ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスイブは喪に服せ ?アニメ「ハヤテのごとく!」 第1話「運命は、英語で言うとデスティニー」
アニメ「ハヤテのごとく!」第1話

大体のあらすじ・・・誘拐も天然にかかれば告白に早変わり。
興味あったので見てみた。
原作は最近の方の話の立ち読みしかしてない。綾崎ハーマイオニーは可愛かった。





○アバン
・突然謎の巨大ロボに襲われたヒロイン、三千院ナギ。
 しかし、「一つはお前がバカなこと。二つはお前が凄くバカなこと。三つは(略)」という理由で私を殺すことはできないと断言したナギ。
・そしてナギが「ハヤテー!」と叫ぶと、ナギの執事ハヤテが疾風のごとく参上。
 ハヤテの自己紹介をぶった切ってOPスタート。

○本編
・サンタに「お前の家が貧乏だからプレゼントをあげられない」と元も子もないことを言われた子供の頃のハヤテ。
 更に「働かざる者食うべからず」「最後に笑うのはきっと、ひたむきで前向きな奴」と言われ、そう生きることに決めたハヤテ。
・そして今、自転車便のバイトをしているハヤテ。業界最速という名高い称号も。
 しかし石につまづいて転び、飛んできたボールに当たって地下鉄の階段を転がり落ちととにかく不幸。

・貧乏でバイトに明け暮れる毎日なので、友達のクリスマスパーティーにも行けないハヤテ。
 ハヤテの家が貧乏な理由は、父親が「自分にはもっと相応しい仕事がある」と言ってニートの真っ只中、
 更に母親が「夢投資」と行ってお金を浪費しまくる毎日だから。両親最悪だ。
・しかし年齢を偽っていたことがバイト先にバレ、クビになったハヤテ。
 それを教えたのは、ハヤテがバイトしてる原因である両親。何やってんだ両親。
・更にハヤテの給料を早速ほぼ全て使い込んだハヤテ母。17万円の給料が12円に。
・家で「クリスマスプレゼント」と書かれた封筒を見つけたハヤテ。
 中には156,804,000円の借用書。
 同封の手紙には「できちゃったものはしょうがない」「働いて返すのはダルいし」と両親の最悪な言葉が。
・そして、ハヤテを「お金を貸してくれたとても親切な人たち」にプレゼントすることにして逃亡したハヤテの両親。
 早速「とても親切な人たち」が登場。窓を割って飛び出して逃げたハヤテ。
・夜になって雪が降り、ホワイトクリスマス。しかしハヤテの気分は最悪。
 「結局世の中、ズルい奴が勝つんだよ。
 フランダースの犬のネロだって、いい人を貫いたら死んだじゃないか!」サンタの言葉を否定したハヤテ。

・そんな時、自動販売機の使い方がわからなくて困っている少女を見つけたハヤテ。
・「お前はもう終わりだ」とハヤテに語りかけてくる悪魔と、
 「決して諦めてはなりません」とハヤテに語りかけてくる天使。
・そして「あの少女を誘拐いたしましょう」
 「多少の悪事は許されて当然。いや、許されるべき」
と言い出した天使。
 それを止めようとする悪魔。立場が全く逆。
・「ネロやパトラッシュだってきっと天国で言っています。仇をとれと」誘拐を決意したハヤテ。
・その時、ターゲットの少女にナンパ男が接近。思わず少女を助けたハヤテ。
 「ネロの命日にナンパなんかするな!喪に服しなさい!」(byハヤテ)
・寒がる少女に自分のコートをあげたハヤテと、お礼にハヤテに何かしてやろうと言ってきた少女。
 「お礼に人質になってもらおう」と考えたハヤテは少女に、

 人生最大の決心

 「僕とつきあってくれないか。僕は君が欲しいんだ!」とお願い。
 どう聞いても告白です。
・突然「告白」されて戸惑う少女にハヤテは、
 「こんなこと冗談じゃ言えない。命がけさ。一目見た瞬間から、君をさらうと決めていた!」と追い討ち。
 間違ってはいないんだけどやっぱり誘拐する時に言うセリフじゃないぞそれ。
 ハヤテの本気の思いを間違った方向に受け取った少女は、「浮気とかは絶対ダメだからな!」と釘刺し。

・少女から保護者の電話番号を聞き、早速身代金要求の電話をしに行ったハヤテ。
 「告白」されたドキドキがおさまらない少女。
・コートのポケットに「ハヤテへ」と書かれた封筒を見つけ、ハヤテの名前を知った少女。
 そんな少女のもとに怪しい男2人が。
・少女の家に電話をかけるハヤテ。
 「それでは匿名で身代金の要求をするか」と自分で言ったそばから、
 「もしもし、綾崎ですけど」と自ら名乗ってしまいました。根っからの天然&正直者。
 「終わった・・・まだ始まってさえいないのに・・・」(byハヤテ)

・転んで貴重な2円を排水溝に落とし、
 木の上から雪がドサッと降ってきて、もう人生なんてどうでもよくなったハヤテ。
・そこにやって来たお姉さんに助けられ、マフラーを貰ったハヤテ。
 お姉さんの心からの優しい笑顔を見て、悪事を働こうとした自分を反省して泣き出したハヤテ。
・その時、ハヤテの目に入ったのは怪しい男2人に捕まって連れて行かれてるさっきの少女。
 「あらあら大変。また誘拐なんてされて」(byお姉さん)。日常茶飯事なようです。
・お姉さんの自転車を借りて、誘拐犯の車を追いかけるハヤテ。自転車便業界最速が行く。
・「空気が汚れるから呼吸を止めてくれんか」誘拐犯に反抗する少女。
 更に誘拐犯の1人の顔面に思いっきりキック。
・「命がけで私をさらうと言った。だから呼べば来るさ」ハヤテが来てくれることを信じている少女。
・そして少女が「ハヤテー!」と叫んだその時、

 疾風のごとく

 飛んで来ました。さすが自転車便業界最速。
・車の前に着地しちゃった為、思いっきり轢かれたハヤテ。
 しかしすぐに追いつき車のフロントガラスの前に。ハヤテの鬼のような形相にビビッて降参した誘拐犯。
・誘拐犯逮捕後、またハヤテにお礼をすると言ってきた少女。
 「今度は僕の、新しい仕事でも見つけて」と言って倒れたハヤテ。
・さすがに車に轢かれたのはこたえたらしく、何か赤い液体が出てきたハヤテ。
 結果、電波に乗せられないぐらい大変なことに。ドバドバ出てます。
・そこにやって来たさっきのお姉さん、マリア。更に少女を迎えにヘリコプターまで登場。
 仕事が欲しいと言ったハヤテを、自分の執事にすると言った少女ナギ。
・次回はハヤテ執事就任初日。


○まとめ&キャプ詰め
という訳で原作の初期を全く知らずに見たわけですが、面白かったです。ナギ可愛いよナギ。
誘拐しようとしたら告白になってしまい、ナギに惚れられたド天然男ハヤテ。
結果的に仕事手に入れて救われたから結果オーライでよかったです。
ナレーションの若本さんは渋っ。雰囲気をやたら引き締めてました。


「喪に服せ」で改蔵を思い出して笑った。


OP詰め。
執事が大活躍

途中からナギばっかりの本編詰め。
不幸少年とお嬢様

届け本気の思い

♪Happy merry merry Xmas

ED詰め。
グッドナイト
スポンサーサイト
トラックバックURL
■ハヤテのごとく!■
第1話 運命は、英語で言うとデスティニー
いよいよ始まったハヤテのごとく!の感想です。
新番組その2これは中々イケる。
よろしければ押してやってください→ 
ほんじゃ、感想入らせてもらいます危なくなったらハヤテを呼びますんで~ 
ハヤテのごとく! 第1話感想いきます。
幼女分の補給に成功しました
第1話 「運命は、英語で言うとデスティニー」
「ねぇサンタさん。どうして僕にはプレゼント持ってきてくれないの?」

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。