ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは素敵なモーニング ?「ケロロ軍曹」 第百弐拾四話「激闘!!絶海之孤島大決戦!!・・・の巻。」
大体のあらすじ・・・アリサのモーニングはエグかった。
イースター島の大決戦でモアイの謎が明らかに。ドロロかっこいいよドロロ。




・謎の少女に助けられた冬樹。ケロンバッジがないので、謎の少女の言葉がわからず。
・お腹を鳴らした冬樹のために、夕食としてケロロを持ってきた謎の少女。
 ケロロ救出。
・明日島の人に事情を話して帰してもらうことにした冬樹とケロロ。
 そして次の日、興奮して一睡もできなかった冬樹と、爆睡中で完全にお荷物なケロロ。
・道を歩く冬樹の前に現れた謎の少女。
 冬樹を案内しようとする謎の少女について行った冬樹は、海の方を向いているモアイ「アフ・アキヴィ」を発見。
・冬樹がアフ・アキヴィの視線の先を見てみたら、昨日のモンスターが大接近中。
 冬樹&ケロロに狙いを定めて追ってきたモンスター。
・絶体絶命なその時、冬樹を探していたアリサが到着。
 アリサVSモンスター。大物出現に喜ぶアリサ。モンスターの強さに弱気なネブラ。
・逃げる冬樹のリュックの中に入っていたケロロが
 突然「おみせしましょう・・・ケロン軍戦士としても我が輩の真の実力を・・・ッ!!!」とか言い出したその瞬間、
 モンスターに負けたアリサが物凄い勢いで吹っ飛んできました。尋常じゃない転がりっぷりです。
・モンスターに追いつかれ、再び絶体絶命の冬樹達。
 謎の少女が突然冬樹の持っていた小さなモアイを壊そうとしたその時、流れ始めたのはあの洗脳ソング。
・ケロロ&冬樹を助けに、ケロロ小隊到着。
 「すごい!!カッコイイと思ったの初めてかも」お前が言うな隊長。
 ケロロ小隊に冬樹達を探すように頼んだのは夏美らしいです。しっかり金貰ってるクルル。

・戦闘態勢に入るタママ&ギロロ&ドロロ。
 しかし一番張り切ってたタママは
 ギロロ&ドロロにこれは大人の戦いだと言われて強制的に留守番決定。
始まる前から空回り。
・そしてギロロ&ドロロ出動ってドロロがなんか凄いバトルスーツ装着して来たーーーーー!!!!!
 「白兵戦鬼式」らしいです。「ギロロ殿、拙者白兵戦は不得手ゆえ(略)」そうは見えないんですが。
・ギロロ&ドロロとモンスターとの激しいバトル。
 謎の少女と一緒に逃げていた冬樹&ケロロは、モアイの生まれる場所「ラノ・ララク」に辿り着きました。
・ケロンバッジ付けてるため謎の少女の言葉がわかるケロロ。
 謎の少女に案内され、小さなモアイが眠っていた場所へ。小さなモアイが光りだしました。
・しかしそこにギロロ&ドロロの攻撃を物ともしないモンスターが襲来。
 3度目の絶体絶命。
・その時、前に読んだイースター島に関する本にあった記述を思い出し、
 モンスターをバラバラにすればいいのではと思いついた冬樹。
・それに従い、ギロロの大量の爆弾をドロロが「新・暗殺法 虚偽技」でモンスターに仕掛け、
 モンスターは大爆発でバラバラに。
・バラバラになったモンスターが再結合しようとしたその時、
 復活したアリサ&ネブラが朝食代わりにモンスターを次々と捕食。
 なんて気持ち悪い朝食風景。
・冬樹達に自分の正体を明かした謎の少女。
 イースター島のモアイはさっき倒したモンスター「アクアク」を封じ込めるために置かれたもの。
 そして少女は、冬樹の小さなモアイの宿主「マナ」。

・小さなモアイの中に還っていき、小さなモアイと共に岩の中に消えたマナの少女。
 帰り道、立っていたモアイに呼びかけられ、「我々は君を忘れない」と言われ、涙を流した冬樹。
・こうして冬樹の目的は達成されましたが、ケロロの目的はまだ全然達成されてません。
 イースター島に侵略の証の旗を立てようとするケロロ。
 そこでケロロの手を掴みケロロを凄い威圧オーラで止めた、バトルスーツ着たままのドロロ。
 ケロロの目的達成ならず。ドロロ凄い迫力だよドロロ。
・家に帰ってきた冬樹を、冬樹を心配するあまり泣いてた夏美がお出迎え。
・ケロロ達はアクアクとの戦いを現地防衛の特別活動として認められ、侵略報告免除。
 代わりに本部命令で耳でカキ氷を食べることになったケロロ。バッチリ録画してるクルル。


白兵戦鬼式なんてのを披露するわ新技披露するわ威圧オーラ全開だわ、
そんな今回のドロロがとにかくかっこ良かった。
全身完全武装でした。見た目がどことなくどこぞの灰色の人みたい。
輸送ドック内では自分専用の畳を敷いてました。そこまで正座したいか。


小さなモアイの宿主の少女の「きっと神がフユキを導くために(略)」のセリフ、
誰かが「神」の代わりに一枚噛んでるとしたら前回事情を察してたノントルマしかいなさそう。
何はともあれ、ここら辺の少女のセリフ&笑顔に萌えました。


○へっぽこ通信
6月のアニケロは、ラビー嫁入り、クルルと監察官の嫌がらせ対決、今度こそ帰ってきたウェットルキング等。
そして小雪の普通修行の話がありますが、これは原作のあの話なのだろうか。
そうだとしたらあらすじ見る限りではカット&改変されまくりそうな感じがする。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。