ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確かな充実感 ?「ケロロ軍曹」 第百弐拾弐話「舞踏!!有酸素運動大作戦!!・・・の巻。」
大体のあらすじ・・・夏美のエアロビクスを見たギロロがいつも以上に凄いことに。

・色々あってスカートのボタンが弾け飛ぶまでに体重が増えた夏美はダイエットをすることに。
・夏美のエアロビクスの振動で塗料がこぼれ、抗議に行って追い出されたケロロ。
 巻き込まれるのは嫌なので図書館に避難した冬樹。
・夏美が何でイライラしているのかわからないので、それを直接聞きに言って飛ばされたケロロ。
・夏美を盗撮して夏美の「重大問題」を調査することにしたケロロ。
 その様子を目撃して覗きだとギロロ大慌て。
 「なにいってんの地球人の監視でしょ?あなたこの頃少しヘンよ?」原作でも暴走度がどんどん上がってます。
・ケロロと一緒に夏美を「監視」することにしたギロロ。
 夏美の動きを見てケロロが何かを思い出そうとしたその時、
 ギロロは興奮しすぎて「全身が」真っ赤に。止まらない。
・そこにやって来て、夏美は「ケロロビクス」をやっているのではないかと言ったドロロ。
 「アレは実に若気のいたりでござった・・・」ケロロビクスに何か恥ずかしい思い出があるようで顔が赤いドロロ。
・夏美は「体重」のことで悩んでいると確信したケロロは、
 夏美のためにギロロ&ドロロと一緒に「ケロロビクス伝説のチーム」を再結成することに。
 ケロロの例の「ナマアタタカイ」手にビクッとなったドロロ。恥ずかしい思い出再び。
・特製ステージに入れられた夏美。
 現れたのはポーズを決めたケロロチーム+モア。ドロロが凄くセクシー。
・ケロロのキマグレでケロロビクス大会に幼馴染3人で参加し、優勝してしまったことがあるケロロ達。
 トロフィー掲げて喜ぶケロロの下で恥ずかしそうなギロロ&ゼロロ(暗殺兵時代)。
・一刻も早く体重を減らしたいという思いで、深く考えずにケロロビクスに参加してしまった夏美。
・その頃、外には夏美と同じく体重を気にする秋が。サスがヤバいらしい。
・ケロロビクススタート。まずは目からビーム。早速アウト。
・元気よくジャンプしたり元気なくジャンプしたりとどんどん進むケロロビクス。
 「体の中が充実していく感じ」楽しい気分でフィニッシュした夏美。
・こうして夏美の初ケロロビクスは大成功。「ハジをしのんでよかった」(byドロロ)
しかし夏美の体重はなぜか増加。
 「なんたって体重を増す運動だもん!」「なかなかの重量感だぞ夏美・・・!!」
 夏美の悩みを逆方向に勘違いしてたケロロ達。
・ケロロビクスはそのへんの体重をちょっとづつ分けてもらう運動だったようです。
 という訳で、外にいた秋の体重は減少。
「重いのも軽いのもたいした違いないであります!」「技の威力も増すでござる!」
 「重いほうが射撃も安定するしな!」必死で夏美の機嫌を取るケロロ達。
・パワーアップした夏美によってケロロはパンチングマシンに。
 その晩、やせて機嫌がよくなってご馳走を作った秋。

大会で優勝したケロロチームのケロロビクスは、夏美にも効果抜群だったようです。
ケロロビクス大会の審査基準に「体重がどれだけ増えたか」は入っているのだろうか。

「なかなかの重量感」地球では普通は明らかに禁句なことを夏美に言ってしまったギロロ。
ケロン星(の兵士の間)では褒め言葉?


○へっぽこ通信
・超劇場版2の書き下ろしピンナップ、ちびケロとバトルするメールがとにかく可愛いよメール。
 後ろには冠を取り替えっこしたマールとちびプルが。
・4月のアニケロは原作からは花見の場所取り話が。
 そしてなんとプルルが主役の話も放送。ケロロ達に荒治療。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。