ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素晴らしき存在感&一日限定の幸せ ?アニメ「ケロロ軍曹」第168話
アニメ「ケロロ軍曹」第168話

大体のあらすじ・・・限定効果があれば、冷やし中華で地球侵略は成功する。
そしてオーラだけで他人の服が弾け飛ぶ。




○「ケロロ 期間限定大侵略 であります」
・7/7は七夕&冷やし中華の日。テレビの冷やし中華特集に夢中になる夏美。
 ケロロはせっかく家事を頑張ったのに全く気にしてもらえず。冷やし中華強し。
・「夏季限定」がついただけでちやほやされる冷やし中華に嫉妬するケロロ。
 「他の限定物」の一例に大量に出てきたご当地限定クルルグッズ。
・という訳で、クルルに「開運!なんでも限定ガン」を作ってもらったケロロ。
 「いい仕事してるだろ??」(byクルル)
・限定ガンに撃たれれば、どんな変哲のないものもありがたい「気がする」物に早代わり。
 限定になったトイレを涙を流しながらありがたがる冬樹と夏美。
・そして、「冷やし中華のカラシをワサビにすり替えて、皆がツーンとしている隙に侵略」という
 とても適当な作戦も限定ガンに撃たれれば素晴らしい「気がする」作戦に早代わり。

 「こんな完璧な作戦見たことない!気がするですぅ!」「今回ばかりは反対する理由がない・・・気がするでござる」(byタママ&ドロロ)
・という訳で、自分達が限定の魔力にやられたケロロ小隊は早速冷やし中華作戦決行。
 ツッコもうとして久しぶりに表に出てきたナレーターも限定感溢れる作戦に惚れ惚れ。
・作戦の結果、


 ワサビの威力を思い知れ


 各国の主要地を次々と侵略成功。上手くいっちゃったよ。
 それにしても、各国の主要人物が皆冷やし中華食べてるってかなりワールドワイドだな冷やし中華。

・このどうしようもなく適当な作戦は順調かと思いきや、西澤邸の中にだけはどうしても忍び込めず。
 完全な防御体制にギロロは撤退。冷やし中華をかけて今まさに激しいバトルを繰り広げようとしているタママとポール。
・「こんな時、敵の本拠地に侵入できる者といえば・・・誰もいないでありますか」
 ケロロのすぐ後ろにいたのに、例によってスルーされたドロロ。
 「いるならいるってもっと主張してよ!あなたいつもそんなんだから影が薄いとかって言われがちなのよ?」
 ケロロに文句言われてうろたえるドロロ。

・という訳で、


 新しい自分の始まり


 ドロロを限定にして存在感を出してみたケロロ。ドロロ輝いてるよドロロ。
・限定ドロロ出動。そのあまりの存在感に桃華親衛隊全員に注目されまくるドロロ。
 「凄い奴のような気がします!」「進入されてしまう気がする!」(by親衛隊)
・「この圧倒的な限定感・・・アサシンとしては致命的・・・」
 と自分でわかっていながら、それ以上に注目される喜びに浸りまくってるドロロ。背景ピンクで凄い悦っぷり。
・屋敷の中に入った後も、メイド全員の注目の的となったり、
 ボディガードをなぎ払ってポーズを決めたりとその存在感を思う存分発揮するドロロ。
 「やられた・・・ような気がする・・・」(byボディガード)
・そして桃華の部屋に忍び込むも、桃華に凄い早さで気づかれたドロロ。
 「隠そうにも溢れ出てしまうこの限定感・・・困ったものでござるな」凄い調子に乗ってるように見えるのは気のせいか。
・しかし、


 新しい自分終了


 ここで限定タイム終了。消えた!
 限定レベルがマックスだったので、効果消えるのも早かったらしい。

・もちろんこれまでの侵略成果も期限切れでなかったことに。冷やし中華作戦も元通りただの適当な作戦に。
 「なんでそういうところこだわるかなぁ!?」「その方がありがたみがあるだろ?」(byケロロ&クルル)。ごもっともです。

・その後、自分のガンプラを限定にして楽しむケロロ。ありがたみがある「気がする」ものばかりに。


○「桃華 七夕限定の私 であります」
・冬樹を七夕パーティーに招待した桃華。七夕しか会えない織姫と彦星の話を桃華が出したら、
 「だからこそ、二人は強い思いで結ばれてるんじゃないかなぁ」と返してきた冬樹。
・それを聞いた桃華は、毎日会える「当たり前の存在」じゃダメだと思い、
 自分も限定ガンで「七夕限定」になって存在感をアップさせようと決意。
・桃華とタママに頼まれたケロロは、桃華に限定ガンを撃つことに。ただし料金はしっかり貰う方向で。
 限定レベルスーパーマックスにつき、タイムリミットは3時間。

・そして七夕パーティーに現れた七夕限定の桃華。一斉に桃華に注目する客達。神聖なオーラ出てます。
・しかし存在感が強すぎて、桃華に言い寄ってくる人が大量に出現。
 「迷わずにゲットしたい限定感!」話がおかしな方向に行き始めてます。
・迫ってくる客達から逃げようとするも、逆に囲まれてしまった桃華。
 「完全保存版」「超レアアイテム」皆言ってることが何気に怖い。完全に強制お持ち帰りコース。
・桃華を守ろうと親衛隊がかけつけるも、親衛隊も桃華の限定感に陥落。
 「命に代えてもお守りしたい限定感!」ポールの目がマジです。
・その頃、日向家ではAパートで限定にしたトイレや洗濯物やガンプラが消失。
 クルルに問いただすと、期限切れになったものはブラックホールに自動的に送られる仕組みになってるという答えが。
 「期限が切れたものがいつまでも世の中にあったんじゃあ、ありがたみがなくなっちまうからなぁ」(byクルル)
 Aパートでドロロが消えたのは存在感の反動で急激に影が薄くなったからかと思いきや、本気で消えてたようです。

・ということは、桃華も後少しで文字通り消えてしまうということに。
 そしてやっぱり誰もドロロのことを話題に出しません。
・丁度その時、七夕パーティー会場に到着した冬樹。
 一刻の猶予もない桃華は限定効果をパワーに回してパワーアップ。


 直撃


 桃華のオーラでポールの服が弾け飛びました。
・それでもパンツ一丁で桃華に迫ろうとするポール。絵的に変態。
 そして桃華のパンチの波動で一斉に吹っ飛ばされた親衛隊や客達。

・後に残ったのは桃華と冬樹だけ。
 桃華と冬樹がようやく七夕限定の思いで結ばれようとしたその時、期限切れが。
・自分の体が消えていくのを見て、必死に冬樹に手を伸ばす桃華。
 しかし間に合わず、冬樹の目の前で桃華は消失。
・桃華が目を覚ますとそこは宇宙。そして目の前には冬樹が。
 「やっぱり、織姫と彦星も毎日会えるほうが幸せだと思います」毎日会えることのありがたさに気がついた桃華。
・突然周りが明るくなり、ケロロ小隊の基地に。桃華のすぐ後ろには期限切れが送られるブラックホール。
 あの後、ケロロから事情を聞いた冬樹が助けに来てくれたようです。
 冬樹と手を繋いでいることに気がついて赤くなった桃華。

・桃華は助かったけど、トイレや洗濯物は既に手遅れ。夏美にわしづかみにされたケロロ。
 その頃、


 存在感の代償


 頑張ってる人が一人。命が懸かってます。


○次回予告
Aパートはウレレ再登場、Bパートは1ヶ月も間を空けちゃったシュララ軍団襲来でギロロの液体化。
予告でロボに乗って熱血モードのドロロ再び。


○まとめ&キャプ詰め
限定効果さえあれば冷やし中華で簡単に主要国家を落とせるそうです。
「家の中では靴を脱ぐ国」だけなら制覇できたタンスの角作戦といい、
本気でくだらない作戦の方が途中までなら上手くいってるような気がします。


クルルの言ってた「限定ものは期限切れがあるからありがたみがある」は確かにその通り。
ブラックホール送りはどうかと思いますが。
桃華に限定ガン使うときにはしっかり同席してたのに、期限切れ後のことは一切言わないのがクルルクオリティ。


自分の存在感に悦に入ったり調子に乗ったりしてるドロロ可愛いよドロロ。
その存在感の代償はあまりにも大きかったようです。


輝ける存在感

途中までドロロのターン&皆でお持ち帰り

好きな人といられる幸せ


アニメ「ケロロ軍曹」新EDはNON STYLE 9/5発売(情報元:2chアニメ板)
芸人再び。
スポンサーサイト
トラックバックURL
Aパート「ケロロ 期間限定大侵略」
「ケロロ 期間限定大侵略 であります」 限定冷やし中華で地球侵略、アホなアイディ

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。