ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヌルネバヒーローの奇跡 ?アニメ「ケロロ軍曹」第166話
アニメ「ケロロ軍曹」第166話

大体のあらすじ・・・メカニウェットルキング登場で第2回特撮ネタ祭り開催。
でも元ネタは一切知らない。




○「ケロロ くだけ!ウェットルロボ であります」
・梅雨。ナメクジを見てウェットルキングのことを思い出した冬樹。
 ナメクジ見ただけで触ってないのに手をゴシゴシゴシゴシ洗い始めた夏美。重症。
・夏美が居間に戻ると、ガンプラ散らかすケロロとお菓子散らかすタママが。
 どっかで見た光景というか去年と全く同じシーン。
・洗濯サボったケロロに怒った夏美にケロロとタママは「怒った怒った!怖いよ?!」「怪獣ですぅ?」。
 デジャブを感じた夏美と冬樹。
・「ということで」、モアも登場して第2回ヒーローショータイムスタート。さくっと強制場所移動。
 今回はこのヒーローショーを撮影して後で編集して公開して一儲けするつもりのケロロ。

・「じゃあ話がまとまったところで」全然まとまってないことは置いといて、謎の飛行機が飛来。


 糸なんて見えてない


 ただしチャチい仕掛けで。
 「それを本物とみなすことが、大人の対応というものですぅ?!」(byタママ)
・ケロロがブレスレット付けて構えたら、飛行機がウェットルキングに変身。
 正義の心に目覚めたはずのウェットルキングが、なぜ再びケロロの味方をしてるのかと疑問に思う冬樹と夏美。
・悪者の証明としてビル(の模型)壊したり新幹線(のミニチュア)踏み潰したりするウェットルキング。
 「今はなきゼロ系新幹線初代ひかり号が?!」詳しいな冬樹。
・踏み潰した新幹線が発火してウェットルキングに燃え移り、皮膚の下からロボットのボディが。
 正体を現した偽ウェットルキングもといメカニウェットルキング。
・メカニウェットルキングはケロロと同じ動きをするとのこと。
 近付いてくるメカニウェットルキングに怯える夏美。
・手も足も出ない夏美に、必殺技ウェットルパンチをお見舞いするメカニウェットルキング。
 夏美絶体絶命。


 ♪Pika Pika (Rame Rame) Teka Teka


 でもヌルヌルネバネバしてなかったので全く効きませんでした。
 「そりゃあ生き物じゃなくてメカだからなぁ」(byクルル)。ロボ作戦、根本的なところに欠陥が。
・メカニウェットルキングはヌルネバじゃなくてツルツルしているとわかった夏美の反撃開始。
 メカニウェットルキングをぶん回してぶん投げた夏美。
 動きが連動しているためケロロも自動的に大回転&空の彼方へ。

・「油断するな。ケロロはこの程度で諦めるやつではない」
 庭で吹っ飛んでるケロロを見て、特撮もののナレーターっぽいことを言ってるギロロ。
 「CMの後、ケロロの新たな野望が夏美を襲う」と本物のナレーターが予告したところで、CM。


 快適な風をあなたに


 って何だこのアイキャッチ&CM。
 100円で動くクーラーだそうです。
・偽CMが明け、ナレーターの予告通りケロロの野望再開。
 ヌルネバ仕様のメカニウェットルキング2を完成させたクルル。凄いネバネバ。
 リミッターを外したら制御不能になると注意するクルル。

・居間で夏美が「今度メカニウェットルキングが現れたら、その時は・・・」とか言ってたら、
 引き続き司会のお姉さんの格好してるモアが乱入。ヒーロータイムは今日で最終回だと言うモア。
 「いよいよ悪のペコポン怪獣ナツミゲドンの・・・ごっごめんなさい夏美さん、セリフなんです」(byモア)

・再びさくっと強制場所移動。今度はセットが宇宙。「宇宙が妙に青っぽい気が」(by冬樹)
・そして謎の車が襲来。


 あくまでも糸は見えてない


 やっぱりショボい仕掛けで。というかただのミニカー。
 「そこら辺の細かい設定の食い違いには目を瞑るのが、大人の対応というものですぅ」(byタママ)

・そしてケロロの決めポーズでミニカーがメカニウェットルキング2に変身。
 偽CM前の反省を活かし、動き連動式ではなくハンドルでメカニウェットルキング2を操縦するケロロ。
 ここで本物のCM。



○「ケロロ 突撃!ウェットルヒューマン であります」
・最終決戦スタート。ウェットルパンチをヌルネバしてないと思って素手で受け止めた夏美。
 しかし今度はヌルネバ。
・更にメカニウェットルキング2が両手の指からヌルネバした弾を発射。
 夏美の体中に命中。精神的に嫌過ぎる攻撃です。
・再び手も足も出せなくなってピンチの夏美に、謎のヘルメットを投げ渡したギロロ。
 「それを被れ夏美!そして怒れ!お前の怒りの電流をほとばしらせろ!」ギロロなんか熱いよギロロ。
・怒りのパワーでバトルスーツ姿に変身した夏美。
 ただの見掛け倒しだと言い、夏美に「頭を発射して敵に押し付ける」という技を繰り出そうとするケロロ。
それを発射される前に銃乱射して阻止した夏美。暗黙の了解なんてお構いなし。
 ところで本当にどうでもいいことだけど、ギロロはこのヘルメットをどっから持ってきたんだ。

・再び頭を発射させようとするケロロ。また発射する前に阻止した夏美。
・このまま一気にたたみ掛けようとするも、メカニウェットルキング2の触覚が動くのを見て一気に気が抜けた夏美。
 夏美の弾が暴発してセットに穴が。穴の向こうは日向家の玄関。
・玄関に飾ってあったアジサイの花が折れたのを見て、様子がおかしくなったメカニウェットルキング2。
・勝手にリミッターが解除され、真の姿を現し人間ナメクジとなったメカニウェットルキング2。
 夏美怯えまくり。
・人口ヌルネバ作るのが面倒だったので、巨大ナメクジにロボの着ぐるみ着せてただけだったと言うクルル。
 「それじゃ全然ロボじゃねぇじゃん」(byケロロ)
・人間ナメクジが暴走して更に巨大化し、本物の怪獣ウェットルヒューマンに。
 ウェットルヒューマンの触手に捕まったケロロ&タママ。
・助けを求めるケロロをしょうがないと助けようとするも、捕まってしまった夏美。ついでにギロロも触手の餌食に。
・どこからか助けに来たはいいものの、何かする前に捕まってしまったドロロ。「何しに来たんだよ!」(byケロロ)
 なぜかヌルネバでゲッソリなってるタママ。

・冬樹に「何とかできないの?」と言われて「ムリ」と答えたクルル。


 塩フィールド展開


 何どさくさに紛れて一人だけ塩ガード完成させてんだお前。
・あることを思い出し、突然さっき破れたセットの背景の青い紙を丸く切り始めた冬樹。
 完成したものは、去年ケロロがウェットルキングを呼ぶために使った青いウェットルサイン。
・「正義のヒーロー」ウェットルキングが助けに来てくれると信じ、ウェットルサインを回す冬樹。
 冬樹と一緒にウェットルサインを回し始めたモアとクルル。クルルは鉛筆で。
・その時、冬樹&モアの「純粋にヒーローを求める正義の心」が奇跡を起こし、その心がウェットルキングに届きました。
 クルルはNGでした。
・宇宙の果てから飛んできたウェットルキング。


 それでも糸は見えてない


 って何でこの人の登場シーンまでチャチいんだよ!!!
 ウェットルキングに反応するも、糸には一切ツッコまなかったタママ&ギロロ&ドロロ。これが大人の反応です。
・ウェットルヒューマンの怒りの原因である折れたアジサイの花を元通りにし、
 更に怪獣を元通りにする「ウェットルウェーブ」でウェットルヒューマンを元のナメクジに戻したウェットルキング。
・相手を倒さずに勝利したウェットルキングの優しさに今年も号泣する一同。今年も一人だけつまらなそうなクルル。
・今年こそは夏美と握手しようと、夏美に手を差し出してきたウェットルキング。
 途中まで手を伸ばしかけるも、やっぱりダメだった夏美。
 「ウェットルキングがまた登場するかは人気次第」(byナレーター)


○次回予告
・「何で急に出番が増えたのかしら」「きっとネタに詰まったのさ!」言ってはいけないことを言ったラビーと556。
 「まさか死亡フラグだったりして」ネガティブなラビー。
・Aパートは556のカップラーメン作り。3分で終わりそうな話を約10分で。
・BパートはケロロVS一年分のクロスワード。


○まとめ&キャプ詰め
去年に引き続き特撮ネタ満載。
例によって元ネタ全くわかりませんでしたが、笑いました。

優しさはそのままに、強くなって戻ってきたウェットルキング。
ウェットルヒューマンを怒りを静めるという平和的方法で倒しました。
クルルの塩ガードの時、真っ先にその塩をウェットルヒューマンに撒けよとか思ってごめんなさい。


ツルツルだ!メカニウェットルキング!

ヌルネバだ!ウェットルヒューマン!

今年も感動だ!ウェットルキング!


DVD「ケロロ軍曹 3rdシーズン」Vol.10 ジャケット公開
ケロロ父&ギロロ父ーーーーー!!!!!
1シーン、それも写真でしか出てないんですがギロロ父。
スポンサーサイト
トラックバックURL
「ケロロ くだけ!ウェットルロボ」 「ケロロ 突撃!ウェットルヒューマン」
「ケロロ くだけ! ウエットルロボ であります」 「ケロロ 突撃! ウエットルヒューマン であります」 脚本:山口宏
 1年ぶりのウェットルキング再登場。  ミニチュアセスナ登場(しかもピアノ線で吊

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。