ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Good Days & Cry Baby ?「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」
「予告だけで泣ける」と評判だった、シロが主役のクレしん映画最新作。
なんか最近、ケロロの冥話あたりからよく「感動して泣きそうになった」言ってる気がするけど、


これはマジ泣きした。


以下、ネタバレありの感想。




今までのクレしん映画で一番感動して泣いたかもしれない。
2chでは「泣かせようとしすぎ」とか言われてましたが、泣いちゃったものはしょうがないです。

予告で流されまくった桜並木の下をしんのすけとシロが泣きながら逃げるシーンとか、
橋の下で倒れたしんのすけとしんのすけ達のために自らUNTIのところに行ったシロのシーンとか、
シロがUNTIに捕まった後、
止めようとするひろしやしんのすけに何も言えないみさえを置いてシロを助けに行こうとするしんのすけとか、
必死なしんのすけの姿を見てしんのすけに靴を差し出してきたみさえとか、
シロのもとに行こうと、ロケットの見張りしてた時雨院側近に何度も体当たりをする野原一家とか、
とにかく涙が出まくりでした。
落ちてきたしんのすけを受け止めた後のひろしも感動した。
シロを犠牲にしなければ地球は滅ぶと言う時雨院の言葉や、
その後のしんのすけを説得しようとするひろしの言葉を聞いていないフリをしていたしんのすけも見ていて辛い。



プロローグで接近する隕石を爆弾で破壊したケツだけ星人達、
星1つ壊せるような爆弾ならあんなに発射する必要なかったような。
あの隕石が地球以上の大きさには見えなかったし。
ケツだけ星人、公式のイラストを見た時はぶっちゃけなんか気持ち悪いデザインだなぁと思ったけど、
映画ではなんかデザイン変わってて可愛かった。


今回の野原一家の沖縄旅行は
「映画15周年記念作品」ということでひろしの「勤続15年記念」ということだったらしい。
15年15年と連呼する野原一家。


今回の「悪の組織」ひなげし歌劇団ボスのお駒夫人(38歳)、キャラは好きだけど歌は長すぎ。
催眠術にかかったしんのすけ達とお駒夫人が一緒に歌うシーンで、
カスカベボーイズっぽいシーンが出てきたからそのまま今までの映画のシーンのパロを一気にするのかと思った。
最後に部下たちにすっぴんを晒しちゃいましたがその後どうなったのか。
側近の仮面の2人は意味深だったけど結局ただの側近止まりだった。



そして「正義の組織」UNTIのボス、「計画通り」にこだわる非情な男時雨院。
計画のためならしんのすけ達が犠牲になろうともお構いなし。
最後には本性を現して「支離滅裂」な野原一家をバカにしまくりました。
そしてひろしは計画通りに行かないから人生は楽しいと主張。


今回のゲスト声優の京本政樹さんとAKB48、京本さんはちょっと違和感が。
AKB48は全く気になりませんでした。


シロがUNTIに捕まった後に乗せられたロケットの中にあった、
「シロくんありがとう」と書かれた皿と、その上に置かれた開いていないドッグフードの缶は酷すぎる。
「とりあえず」感が見え見え。こんな置き方したのは誰だ。

ひろし達と時雨院との最終決戦は笑った。
ひろし何都合よすぎる妄想してんだ。みさえの尻ブレスまた出たよ。ひまわりGJ。
そして今回もひろしの靴の匂いで拷問。


ひろしの包帯攻撃で、ひろしが持ってた下剤が飛び散って時雨院のシャンパンの中に。
その後のロケット打ち上げシーンではロケットの中のしんのすけとシロ(とお駒夫人)よりも
勝ち誇った顔で気持ち良さそうにシャンパン飲んでる時雨院の方が気になって仕方がなかった。
飲みきった後時雨院がどんな壊れっぷりを見せるか楽しみだったんだけど、飲みきっても何も起こらず。

しんのすけ達は助かり、爆弾は宇宙で爆発して「計画は成功した」と言い、
全く悪びれた様子も見せずにひろしに握手を求めたらぶん殴られた時雨院。スッキリ。
しんのすけ達のロケット脱出方法は強引な展開だった。
そして時雨院の下剤のオチは最後の最後に。効くの遅いなこの下剤。悪役2人ともオチがつきました。
一方で時雨院の側近は最後には野原一家に肩入れして野原一家を家まで送るといういい人っぷりを見せました。



その他の笑ったシーン。
・爆弾を叩きまくるしんのすけを見て大慌てするUNTI。
・花火をバックにいきなり始まった野原一家の歌でのひろしの凄い顔
・シロに人形やらせて一緒に飛行機に乗ろうとする野原一家。
 今までもやってたことだけど、今回はUNTIのツッコミが入りました。
・時雨院の言葉を遮ってウンチウンチ言いまくるしんのすけとイライラしてる時雨院。
・UNTIに爆弾を外そうとされて、なんか気持ち良さそうなシロ。
・おこめ券&ビール券&写真集&おもちゃ券。
・コンビニ前の戦いでシロを投げ合うUNTIとひなげし歌劇団の中に混じって
 一緒にシロ投げてたしんのすけやその後のタッチダウン。目的変わってる。
「産まれたーーー!!!」
・時雨院側近の股間に頭ぶつけて側近倒したひまわり。


そんなこんなで全てが終わって家に帰ってきた野原一家。
いつもの様にシロの散歩を嫌がるしんのすけ。
そして散歩に行った1人と1匹をバックに流れ始めた主題歌。イントロだけで涙がまた出てきた。

エピローグ。
皆で遊ぶかすかべ防衛隊&シロ。風間くん達にじゃれまくるシロ。
風間くん達が帰った後、しんのすけ&シロに謝りにやって来たケツだけ星人達。桜並木の下で、皆で楽しく「ケツだけ星人」。
そして家に帰ってきたしんのすけとシロを迎えるみさえ達。
幸せな光景と主題歌に涙が止まりませんでした。「Cry Baby」神すぎ。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。