ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敵は味方にあり ?アニメ「ケロロ軍曹」第165話
アニメ「ケロロ軍曹」第165話

大体のあらすじ・・・クルル隊長の接待はギロロ達にとって地獄だった。
全てクルルの手のひらの上。




○「クルル 臨時隊長 であります」
・ケロロ、ギックリ腰で緊急入院。
 そんな時に限ってケロン星が同盟結ぼうとしてるヤクニン星の大使が緊急来星。接待をすることになったケロロ小隊。
・そして指揮を取るのは、残ったメンバーで一番階級が高いクルル。
 性格が悪くて嫌味を言いまくる大使の接待なんてクルルには到底無理だと言い知れない不安にかられる他隊員。
・そしてやって来た大使に皆が敬礼する中、一人だけ敬礼をしないクルル。
 早速もうダメかと全員が思ったその瞬間、


 やればできる人


 完璧な敬礼をしたクルル。
 「ようこそおいでくださいました、大使殿!」キャラが全然違う!
・更に大使に向かって恭しく直角なおじぎをするクルル。普段のクルルを知らない大使以外、全員唖然。
・基地案内。大使の嫌味にも動じず、完璧な対応をするクルル。そしてギロロ達への指揮も完璧。
 今のクルルのあまりの指導力に涙が出てきたタママ。
・その頃、本来の隊長であるケロロは病院で、


 白熱するケガ人


 思う存分Wiiをエンジョイ。何この雲泥の差。
 案の定腰の痛みが再発したケロロ。安静にしとけよ。

・大使をソファーに座らせようとするクルル。
 その時、ソファーの上に画鋲が置いてあるという緊急事態が発生。「お尻の穴が2つになっちゃうですぅ!」(byタママ)
・画鋲のことを指摘したら大使に嫌味を言われてしまうので、
 やむを得ず大使を蹴り飛ばして自分が代わりに座ったギロロ。ギロロの尻重症。
・「部下の失態」を大使に誠心誠意謝るクルル。
 「ギロロ伍長、気にするな。次からは頼むよ」ギロロに気を遣うクルルにギロロが頼もしさを感じたその時、


 手のひらの上


 クルルが大使に見えないように種明かし。
 先ほどまでの態度は、全てギロロ達を窮地に追い込んで楽しむための布石でした。
 ギロロ達をおちょくって楽しめるわ自分に対する大使の評価は上がるわで、クルルにとっては一石二鳥です。

・昼食はカレー。クルルの真意を知った今、絶対にどれかの皿に激辛仕込んでると思い緊張が走るギロロ達。
・大使がカレーを選んだ瞬間クルルが笑ったのを見て、激辛だと確信したギロロ達。
 ギロロとタママが大使の気をそらし、ドロロが皿を入れ替え。これで安心かと思ったら、


 遊ばれる人々


 全部激辛でした。その上大使は激辛が大好物でした。クルルに振り回されまくるギロロ達。
・昼食の後はボーリング。接待なので大使に勝たせようとするギロロ達。
 そして大使が最後の玉を投げようとしたその時、


 お約束に向かって


 バナナの皮を放り投げたクルル。止まらない大使。
・ドロロが手裏剣でバナナの皮をどかし、大使は玉を投げて一安心。かと思いきや、


 「計画通り!」


 二本目出現。完璧な仕込みです。
・ギロロが銃で二本目を消し炭にし、今度こそ一安心。


 同じ結果


 でもガーターでした。結局大使の負け。
・最後はお風呂。大使が頭を洗っていたら、


 よくあるハプニング


 今度はヅラが落下。
・ヅラを大使にバレないように戻そうとするギロロ達。しかしヅラのすぐ傍にはクルルが。
 クルルにヅラを取らせまいとするギロロ達にクルルはせっけん攻撃。すっ転んだギロロ達。
・そしてクルルがヅラをゲット。もうダメかと思われたその時、


 大切なお客様


 普通にヅラを戻したクルル。ギロロ達、再び唖然。
・帰っていく大使を敬礼で見送るクルル。
 最後の最後でヅラのピンチを救ったクルルを少し見直したギロロ。クルル、最後まで「大使への態度は」完璧でした。
・その後、また地球に客が来ることになったけど、ケロロはまた不在。
 なぜかというと、


 何もしてない人


 クルルが接着剤で大使の頭にヅラを貼り付けたため、
 ケロロが責任を取らされることになったから。
クルルは結局クルルでした。
・という訳で、今日もクルルが隊長代理。最悪の一日再び。


○「小雪 普通猛特訓 であります」
・小雪的な日曜日の普通の過ごし方・・・友達(ドロロ)と一緒に猪狩り&巣から落ちた大鷹の雛の世話。
 そして凧に乗って家に帰っていった小雪。ちょっと引いたやよい&さつき&夏美。
・そんな小雪に、
 「『普通になろう教室』を開講するので、小雪にテストとして受けてほしい」というケロロからの伝言を持ってきたドロロ。
・とりあえずそれを受けてみることにした小雪。
 小雪に「一般常識やマナーのわかってない現代の若者を更生する」というもっともらしい開講理由を語るケロロ。
 常識分かってない例で登場したTNT爆弾道端に捨てるクルルは極端じゃなかろうか。
・レッスン開始。教官ギロロに命令には敬礼して「イェッサー」か「ノーサー」で答えるように言われた小雪。
 「普通は天井で寝ない!窓から入らん!塀の上を歩かん!凧で飛ばん!」次々と小雪の普通じゃないところを指摘していくギロロ。
・今回のケロロの魂胆は、小雪を騙してスパイに仕立て上げること。
 夏美とドロロにはこのレッスンの内容について言わないように小雪に釘を刺すケロロ。
・そして次の日、学校で先生の点呼に迷いのない目でイェッサーと答えた小雪。普通じゃない。
・普通教室と称したスパイ教室、本格的にスタート。
 「手裏剣はダメだ!銃を使え!」(byギロロ)。銃もいきなり使いこなしてる小雪。
 「伝書鳩はダメだ。ハッキングを覚えな」(byクルル)。どっちも普通じゃないから。
 「いつも笑顔じゃダメですぅ。裏と表を持つですぅ」(by裏と表のスペシャリストタママ)。スパイには大切です。
・そしてケロロのレッスンは、何故かガンダムキャラのモノマネ。スパイにも普通にも関係ない。
・作戦は順調なものの、この作戦が性に合わないギロロ。
 そんなある日、夏美と小雪が一緒に遊びに行くことになりました。デートだと張り切る小雪。
・という訳で、ケロロ達に「普通のデート」について教えてと頼んだ小雪。
 教えるのはもちろん、


 頑張れ鬼教官


 この人しかいません。
・凄い役を押し付けられたギロロはその夜、デート特集してる雑誌の山の中でデートについて猛勉強。
 そして次の日、


 誰が為に


 なんか徹夜したっぽいです。「普通のデート・・・普通のデート・・・」とうわごとの様に繰り返し呟くギロロ。
・普通のデートっぽく色々な店を周るギロロと小雪。
 そしてデートの定番映画館ではホラー映画を鑑賞。ギロロ発狂。
・最後はボートの上で2人きり。「普通のデート」に神経すり減らしまくってぐったりしてるギロロ。
・「教官、今日はありがとうございます。おかげで明日の夏美さんとのデートも上手く行きそうです
 小雪にそんなことを言われて遂にキレたギロロ。
・「スパイなんてどうでもいい!オレのやり方で自分らしくやるのが一番だ!」
 そのギロロの言葉で「自分らしくする」という大切なことに気づいた小雪。
 そのままここがボートの上なのを忘れ、歩いて帰ろうとして見事湖の中にドボンしたギロロ。
・基地に戻ったギロロは早速自分のやり方で侵略しようと完全武装。
 そこにやって来た夏美にスパイ教室作戦のことがバレ、屋根の上に吊るされたケロロ達。
・次の日、小雪を待つ夏美の前に木の中から登場した小雪。
 ようやくいつもの調子に戻った小雪に夏美も「無理せず、普段の小雪ちゃんのまんまが一番」と笑いました。
 夏美のその言葉に喜ぶ小雪を見てドロロも一安心。ケロロには一呆れ。
・早速夏美との「自分らしい」デートに出発した小雪。凧に乗って。


○次回予告
今度こそ帰ってくるウェットルキング。「何でまたやるの?」「季節ネタだから・・・」(by夏美&冬樹)


○まとめ&キャプ詰め
本気を出せば普通に隊長できるけど、
そういう変に気合い入ってる時は絶対に何か裏がある男、それがクルル。
下手に油断したら大変な目に遭います。

今回のBパートで小雪の普通云々が完結しちゃったような感じになってたけど、
果たして原作の「小雪の普通」話はアニメでやってくれるのだろうか。
過程は全然違うけど、結論は同じなだけにやらない可能性が。
小雪と夏美のデートのために徹夜(?)までして普通のデートを勉強&レッスンするハメになったギロロは哀れ。
今回ギロロが勉強したことが生かされる日は来るのだろうか。



完璧な隊長の「玉に致命傷」

オチも忘れない男&普通のスパイを目指して

疲労困憊デート&普通の小雪
スポンサーサイト
トラックバックURL
「クルル 臨時隊長 であります」 軍隊なのに接待なんて、大変でありますな~ てゆ
Aパート「クルル 臨時隊長」

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。