ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かけがえのない人へ ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第52話(最終話)「夢がかなったらイイナ!」
アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」第52話

大体のあらすじ・・・クロミはツンデレだった。
マイメロとクロミにもひとまず決着がつきました。




・最後の「テレビを見るときは?」はマイメロ&クロミ。
 土壇場でずきんデザインコンテストの最優秀作品発表。
・ダーちゃんに取り憑かれたクロミは巨大化。そしてダークパワーの詰まったクロミパンクスタート。
 真っ先に落ちた負け犬3人。吹っ飛ばされて落ちた歌を助けようとして、小暮に先を越された柊先輩。
 集中力が切れた潤を見て「いつもの潤だ」と安心した奏&琴と、「仲直りするの早まったかな・・・」と思った柊先輩。

・クロミパンクに「ダークパワーの曲より邪悪なエネルギーを感じる」と言った(らしい)ピアノちゃん。
 伊達に何年も怨みを溜めてません。
・突撃してダーちゃんに軽く黒こげにされたバク。
 「今何か光った?」「さあ?カラスでも感電したんじゃないの?」バクの存在を完全に無視した琴と奏。
・「♪タンスに自分しまっとけ!」で本当に巨大なタンスが具現化。
 まだ風邪状態のハリネズミくん(とついでにフラット)も黒こげにし、邪魔者はいなくなったと喜ぶダーちゃん。
・ウサミミレンジャーズになりたがる潤。「アニキプリーズ!」「僕にどうしろと」(by潤&柊先輩)
・歌を庇ってダーちゃんのビームを喰らった小暮。その様子をしっかり見た柊先輩。
・そこに、家の植木鉢にピンク音符が生っているのを見つけた雅彦が、その植木鉢を持ってきました。
・クロミが捨てた黒音符を拾ったマイメロが、その黒音符を植えて愛情をこめて育てた結果、
 8個のピンク音符が実ったらしいです。
 「突然過ぎやろ!」「だって本当のことなんだもん」(by真菜&マイメロ)
・「最終回なのに危うく出番がなくなるところだったよ」マイメロの隠れた行動のおかげで助かった雅彦。
・ピンク音符8個がメロディボックスに入り、
 「これで『ダーちゃんをやっつけて』『世界を救って』ってお願いすれば・・・」と皆がホッとする中、
 「メロディタクトを直して」とお願いしたマイメロ。
 「だってマイメロ、メロディタクト直したかったんだもん」最後まで自分のことばっかりなマイメロ。
・早速くるくるシャッフルをすることに。
 「マイメロ、呪文間違えないで」「噛んでもダメよ」「とちりおったらシバくで」
 早口言葉に関する前科がいっぱいのマイメロにプレッシャーをかけまくる一同。

・そこでマイメロが「皆が一緒に言ってくれたら、マイメロ上手く出来そう」と言い出し、
 テレビの前のお友達も早口言葉を言うことに。今年も最終決戦に視聴者参加。
・ご丁寧にテロップつきで早口言葉を言うマイメロ。
 しかし早口言葉はちゃんと言い切ったのに、何も召還されず。
「え?テレビの前に、上手に言えなかったお友達がいるの?」と言い出したマイメロ。
 仕方が無いのでもう一回、
 今度はゆっくりテレビの前のお友達と一緒に早口言葉を言うことにしたマイメロ。最終回だから特別らしいです。
・今度はテレビの前のお友達も全員ちゃんと言えたようで、召還成功。
 今までに出た全てのお助けキャラが召還されました。ウサミミ仮面についてきた潤。
・クロミを解放してとダーちゃんに頭を下げるクロミの両親に、
 「そんな生易しいことで返してくれる相手じゃないわ」と言い切ったマイメロママ。現実主義。
・しかしマイメロママの毒舌攻撃もダーちゃんには通じず。
 潤の「バカにすんな」ビームをきっかけに総攻撃開始。
 早口連続毒舌攻撃を一気に畳み掛けるマイメロママ。
・王様&王妃様のラブラブビームやリズム達の噛み付きでダークパワーが弱まり、トドメを刺すチャンス到来。
 トドメを刺す役に名乗り出たのはマイメロ。技はもちろんマイメロビーム。
 「もう一息なのに・・・」皆諦めました。
・しかしマイメロビームに当たったダーちゃんがその「わけのわからん」力に苦しみだして倒れました。
 やっぱりマイメロ>ダーちゃん。
・ダークパワーの源だったクロミノートが落ちてきてマイメロの頭の上に。
 「恐るべし、マイメロ・・・」なんかグダグダな展開に唖然とする歌たち。
・ダーちゃんの力が弱まったために目覚めたはいいものの、現在の状況がよくつかめないクロミ。
・柊先輩にイケメンビームで「クロミごと」ダーちゃんにトドメを刺すように言う王様。
 柊先輩やバク等を除いて、クロミが世界のために犠牲になるということで満場一致。現実主義者ばっかり。
・ようやく現在の状況を把握してダーちゃんの被り物を脱ごうとするものの、
 「クロミの心から憎しみが消えない限り、永遠に脱げることはない」と言われ、絶望するクロミ。
 「クロミ様から憎しみを取ったら何も残らないゾナ」何気に酷いことをさらっと言ったバク。
・やっぱりクロミを犠牲にすることにした一同。
 「わーい、マイメロのことがいっぱい書いてある」離れたところでクロミノートを読んでいるマイメロ。
・しかしクロミにイケメンビームを撃つことができず、
 「もうイケメンビームを撃つ力は残っていない」と嘘をついた柊先輩。
 「だったらウサミミ仮面の最終究極奥義、ウサミミテイルボムを撃てばいいのじゃ」まだカオスな技が残ってたようです。
・柊先輩に「アタイごとダーちゃんを撃って」と言ったクロミ。
 「柊サマが世界を救った英雄になれるのなら、たとえ再起不能になってもクロミは幸せ者です!」
 今、完全にこの人がヒロインです。

・それでもクロミを倒すことができない柊先輩の代わりに、クロミにトドメを刺すと名乗り出た小暮。
 「ヘタル・・・」最後までヘタル呼ばわりするクロミ。
・「夢野・・・俺のこと嫌ってくれていいから」覚悟を決めた小暮。
 しかし「柊サマのテイルボムじゃないとやだ?い!」と却下したクロミ。結局それか。
・その時、クロミノートを読んでいたマイメロが
 ようやく自分がしてきたことに気づいたらしく、クロミに涙を流して謝りだしました。いつになく素直。
・それを見てまたダーちゃんに支配されたクロミ。
 反省して、自分からさっき現れたタンスにしまわれに行ったマイメロ。そのタンスに入ったら二度と出てこれないとのこと。
・歌たちの制止空しく、タンスの中に入り、タンスの扉をゆっくりと閉めていくマイメロ。

 夢が叶う時

 そんなマイメロを見つめるクロミ。クロミがずっと持っていた「夢」が叶う時はすぐそこ。
・そしてタンスの扉が完全に閉じられようとしたその時、

 叶えられない夢

 突然ダーちゃんが爆発。
・マイメロの方に飛んでいったクロミ。

 かけがえのない人へ

 「マイメロー!こんにゃろー!
  お前がいなくなっちゃったら、アタイは誰とケンカすりゃいいんだよー!」

 タンスにクロミが突撃。タンスが爆発し助け出されたマイメロ。
・そして残されたダーちゃんには、

 最終奥義ケツ振り

 ウサミミテイルボム×8。
 かなり恥ずかしい必殺技がこんな時に来ました。やっぱりこのアニメカオスだ。
・ウサミミテイルボムを喰らって小さくなったダーちゃん。
 「悪夢を食べる」というバク一族の真の使命が今わかったバク。
・バクによって「悪夢」ダーちゃんは食べられ、ダーちゃん完全消滅。
 バンザイして喜ぶ一同。マイメロと握手しようとして、やっぱり止めたクロミ。
・柊先輩から大量のピンク音符が。本日二度目のコンプリート。
 マイメロが願ったのは、「ハリネズミくんの風邪を治して」ズッこけた一同。
・「皆さん、マイメロを責めないでね」テレビの前のお友達にお願いしたハリネズミくん。
 何はともあれコロリで全てが元通り。しかし病み上がりなので夢ヶ丘の人たちには効果が出ず。
・戦いが終わり夢ヶ丘中に温泉が噴出。夢野家で大団円パーティー。
 前口上を完全に無視された大臣。
・牛乳が気管に入り、クロミに牛乳を吹きかけたマイメロ。
 「シロミちゃんになっちゃってるじゃねぇかよ!」「シロミちゃんごめんなさい」この2人はこれからもこんな調子なようです。
 そしてクロミノートも続行。
・自分の夢の1つを叶えるために歌に告白しようとしたら、
 歌に「ずっとずっと応援してます!妹として!」と言われて玉砕した柊先輩。自爆しちゃったよ。
・凍りついた柊先輩を置いて、小暮を自分の部屋まで引っ張っていった歌。
・告白の返事を今すると言い、小暮に目をつぶっててとお願いした歌。
・そして目をつぶった小暮に歌は、

 夢が叶う時

 「返事」達成。
・その様子を部屋の外から盗み聞きしていた柊先輩。
 潤に「無粋なことすんなよ?歌ちゃんに嫌われちゃうぜ?」と言われ、また凍りついた柊先輩。
・落ち込みながら夢野家から出た柊先輩。外でおでんを食べてた負け犬四天王。
 バクに仲間だと言われ、柿崎からは「歓迎するよ」と言われ、キレておでん屋台をぶっ壊した柊先輩。
・エピローグ。
 思いっきりバイオリンを弾く為に、一流のギタリストになる為に、2人でヨーロッパへ旅立っていった柊兄弟。
 ってピアノちゃんはいつまで髭つけてんだよ。
・マリーランドへ帰るマイメロ達。最後は笑顔で手を振ってお別れした歌とマイメロ。
・「あなたの夢が、マリーランドと共にありますように」最後の最後に締めたのは王妃様。
・新シリーズはマリーランドのプリンセスの座争奪戦。
 マイメロがプリンセスになったらヤバいことになるのは間違いないです。


○まとめ&キャプ詰め
ずっとその時を夢に見てきたのに、
いざマイメロがいなくなるということになったら、そんなことはさせられなかったクロミ。
何だかんだ言いながら結局は幼馴染でした。

というかクロミのマイメロ救出で感動した直後にあのウサミミテイルボムはダメだろ。
一斉に尻を振るウサミミレンジャーズで爆笑した。

どうでもいいけどあのマイメロがタンスに入ったシーン、最後までマイメロ腹黒説を貫くなら、
クロミがああすると確信しててわざとタンスに入ったという可能性も。
それはそれでクロミのことを信頼してたということだけど。


今回本当に夢が叶った小暮。
告白の返事で「目をつぶって」といったらもうキスしかないと思ったらやっぱりキスでした。

そして結局第2期本編の最後を負け犬で締めくくったアニメ、おねがいマイメロディ。
歌の「妹」発言と告白シーン盗み聞きで柊先輩完全にノックアウト。
自分の過去の発言のせいでフラれたというのは自業自得と言えば自業自得。
でも柊先輩にはまだバイオリンという夢が残ってます。



というわけで、色々なことに完全にケリがつき、「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」完結です。
次回からは「すっきり♪」です。何がすっきりなのかはわからないけどすっきりなのだそうです。


ファイナルクロミパンク & 全員集合総攻撃

犠牲と友達とダーちゃんの最期

変わらない2人 & さらば初めての夢
スポンサーサイト
トラックバックURL
「夢がかなったらイイナ!」柊様。・゚・(ノД`)・゚・。ダークパワーの曲より邪悪...

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。