ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腹黒王マイメロ ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第49話「ありがとうって言えたらイイナ!」
・相変わらずバラ風呂が好きなダーちゃん。
 風呂から上がったばかりのダーちゃんを、ウサミミ仮面正体明かしの現場まで無理やり連れ出した潤。
 ダーちゃん鼻水出てるぞ。
・ウサミミスタンプが溜まったのでウサミミの刑終了。
 「ウサミミ仮面が先輩さんだったなんて・・・ウサギ族じゃなかったなんて・・・」問題はそこなのかマイメロ。
・自分ももったいぶりながら正体を明かしてみたはいいものの、
 既に皆に予想されてしまっていたので完全に空回りしてしまったシツジ仮面(セバスチャン)。
・次の日の朝、正体明かしたことで皆にバカにされる悪夢を見た柊先輩。
 「返して?!マイメロのウサミミ仮面さんを返して?!」マイメロの反応の予想が、柿崎リベンジ話の時のとは180度違ってます。
・そして起きたら早速潤に思いっきりバカにされた柊先輩。
 更に学校でウサミミ仮面正体バレのビラを思う存分ばら撒いた潤。
 そのビラを見てなんとなく柊先輩に勝った気になった柿崎。
・柊先輩の負け犬化に大喜びのバクに怒ったクロミは、
 バクののどを突き抜けそうな勢いで上からキック。これは痛いってかグロい。
 「マイメロも知らなかったみたいゾナ」「そんなの演技に決まってんだろ!」さすがクロミ、マイメロの本性をよくわかってます。

・柊先輩がウサミミ仮面やらされてたのは歌&マイメロのせいだと考えた柊親衛隊の姉妹。
 そこにやって来たクロミ。上で話してるクロミそっちのけで落ちてるビラの回収に勤しむバク。
・昨日セバスチャンから事情を聞いた歌たちは柊邸へ。まだ泣いてるマイメロ。
 バカにされると思って歌たちに会おうとしない柊先輩。

・そこに悪夢魔法がかかった柊親衛隊が。
 ウサミミの刑が解けて魔法への抵抗力がなくなった柊先輩をバク車に乗せた柊親衛隊。
 「ウサミミ先輩さん!」言いたい放題なマイメロ。
 「女の敵はいつだって女」(byマイメロママ)ということで、歌&マイメロに逆恨みしてるクロミ。

・歌を柊先輩に二度と会わせないために、バク車発進。歌たちもセバスチャンの車で追いかけることに。
・その頃、結局湯冷めして風邪ひいて凄い熱が出て完全にダウンしてしまったダーちゃんは、
 黒音符コンプの瞬間に居合わせるために、大臣の体を見捨てて別の誰かに憑くことに。
・柊先輩に魔法の巻き添えにしたことを必死で謝るクロミ。そんなこんなで歌たちが追いつきました。
・柊親衛隊が愛の力で柊先輩を守ると言っているので、
 恋愛コーチフラットに柊親衛隊を説得させることにした小暮。それは大丈夫なのか。
・そこにダーちゃんも到着。とりあえずフラットに憑いてみたダーちゃん。
・しかし柊親衛隊に「チョイ悪ネズミ」呼ばわりされたダーちゃん。
 「チョイ悪じゃだめなのダー!スゴ悪なのダー!」ということでフラットはアウト。こだわっているようです。
・馬役のバクが潜水艦に変身し、海の中に逃げ込んだ柊親衛隊。
 どうしようか困っている歌たちの横で、「こんな時は!」とどこかに電話をかけた美紀。
・そして海の中の柊親衛隊の前に現れたのは、人魚スーツを着たマイメロと、

 元祖カオスの化身

 ピアノちゃん&魚の大群。
 第1期でマグロを素手で捕らえたらしいピアノちゃんはいつの間にか魚の大群を従えるほどにまでなっていたようです。
 ってか「こんな時もピアノちゃんならどうにかできる」と自信満々にピアノちゃんに電話した美紀はなんか凄いな。


・突然海の中に現れたピアノちゃんにビックリした柊親衛隊。
 魚の大群に襲われ海上に引き上げられたバク潜水艦。
・今度は海をも支配する最強の羊ピアノちゃんに憑いてみたダーちゃん。
・しかしピアノちゃんは「ダー」と言えないのでアウト。
 「ダーって言えないのでは意味が無いのダー」それ以外の言葉も全く喋れないことの方が問題だと思う。
・潤にそそのかされ、最後の手段として柊先輩をバクロケットで宇宙に飛ばした柊親衛隊。
 自分たちも柊先輩に会えなくなることについては「耐え忍ぶ・・・これもまた愛よ」ということらしい。
 「先輩さんさようなら?」ウサミミ仮面は終わったので柊先輩はもう用済みということなのかマイメロ。

・マイメロのくるくるシャッフルを阻止するために、遂にマイメロに憑いたダーちゃん。
 しかし、

 主人公完勝の瞬間

 「ぎゃああああ!な、何だこいつの心の中は!!」と断末魔を上げ、
 マイメロから一目散に飛び出して行ってしまったダーちゃん。
ダーちゃん負けちゃったよ!!!
 「恐ろしい、恐ろしいのダー・・・」なんとマイメロの腹黒度はダーちゃんすら畏怖の念を感じるようなレベルだったようです。
 もうマイメロがラスボスでいいだろ。


・気を取り直してくるくるシャッフル。出たカードは、

 数回目の正直

 大臣ーーーーー!!!!!

・また素っ裸で股間にシール貼って現れた、風邪がまだ治ってない大臣。
 今回はダーちゃんや他の誰の邪魔も入りません。待ち望んでいた瞬間を遂に迎え、張り切りまくる大臣。
・「風邪なら今日はやめておく?」と言うマイメロに、必死に「やめないで!」と訴える大臣。
 「私がこの股間・・・いやいやいやこの瞬間をどれだけ待ったことか!」なんか言い間違えてます。
 「大臣さんで大丈夫かなぁ」歌&琴からも心配されてる大臣。

・そして大臣は柊先輩を助けるために、「マリーランド宇宙開発部」に電話。
 マリーランドは宇宙進出も狙ってるようです。頑張りすぎ。
・宇宙を漂う柊先輩に、王妃様から今救助が向かったという通信が。
・「ウサミミスタンプが溜まったのに、なぜ夢が見つからないんだ」と王妃様に尋ねた柊先輩。
 「夢ならもう見つかっていますよ。気づいていないのですか?」と柊先輩に優しく諭した王妃様。
・マリーランドのロケットがバクロケットを捕獲。柊先輩地球に帰還。
 さっきまで自分が抱かれていたバクロケットを見て嫌な気分になった柊先輩。
・大臣が待ち望んでいたもう一つのイベント、メロディキャンディー受け渡しも無事終了。
 「あま?い!お?いし?!」大臣が十分満足したところで、結局大臣の体に帰ってきたダーちゃん。
・解説しに来たハリネズミくんにせき攻撃を喰らわせたダーちゃん。やってる事がしょぼいぞラスボス。
 ハリネズミくんに風邪をうつしたので、風邪がようやく治ったダーちゃん。

・歌たちの前に立ち、「笑いたい奴は前に出ろ」と言った柊先輩。
 真っ先に前に出て吹っ飛ばされたバク。少し笑ってしまった奏。
・「とんでもないです!私、いつかウサミミ仮面にお礼が言いたいって、ずっと思ってました」
 歌たちからお礼の言葉と拍手を貰い、少し戸惑っている柊先輩。セバスチャンの目には涙が。
 でも琴が言った「ウサミミ仮面のおじさん」はやっぱりショックらしい柊先輩。

・そんなとても感動的な空気の中、

 柊先輩の存在意義

 「返して!マイメロのウサミミ仮面さんを返して?!」
 って何やってんだマイメローーーーー!!!!!だからなんでそんなに空気を読まないんだよ!!!
 そんな最悪なマイメロをしれっと海に投げ捨てた柊先輩。
 冒頭で柊先輩が夢に見た皆の反応予想が一人だけ見事に当たってしまいました。


・そして、「夢野君、潤を助けよう」と遂に決心した柊先輩。
・そんな完全に歌側についてしまった柊先輩を見て、「どうして・・・?」とショックを受けてるクロミ。
 そのクロミのダークオーラを敏感に感じ取ったダーちゃん。
・柊親衛隊が黒音符を2個出したので、黒音符コンプ。
 我先にとメロディーボックスに飛びかかるクロミと潤。
・しかしダーちゃんがメロディーボックスを横取り。
 ダーちゃんがメロディーボックスにマリーランド滅亡を願ってしまったところで次回へ続く。
 そんな次回は負け犬仮面が大活躍。「なんでバクくんがそこにいるの?」(byマイメロ)。
 そしてウサミミスーツを着る柊先輩が。



○まとめ&キャプ詰め
今回のマイメロは、クロミに「始めからウサミミ仮面の正体を知っていたに決まってる」と見抜かれたり、
ウサミミの刑が終わった柊先輩を快く宇宙に送り出そうとしたり、
皆が柊先輩にお礼言ってる最中にウサミミ仮面をやめた柊先輩を責めまくったり、
あげくの果てに心の黒さでダーちゃんに完全勝利したりと、
まさに腹黒の名に相応しい大活躍っぷりでした。

ダーちゃんがマイメロから飛び出すシーン、
何でダーちゃんはマイメロの何が恐ろしかったのかをボカしちゃったんですか。それが言えないくらい怖かったんですか。


最後にクロミが一瞬出したダークオーラがなんか気になります。
クロミノートを見て(?)、ダーちゃんが「いい物持ってる」と言ったのも何か今後に繋がるのだろうか。


正体バレと涙

チョイ悪&カオス&フライハイ

大臣の晴れ舞台

感謝の気持ち&決戦スタート
スポンサーサイト
トラックバックURL
「ありがとうって言えたらイイナ!」ハーイ。スタンプコンプリートおめでとう。魔法に...

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。