ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰ってきた鍵少女 ?「ケロロランド」Vol.13
注:RAZUNAは「小説侵略!ケロロ軍曹 深海のプリンセスであります!」は購入したものの、
  現在ヨッシーアイランドDSにハマってしまっているためまだ手をつけてません。


○劇場版超特集
・ケロロVSメール(ちょっと成長体)&ギロロ。
 どう見てもギロロ操られてます。メールと同じ目になってます。
・危険がいっぱいのケロボールの中を、ちびプルと手を繋いで走るちびケロ。
 そして後ろにちびクル(青)の影。

○「あの頃ケロロ軍曹 ケロン★スター争奪大戦!!」
・謎の敵襲来。それにいち早く気がついたちびクルとガルル。
 ちびクルはこの敵襲来を予想していたようです。
・そして決勝戦はやっぱりケロロVSメタタ。

○ケロロネンドげきじょう
入学式で、ギロロの制服を女物にすり替えたクルル。
クルル、こんなところでまで。


○書き下ろし 超劇場版ケロロ軍曹2 外伝「あの頃、あの時・・・」
・軍事博物館に遠足に行くことになったちびケロ達。
 クラスメートの中にNintendo DSやってる人がいます。相変わらず時代を越えてる。
・バスの中で物凄い酔ったちびケロ。
 心配したちびプルに触られたのがトドメになって盛大に噴出。
・博物館到着。見学の前にちびケロを少し休ませることにしたちびプル達。
・少し休んで少し回復したちびケロから「先いっていいよっ」と言われたので、
 「絶対何か企んでる」と思いつつも、ちびケロとちびギロだけを残してゼロロと一緒に先に行くことにしたちびプル。
・そしてちびプルの予想通り企んでたちびケロ。
 優等生2人が消えた途端元気になり、ちびギロと一緒に博物館を裏口から勝手に探索開始。
・正規ルートで博物館見学を始めたちびプル達の前に、博物館の案内人が登場。






 って鍵少女ミララーーーーー!!!!!
 ビックリした!






なんか博物館案内用ホログラムとして再利用されてたミララの案内で、博物館を進むちびプル達。
 ちびケロ達が大丈夫かどうか気になって、ミララの話を全く聞いていないゼロロ。
・「ガマ星雲全ての住人の始祖」とされてるマロン人の紹介をするミララ。
 そんな事はそっちのけで、どうしても気になるのでちびケロ達を呼びに行ったゼロロ。
 「ドロロ君!」ちびプルが凄い呼び間違いしてます。時代越えてる。

・「侵略種族」マロン人の王族が変身できるという「究極侵略形態」を
 1ページ半ぶち抜きで紹介するミララ。
・「マロン人王族の究極侵略形態」に「すげー!」と感嘆するクラスメート達の横で、
 「ケロン軍が極秘にしてるキルルに似てる」と言い出したマニアのクラスメート。
 もちろんちびプルはキルルなんて知らなかったけど、知ってる人は知ってるレベルなのだろうか。
 このマニアもトロロと同じでハッカーだったりして。

・ようやくちびケロ&ちびギロ&ゼロロがいないことに気がついた教官。
 見学を中止して皆で3人を探すことに。
 「あの・・・もーおかえりですか?」ミララ可愛いよミララ。ど疲れさん。
・博物館館長に捕まえられてたちびケロとちびギロ。
 「あんなところ」に入って「すっげーもん」を見たと言うちびケロ。
 その「すっげーもん」は秘密のまま、帰りのバスが発車。
・バスが行ってしまった後、
 ちびケロ達を探してたらクラスメイト全員から忘れられて、1人駐車場に取り残されたゼロロ。

ちびプル&「伝説の巨獣」が登場し、ちびケロが謎を残したまま話は終了と、
いい感じに超劇場版2の長編短編どちらのプロローグにもなってる話でしたが、
始めに読んだ時いきなり出てきたミララで噴いてそれ以降はミララしか見てませんでしたごめんなさい。
なんとミララがこのタイミングで原作に登場です。一年遅れです。
ちなみにキルルは原作13巻でピンナップ2枚&外伝&超劇場版草案、更にアニメ本編で特別出演と出まくってます。


ミララは今は博物館の案内役として再利用されているそうです。やっぱりセリフは全て棒読みですか。
ところで、キルルのことを知ってたマニアの人は、ミララのことは知ってたのだろうか。
ちなみに後で気づいたけどこのミララ、「いと」を一切言ってませんでした。


とにかく吉崎先生の描くミララがこんな形でこんなに拝めるとは思いませんでした。
やっぱりミララ可愛いよミララ。


○4コマ「湯ったりケロ乃湯大作戦!!」
温泉を掘り起こすのは失敗したので、今度は銭湯を1から作ることにしたケロロ小隊。
クルルの風呂は効力は真面目でも見た目が悪すぎる。そしてドロロの風呂はどう考えても落ち着けない。

○4コマ「おでかけケロロ小隊!」
ケロロ小隊のレストラン。アイスをデザートじゃなくて料理だと言い張るタママ。
冬樹がトイレに行ってる間、トイレの外で寿司持って待機してたドロロ。そこで待たなくても。

○4コマ「映画100%予想ヨンコマ」
・映画公開一ヶ月前の情報から下江田先生が展開を大胆予想。
・その1・・・謎の宇宙人(メルマル)にさらわれた夏美。そして溺れる冬樹。
・その2・・・ヒロイン達は全員水着。そして溺れる冬樹。
・その3・・・夏美をかけたバトル、なぜか共鳴で苦しむメール、愛が芽生えたメルマル、そして溺れる冬樹。
・その4・・・鍵を握るのはケロボール。色々あってメルマルの城が崩壊。そしてやっぱり溺れる冬樹。
・「押忍」言ってるメール可愛いよメール。
 ウェディングドレスに憧れるマール可愛いよマール。そしてどうあがいても溺れる冬樹。
 意地でも溺れる冬樹は今回の4コマで一番笑った。ところで、メールとマールが逆になってるんですが。

○4コマ「やっぱケロンでSHOW!」
・宇宙ひなあられで夏美が5歳に。
 ケロロの目に思いっきりパンチした幼夏美。これは痛い。
・同じく5歳になったモアとルシファースピアを取り合う幼夏美。
 ドロロが仲裁に入って幼夏美と仲直りした幼モアは、
 「ちょっとだけ地球割らせてあげるね」とルシファースピアを幼夏美に貸してあげることに。止めろ!
・幼夏美、ギロロのテントに突撃。ギロロのテントで暴れまくる幼夏美。
・時間切れで、ギロロのテントの中で元に戻った夏美。あまり状況は変わらず。

○4コマ「さくら日和」
やっぱり勢田先生が描くタママはひたすら可愛いです。
おひなさま&恋の予感にハシャぐタママ可愛いよタママ。

○4コマ「世界名作劇場」
・今回は特別編。ぶっつけ本番で赤ずきんをすることになった劇団ケロロ小隊。
・赤ずきん役タママが、公演中にお見舞いのお菓子を全部食べてしまったので公演中に主役交代。
・オオカミ役をマスターするために、前日からずっとオオカミと過ごしてたので遅刻した小雪。
・というわけでギロロが代役でオオカミ役をすることに。
 始めは文句を言っていたものの、夏美が赤ずきん役の代役で登場しギロロ興奮。
・赤ずきん役をケロロに交代して仕切りなおし。
 オオカミ役の宇宙お好み焼きFX(改)にマジで食われたケロロ。
・そしてモアがハルマゲドンでケロロを救出。グダグダなまま赤ずきん終了。

○4コマ「幼年期日和」
・鳥ケロン人コンテスト開催。
 某科学忍者隊のコスプレして出ることにしたちびケロ。もちろんアニメの様にはいかずすぐ落下。
・作戦その1・・・風船で飛ぶ。
 ガス風船じゃないと浮かないと知り、芋をたくさん食べてオナラを風船に入れることにしたちびケロ。なんかゾロリ的。
・しかしオナラを口で吸って風船に入れると言う荒業をしなければならないとわかったため、作戦終了。
 普通に直接入れるのではダメなのか。
・作戦その2・・・自転車に翼やプロペラをつけて飛ぶ。
 勝手にゼロロの自転車を改造し、問答無用でゼロロを実験台として乗せて川に突き落としたちびケロ。
・作戦その3・・・巨大紙飛行機に乗って飛ぶ。
 実験台はちびギロ。やっぱりちびギロを問答無用で川に突き落としたちびケロ。
・ちびギロ&ゼロロが流されて行ったので諦めて帰ろうとしたちびケロの前に、
 ちびギロがゼロロをかかえて逆襲しに登場。
・ちびケロを問答無用で巨大パチンコで吹っ飛ばしたちびギロ。
 さっきの芋で出たオナラでちびケロ加速。やっぱりゾロリ的。
・パチンコ+オナラで凄く飛んだので、結局コンテストに出ることにしたちびケロ。
 駅でコンテスト行きの列車を探していたら、ちびギロがレアな列車を見つけ大興奮。
 尻尾立たせてるちびギロ可愛いよちびギロ。
・そのレアな列車に間違えて乗ってしまったちびケロ。
 「うらやましい!!」本音を出したちびギロ。また尻尾が立ってます。
・列車の中で、同じく列車を乗り間違えた556と会ったちびケロ。
 傘を持ってコンテスト会場上空から飛び降りる気満々の556。


という訳で、まさかのミララ登場で盛り上がったので、これから小説版を読もうと思います。
土曜日には読み終わりたい。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。