの頃ケロロ軍曹 ケロン☆スター争奪大戦!!」最終回 ? 新シリーズ「武者ケロロ」
大体の展開・・・ケロロとヌイイが合体ケロロ巨大化→カゲゲ撃破→「まだまだ戦いは続くのだった・・・!」
とてもテンプレ的な煽り。

ヌイイはちびクルがカゲゲ襲来を見通して仕込んだらしいです。重要人物だったのか。
そしてちびクルはやっぱりこの頃から陰で暗躍していたようで。


そして次回からは新シリーズ。今度の主役はケロロ将軍。
ただの誤植が始まりだったネタがここまで引っ張られることになるとは。

ケロロ小隊が戦国惑星に送り込まれるそうです。読者キャラ登場制度は続くのだろうか。
今度は新雑誌で漫画連載もあるそうです。ケロケロエースって。



○書き下ろし「究極心霊写真決定戦!?…の巻。」
・今回は心霊写真の話。扉絵で早速1人だけ幽霊に弄られまくってるギロロ。
・夏美の「顔っぽく見えるところがある」心霊写真を、
 完全否定するばかりか他の顔っぽく見えるところを探し始めた冬樹。脳トレになるらしいです。
 「・・・あんたゼッタイ友達少ないでしょ」(by夏美)

・夏美から心霊写真を雑誌に送って採用されれば
 三千円分の図書券が貰えると聞いたケロロ達は、早速雑誌に心霊写真を送ることに。
・雑誌に送る前に、冬樹に写真を鑑定してもらうことにしたケロロ&タママ&ギロロ。
 冬樹のお墨付きがもらえれば採用はまず間違いなし。
・「謎の光球が写りまくってる」ケロロの写真の原理をしれっと解説した冬樹。
 「はやい話が全否定というわけですね」(byケロロ)
・「エクトプラズムが出てる」タママの写真を、
 タママインパクト出しそこねの瞬間だとあっさり見抜いた冬樹。あっさり認めちゃったタママ。
・最後はギロロの「知らない白い手がちびギロの肩に乗っている」写真。
 今でもこの写真を思い出してうなされていると言うギロロ。
・そこに突然現れて、ギロロに謝ってきたドロロ。
 実はこの写真はゼロロがちびケロに頼まれて仕組んだものでした。
 ドロロ、涙ポタポタ落とすなんて今まで見たことがない泣き方しながら本気で謝ってます。
 この人もずっと気にしていたようです。そしてギロロの銃の矛先はケロロに。

・これで全員分終了かと思いきや、最後に幽霊ちゃんが飛び入り参加。
 「後ろのマドに男の人の顔のようなものが写ってる」写真を持ってきた幽霊ちゃん。
・冬樹がただの汚れだと言うと、安心して帰っていった幽霊ちゃん。
 幽霊ちゃんが置いていった写真に写っていたものは、
 夏美の水着をこっそり勝手に着て楽しんでる幽霊ちゃん。
 これを雑誌に応募しろよ。どう考えても本物には勝てないだろ。


○4コマ「ケロンな人々」(下江田英司先生)
・夏といえば海、ということで燃えてるメール(今号で4号連続登場)。そんなことよりも扉絵で噴いた。
 「帰らなくていいのかな・・・。DVDでるからいいか・・・」(by冬樹)

・海ではしゃぎまくるメール&マール、
 と一緒にはしゃぎまくる何故かプリンセス姿の秋。もしかして前号のオチが続いてるのかこれは。
・夏美にカキ氷を買ってもらってはしゃぎ、
 解けちゃったカキ氷を一気に飲んで美味しいと目を輝かせる無邪気なメール可愛いよメール。
・カナヅチで海にいい思い出がない冬樹にプリンセスのティアラを貸してあげたメール。
 そしてそんな冬樹に凄い顔でじりじり近寄ってきたマール。
 ティアラを男でも他の誰かに被らせたくないのか。冬樹の「海のよくない思い出」がまた増えました。
・その頃、タママにスイカ割りのスイカにされたケロロ。夢ということにしたケロロ。
・帰るそぶりがないメールのことを心配するマールに、
 「長い間誰かに甘える事が出来なかった分を今取り戻そうとしてるのよ」と優しく言った、
 まだプリンセス姿の秋。気に入ったのか。
 「あ・・・ありがとうございます・・・プリン・・・セ・・・ス」マールが折れました。

・最後はケロロ&モアVSメール&夏美でビーチバレー対決。
 地球人スーツ装備でリーチアップのケロロにズルいと言う夏美。
 そんな夏美に「ここはボクにまかせて」とカッコ良くキメたメール可愛いよメール、







 って任せられねぇぇぇぇぇ!!!!!







 DVD発売直前になって、遂に出てきました。というか、せめてその1つ前までで止めとけよメール。
 遠くから見てて凄いビックリしたマール&秋。特に秋は超劇場版2でこれを見てません。


今回は「DVDでるからいいか・・・」ということでしたが、
次号出るときには既に超劇場版2DVDは発売してます。どうするんだろう。


○4コマ「やっぱケロンでSHOW!」(トモキリン先生)
・いつものメンバーで墓地に集まって2人1組の肝試し大会。
 くじでペア決めということで緊迫した空気が流れる桃華達。サブロー&クルルはおどし役。
・くじ引き後、冬樹とペアになるかと思いきや、ポールに脅されくじを奪われたケロロ。
 冬樹&桃華ペア無理やり成立。
 ポールに完敗でショック受けたケロロはドロロとペア。ケロロのショックを別の方向に捉えてしまったドロロ。

・1番手は夏美&ギロロペア。夏美と手を握れてとろけてるギロロ。
 そんなことはお構い成しに、猛ダッシュで何も見ずにゴールまで行く作戦に出た夏美。ギロロの存在完全無視。
・2番手のケロロ&ドロロペアが出発する直前、
 突然この墓地にまつわる怪談を思い出して話し始めた冬樹。あまりの怖さに全く動けなくなったケロロ達。
・気を取り直して肝試し再開。ケロロに追いつこうと走る3番手のタママ。ペアの相手はモア。
・ケロロを見つけたと思ってタママが話しかけたのはのっぺらぼう。
 そのまま狙ったかのようにケロロの姿をしたお化けにばっかり遭遇し、
 逃げた先にいた本物のケロロを思わず殴り倒したタママ。
・裏方のクルル&サブローのもとに小雪がやって来て、小雪もおどし役に参加することに。
 ケロロ達を次々と怖がらせていくも、
 さっきの夏美の全力疾走でボロボロになったギロロ見て悲鳴あげた小雪。
 ずっと一緒にいた夏美まで、今やっと気づいたのかギロロに悲鳴あげて後ずさり。
・肝試し終了。ゴールまで行ったのは冬樹&桃華ペアのみ。
 そこに「用があったから参加できなかった」と言って現れた小雪さっきのは誰。


○4コマ「世界迷作劇場」(白猫十郎先生)
・ある日、夏美にいじめられていたちびケロが「ですのうと」に夏美への恨みをつづっていたら、
 突然机の引き出しが開いてちびケロの腹に直撃し、
 悶絶するちびケロを他所に机の真下に現れたワームホールからクル衛門が現れました。
 いきなり突っ込みどころ満載。
・秘密道具「ヘリ子ブタ」と「顕微鏡でしか見えないちっちぇーライト」を出してきたクル衛門。
 2つとも投げっぱなしなまま終了。
・「シェフの気まぐれドア」でちびプルの入浴シーンを目撃したちびケロ。
 しかしよく考えたらちびプルはいつも裸なことに気づいたちびケロ。ちびプル的にはそれとこれとは別らしい。
・「大人の階段昇るドリンク」で大人になって夏美に復讐することにしたちびケロ。
 しかし体格差は全く変わらなかったので意味なし。
・奥の手「相手の嫌いなモノに変身ドリンク」でナメクジに変身したちびケロ。
 しかし大きさもナメクジサイズになったので、夏美に全く気づかれずに踏まれたちびケロ。
 クル衛門見事に役立たず。
・その後、一週間押入れにこもりっぱなしのクル衛門を
 死んでるんじゃないかと思ったちびケロが押入れを開けてみたら、3人増えてました。何でだよ。


○4コマ「幼年期日和」(大槻先生)
・今日は「キャンプ」ということで、特別講師の先生ビリリ登場。
 ビリリのビリリ・ブート・キャンプマイナス5.5キロも夢じゃないとのこと。
 「ケロン人の体重は5.5キロしか・・・」とツッコむゼロロの横でダイエットと聞いて喜んでるちびプル。これはどう考えても死ぬぞ。
・ビリリ・ブート・キャンプスタート。
 一泊二日の間に7日分のプログラムをするという超過密スケジュールで行った結果、2時間で全員脱落。
 先生に直々に退場命令出されたビリリ。何だったんだこの人。
・気を取り直して本当のキャンプスタート。
 晩御飯の材料が入った箱を選ぶちびケロ達。当たりもあり。
 迷わず一番大きい箱を選んだちびケロは種3個だけという大ハズレ。

・とにかく種を植えることにしたちびケロ班。種はあっという間に暴れ狂う超巨大野菜に成長。
 「良かったな?。レベルの高い食べ物はうまいぞ?」(by先生)。どう見ても大ハズレ。
・仕方がないからちびプル班から材料をわけてもらったちびケロ班。
 しかしカレーの材料なのにちくわがないと言い出したちびケロ。
 個人的にはカレーにちくわと言えば改蔵の羽美。
・空が曇ってきたので、でっち上げの「このキャンプ場にまつわる怪談」を話し始めたちびケロ。
 するとちびプルがそれに乗じて本当に伝わってるっぽい怪談を話し始めました。ちびケロも怖がるハメに。
・雨が降ってきたのでキャンプファイヤーは中止。
 しかし「キャンプファイヤーのないキャンプなんてキャンプファイヤーじゃない」と主張し、
 どこかにキャンプファイヤーをしに脱走したちびケロ。
 その後遭難し、なぜかいた556と洞窟内でキャンプファイヤー焚き火をするちびケロ。


○「ケロロぐんそうクイズバトル!! ニョロロめつぼう であります」
とりあえず一言だけ。






何紛れてんだお前。






スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。