ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二ノ宮金次郎の怪&愛が重たい物語 ?アニメ「ケロロ軍曹」第170話
アニメ「ケロロ軍曹」第170話

大体のあらすじ・・・夏ということで、学校の七不思議に夏美&ギロロ絶叫。
プルルのバックアップで散世がイメチェン。




○「冬樹&ケロロ あばけ!七不思議 であります」
・学校の七不思議の一つ「動く二ノ宮金次郎像」の話を聞いて怖がる夏美。
 更にその話を夏美から聞いて目一杯怖がるギロロ。
・「全ての怪奇現象は論理的に説明がつく」と非常に冷静な冬樹。
 冬樹が調べたところ、学校の七不思議の「開かずのトイレ」はドアの立て付けが悪いだけで、
 「涙を流す人体模型」はただの雨漏りだったそうです。

・夏美が他の七不思議も説明がつくのかと言ってきたので、皆で残りの七不思議を調査に行くことに。
 夏美が話す残りの七不思議のタイトルだけを聞いて既にいっぱいいっぱいのギロロ。
・そして夜中になり、ケロロ達は学校に潜入。非常に早く帰りたそうなギロロ。
 七不思議の一つ「北校舎三階の鏡」の前に到着。鏡に映った自分の姿見て叫んだギロロ。
・この鏡には誰もいないのに白い顔が映るとのこと。


 お約束


 とりあえずギロロを脅かしといたクルル。ギロロ気絶。
 「あ?、こんなに毛穴の汚れが」パック取ってなんかでスッキリしてるクルル、今回一番ツボだった。声がめっちゃ普通。

・更に鏡には赤い血のような手形が。それを見て謎は解けたと言ったケロロ。
 「祖父の残した莫大な遺産を巡る壮絶な争いに巻き込まれ・・・」(byケロロ)。当然外れ。
・その手形は本当は絵の具であり、ここが美術室の前であることに気がついた冬樹。
 美術室のドアを開けたら鏡に白い顔が。白い顔の正体はただの石膏像でした。
・次の七不思議は「夜中の2時に視聴覚室から聞こえるすすり泣きの声」。
 視聴覚室の前で新聞紙が落ちているのを見つけたタママ。
 見出しは「五億円事件時効成立」。「五・・・円・・・時?」漢字が読めなかったタママ。
・五億円事件の犯人が視聴覚室に五億円を隠したに違いないと推理したケロロ。
 もちろんそんなことはなく。冬樹曰く手掛かりはテレビ欄。
・そして聞こえてきたすすり泣き。
 冬樹達が中を覗いてみると、宿直の先生がゲロロ艦長の再放送見て泣いてました。丁度クライマックス。
 という事は、この先生は噂になるくらい頻繁に夜中にゲロロ艦長で泣いてたのだろうか。

・「昇った時と降りた時で段数のちがう階段」に到着。タママは何故懐中電灯を自分の顔に向けているのか。
 いきなり謎は解けたと宣言したケロロ。ケロロ曰く、段数を数えたのが556だったら説明がつくそうです。
 「いくら556さんでも数くらいちゃんと数えられるよ」(by冬樹)
・壁に書道部の作品が飾られているのを見つけた冬樹。そこから冬樹が導き出した結論は、
 「階段の段数を数えながら『君、書道何段?』と聞いちゃったから」だそうです。
 どんな状況だよそれ。
・「残るは」今回の話の発端となった二ノ宮金次郎像のみ。
 冬樹にもこの謎だけは分からず。それを聞いて叫んだ怖がりコンビの夏美とギロロ。
・しかし、ケロロにはもうこの謎が分かったそうで、この像がこれからどんな動きをするのか予言しました。
・そしてケロロが言った「午前3時」、像は「右足で30センチ」踏み出し、
 「北北西」に向かって「時速30km」で走行開始って速っ!
・ケロロの予言、全て的中。更に像の行き先も予告したケロロ。
 そして像は、


 プロの仕事


 調理実習室で鯛の刺身を作り始めました。
・実は二ノ宮金次郎像はケロロが置きっぱなしにしてたスパイロボットでした。
 刺身機能をONにしっ放しだったそうです。相変わらずどう考えてもいらない機能を付けるなぁこの男は。
・ケロロのせいで無駄に怖がってしまった夏美はケロロにお仕置き。
 全部の謎が解けたので、家に帰ることにした一行。
・しかし、「七不思議」なのに全部で六つしかなかったことに気がついたケロロ。
 そのことを冬樹に聞いてみると、冬樹は「それならいいんだよ。七つ目は誰も知らないから。
 七つ全部知ってしまうと、その人の身に恐ろしいことが起こると言われているから・・・」と突然ホラーモードに。
・更にその「最後の一つ」をクルルに無理やり教えられてしまったケロロ。ホラーオチ。


○「プルル&散世 秘密の友だち であります」
・久しぶりに登場したプルル。
 この一ヶ月間何をしていたのかというと、九州に旅行に行ってたそうです。
 温泉を満喫して来たそうです。
・「プルルちゃん、もう随分とペコポンの暮らしに馴染んだようでありますな」
 「そうね、


 馴染むベクトルの違い


 ケロロ君ほどじゃないけど」
 ケロロ、どう見てもダメな方向に馴染みすぎです。
・夏美に呼ばれて行ったケロロを見て、自分も居候を考え出したプルル。
・ケロロ&夏美&プルルでプルルの九州土産の牛乳プリンを食べていたところに冬樹帰宅。
 更にその冬樹の様子を天井裏からメモりまくる散世。もしかして常時忍び込んでるのかお前は。
・「お笑い宇宙人」にすみれ色が増えてることに気がついた散世。
 そして散世の存在に気がつき、ミニ注射器を散世の覗き穴に投げつけたプルル。
・天井から落ちた散世はそそくさと逃亡。「散世がまだケロロ達のことを調べてる」と勘違いした夏美。
 超お気楽モードのケロロに反して、散世の存在に危機感を持ったプルル。
・自宅の風呂で「すみれ色の新メンバー」について考える散世。
 「お医者さんコント、それとも夫婦漫才?」(by散世)
・その頃、散世が地球側から送られたスパイだと思い込んだプルルは散世の部屋に侵入し返しました。
 「こんなにたくさんの報告書が・・・」(byプルル)
・そしてプルルが「報告書」の中身を見ようとしたその時、散世が部屋に戻ってきました。
 ミニ注射器を持ってプルル戦闘モード。
・プルルがメモを持っているのに気づき、取り返そうとしてつまづいてメモ入りダンボールを引っくり返した散世。
 そして散らばったメモの中身が「冬樹君」のことばっかりなのを見て、散世は冬樹が好きなんだと気がついたプルル。


 愛が重い


 というかどう見てもストーカーです。本当にありがとうございました。
・「恋の応援」と「居候」で「ギブアンドテイク」になると思い、散世に居候の件を申し出してみたプルル。
 「共通の秘密(お笑い宇宙人)を持っていればもっと冬樹と親密になれる」と思い、
 冬樹ともっと親密になった自分を妄想し始めた散世。


 監視しあう関係

 冬樹「午後7時52分、散世ちゃんは右手の人差し指で絨毯に『の』の字を書きながら(略)」
 散世「あぁ?、冬樹くんが私のことをメモしたりして??」


 どんな関係なんだこれ。そんなことをメモされて楽しいのか散世。
 「ちょっとあなた、大丈夫?」(byプルル)

・次の日、プルル監修の下でイメチェンした散世。早速日向家へ。
 「どうしたの?」「玄関から入るのって初めてだから・・・」(byプルル&散世)
・冬樹の部屋で、冬樹&散世&ケロロ&ギロロ&プルルでお茶。
 初めて冬樹の部屋にまともに入ってドキドキしてきた散世は、とりあえず周りのものを手当たり次第にメモ開始。
・散世がメモに集中し出しちゃったので、
 「散世がケロロ達のことをお笑い芸人だと勘違いしてた」と話を振ってみたプルル。
 それを聞いて、散世が言う『お医者さん夫婦漫才』を実際にやってみようと言い出したケロロ。
・「何で私がケロロ君と漫才やらなきゃなんないの!」
 プルルによるツッコミ尻注射がケロロに炸裂し、お医者さん夫婦漫才成立。
 それを見て「軍曹さんと夫婦漫才できるのはボクだけですぅ?!」と嫉妬モードで乱入してきたタママ。
・タママが来たので「青空ケロ子&南極タマ江」再び。プルルも巻き込もうとするケロロ。
 「俺まで巻き込むな!」と言いながら結局やってるククルス・ドアン。

・メモしかしない散世に痺れを切らし、
 冬樹と散世を二人きりにさせるためにケロロ達を連れて退散することにしたプルル。
 「も?、どうして男の子って皆こんなに鈍いのかしら」「鈍い・・・?もしや、我が輩たちのどつき漫才ウケてない?」(byプルル&ケロロ)
 「これからは男同士の夫婦漫才の時代ですぅ」それは新しい。タママ、ケロロの腕をしっかり抱きしめてます。

・そんなこんなで二人きりになった冬樹と散世。
 冬樹の笑顔を見て、その笑顔を事細やかにメモしようとする散世。
 しかし、冬樹の二人きりで話せるのは確かにうれしいけど、これではメモができないということに気がついた散世。
・そしてその夜、「せっかく色んなことがわかっても、メモできないの・・・」と暗い散世のために、
 居候を止めて散世と冬樹を元の関係に戻すことにしたプルル。「ギブアンドテイク」は成り立たなかったようです。
・プルルが居候をやめたことを聞いて、
 「友達にはなれたんだし、今度は月神さん家に遊びに行こうよ。皆で」と言った冬樹。
 そんな何もわかってない冬樹に怒って尻注射をかましたプルル。
 遂に地球人にも被害者が。後ろでケロロが反射的に尻押さえてます。
・そしてその尻注射の様子を天井裏から事細やかにメモする散世。
 天井裏から幸せオーラが溢れ出てます。「ペコポン人ってホント面白い」(byプルル)


○次回予告
Aパートはタママの反抗期、Bパートは冬樹&夏美&クルルの地獄の留守番。


○まとめ&キャプ詰め
とりあえず、散世はこのままで十分幸せなようです。
というかこの調子じゃあこれ以上発展するのは無理な気がする。メモから離れないと。
居候は結局なしになったけど、プルルと散世は今後も絡みがあるのだろうか。


キャプ詰めは例によってプルルばっかりです。
温泉でのんびりするプルル可愛いよプルル。散世にウインク送るプルル可愛いよプルル。


夏の定番&毛穴スッキリ

七つ目の恐怖&ディープラブ警報

注射器使いとお笑い

幸せな関係


DVD「ケロロ軍曹 3rdシーズン」Vol.11 ジャケット公開
確実に第3期の中でも上位に入るだろう冥王星話から、冥がジャケットに登場です。

そして一緒にいるケロン人はドロロ。
ケロロ小隊でもう一周しようと思ったら、次の巻でギロロとタママが同時に出なければなりません。
ギロロは主役話があるから多分出るだろうけど、タママが非常に心配です。
スポンサーサイト
トラックバックURL
プルル看護長=五月さま。居候先なら うちに 来てください^^ケロロ軍曹 関連商品
「冬樹&ケロロ あばけ!七不思議 であります」 夜中に動き出す二宮金次郎像の謎で

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。