ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中の人逆転ですっきり ?アニメ「おねがいマイメロディ すっきり♪」 第18話「再会ですっきり!?」
アニメ「おねがいマイメロディ」第18話

大体のあらすじ・・・柊兄弟が帰ってきた。ウサミミ仮面も帰ってきた。
もちろんやる気は全くなし。




・今日は柊兄弟が一緒に帰ってくる日。柊邸の前で2人を待つ歌達。
・そこに例によって派手なギターを響かせて、潤が1人で帰ってきました。
 ニューヨークの影響で服装がカントリーに。
・ニューヨークの話をする潤。音楽仲間もできて楽しかったようです。
 「ニューヨークサイコー!」「そう言う割には英語が出てこおへんなぁ」(by潤&真菜)

・柊先輩はどうしたのかと美紀が言ったら、露骨にテンション下がった潤。ケンカしたらしい。
・潤の話によると、
 柊先輩はヨーロッパで演奏会はチケット売り切れ&熱狂的な追っかけもできるという人気っぷりとのこと。
 更にその演奏会で柊先輩は本気になると、


 絶頂ショー


 いきなり聴衆の目の前で服を派手に脱ぎ捨て、上半身裸になるそうです。
 人気も変態っぷりも変わっていないようです。
 「前衛的ね・・・」「無敵ね・・・」(by美紀&歌)

・そんな感じで、柊先輩は歌にフラれた感情全てを音楽に注ぎ込んでると言う潤。
 「先輩が頑張ってるのはうれしいな。妹として」(by歌)
・柊先輩の話題は置いといて、お土産を出してきた潤。
 ニューヨーク土産ということで、


 ニューヨークといえば


 自由の女神の置物が袋にぎっしり。
 「大仏好きの柊恵一と同じセンスやな」(by真菜)
・自由の女神はソフトクリームを持ってるから大仏よりもいいと主張する潤。違うよ。
 更に今回の潤と柊先輩のケンカの原因は、
 潤が柊先輩に「自由の女神はソフトクリームを持ってる」と言ったら思いっきりバカにされたからだそうです。

・皆に呆れられても尚ソフトクリームだと主張する潤。
 そこに黒音符が自由の女神に取り憑いて、自由の女神巨大化。
 「オ?、この国ではまだ魔法とかやってましたか?」(by潤)
・その頃、柊先輩が帰ってくるということで、例によってバクの貯金でウェディングドレス買ったクロミ。
 バクから柊邸で黒音符出現と聞いて柊邸に急行。
・潤の勘違いっぷりに怒り、潤だけに狙いを定めて「バカかあんたファイヤー」を放つ自由の女神。
 潤を踏み潰そうとする自由の女神から、バクを巨大クッションにして潤を助けたクロミ。
・マイメロも歌に召喚者をリクエストされ、メロディマーク。
 黒ウサ仮面になってワープしてきた潤。
 「聞こえる聞こえる、潤サマステキと叫ぶ声が(以下略)」「聞こえるか?」(by潤&真菜)
・更にシツジ仮面ブラザーズも出現。そして、遂にあのウサミミ仮面も復活。


 ご指名です


 って暗っ。久々の妄想以外でのまともな登場なのに、いきなりこれです。
 「ウサミミの刑はとっくに終わったというのに・・・」マイメロの呪縛からは逃れられません。
 マイメロは久々のウサミミ仮面で凄い喜んでます。

・潤と自由の女神が戦ってる横でフテ寝してるウサミミ仮面。
 マイメロの「おねがい♥」も完全無視。
しかし歌の「おねがい」では顔を赤くしたウサミミ仮面。相変わらずです。
 「バカにすんなビーム」が切れた潤を羽交い絞めにし、自由の女神が持っているものはたいまつだと認めさせたウサミミ仮面。

・潤も間違いを認めたので、自由の女神にイケメンビームを放ったウサミミ仮面。
 柊先輩のイケメンっぷりでスッキリした自由の女神。
・美紀が、何でウサミミ仮面の正体は既にわかってるのにウサミミ仮面に喜んでるのかマイメロに聞いたら、


 逆転ホームラン


 ウサミミ仮面の正体が柊先輩なんじゃなくて、柊先輩の中にウサミミ仮面が入ってるからだそうです。
 なんてポジティブかつ大胆な発想なんだ。それにしてもイメージ映像気持ち悪っ。
 このマイメロの妄言を一瞬信じかけた美紀。

「メロディキャンディーないから自分で帰ってね」とマイメロに言われてイラついたウサミミ仮面。
 そしていきなり「マイメロを借りるよ」と歌に言い、マイメロを掴んでどこかに行ったウサミミ仮面。
 この急展開に、当然ウサミミ仮面を追いかけるクロミ。

・次回はマイメロと柊先輩のコンビで別荘という謎の夏休み。
 柊先輩の思惑やいかに。


キャプ詰め。
変わらない2人&終われないウサミミ
スポンサーサイト
トラックバックURL
「再会ですっきり!?」 脚本:山田隆司 ソフトクリームwww

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。