ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミヒマル優先 ?「さよなら絶望先生」第七集

さよなら絶望先生 第7集


カバー下は小森のアップと千里&可符香のカカオ99%考察。

○第六十三話「蟹優先」(テーマ・・・優先順位)
漢なので、この話の感想を優先します。

・「宿題の優先順位を決めようとする時点で優先順位が間違っている」確かに。
燃える家の中に取り残された妹よりアニメグッズを優先した万世橋。そりゃ叩かれるわ。
・サービスショットでは、カエレのパンチラよりも名も無いおっさんの全裸を優先。
 という訳で、今巻の書き下ろし2ページぶち抜きはおっさんの全裸でした。下隠せよ下!!
・そして久米田先生が締め切り間近の原稿より優先したものは、
 ミヒマルGTの似顔絵。何で!?
・話をまとめることを優先するあまり、オチがおざなりに。
 万世橋は準レギュラー入りなのか。

という訳で、おっさんは特大コマで下半身を露出するわ
その次のページでmihimaru GTの似顔絵は出るわで笑いまくった。
漢なので、テスト勉強よりもテスト期間真っ最中に出るmihimaru GTのライブDVDを優先する予定です。

○第六十一話「縁のある阿呆の一生」(テーマ・・・縁)
何かに縁がなかった人たち大集合。アニメ化に縁が無い人にとってヤシガニは救いらしい。
そして女生徒たちと縁を作りまくりな絶望先生。登場に縁がない絶縁先生。

○第六十二話「不便百景」(テーマ・・・テクノストレス)
奈美のパソコン修理の話は確かに納得いきません。
エピローグの絶望先生コピーロボの一斉首吊り笑った。

○第六十四話「ツルムの小心」(テーマ・・・集団的自衛権)
究極の集団的自衛権はカルト教団。絶望先生の社会的信用を落としまくる可符香。
カエレは多重人格による一人集団訴訟を展開。


○第六十五話「半分捕物帳」(テーマ・・・半々)
テーマが「正確な半々」ということで千里大活躍。千里にかかれば半泣きもホラーに。
きちんとした半分にするためにいいことをする千里を「使い方」と言う可符香。


包帯で正確な半裸を再現した千里。どう見てもサービスショット。
半オチにするための火薬の量の基準は何なんだ。


○第六十六話「二束三文オペラ」(テーマ・・・豊作貧乏)
無闇に増えすぎてる深夜アニメに一喝する藤吉。
千里は倖田來未のシングルを5年に1枚に間引き。
とりあえず倖田來未さんはベストアルバムを出しすぎだと思う。何で2005年から3年連続で出てるんだ。

そして間引きがバトルロワイヤルに発展。
千里から逃げるために皆で絶望先生の形に合体。「そして2人は1つに」笑った。

○第六十七話「誰がために金はある」(テーマ・・・親の遺産)
親の七光りな人たち大集合。ゲド戦記から世界を巻き込むような人まで。
エピローグ、木目糸の避難ロープってちぎれそうなんですが。


○第六十八話「文化系図」(テーマ・・・理系・文系・体育会系)
文化系体育祭が非常にネガティブです。高橋名人は体育会系だったらしいです。
そして体育会系による投げキッスの大群が怖いです。こんなのが飛んできたら誰もが逃げるぞ。


実はスポーツ神経抜群な文化系、藤吉。
その能力はコミケと漫画の1シーン再現のために使われているらしい。

○第六十九話「バラバラの名前」(テーマ・・・タイトル返上)
「世界の中心で愛をさけぶ」→「オーストラリアの観光地で人灰をまく迷惑な日本人観光客」
身もふたもなさすぎだ。

ドラクエ2がハーゴン主役の話になっちゃってます。「1」って2はあるのか。
紙ブログのゼルダの伝説ネタ、ゼルダの伝説はそもそも「ゼルダの」の時点で何か間違ってる気がします。


そして「さよなら絶望先生」にふさわしい状況に追い込まれた絶望先生。
久藤と少年誌的などうでもいいバトルを繰り広げた木野もキャラ紹介。

○第七十話「原型の盾」(テーマ・・・原型)
ハロウィンという名の何でもありなコスプレパーティーに巻き込まれた絶望先生。
千里のキキコスプレはセーフなのか。
新約巨人の星は凄くグダグダな会議のもと始まったらしい。


原型留めていない可符香が可愛かった。
そして妙に重いオチ。改蔵&羽美&地丹がゲスト出演。

エピローグは南国初期の絵柄で描かれた絶望先生。爽やかだ!
紙ブログの羽美とすずのフィギュアの自虐ネタも笑った。



おまけは「塗りつぶすと問題がある」イラストロジック。
2chによると、上の問題は問題にミスがあって完成はできないけど某バーローが、
下の問題は久米田先生からある人へのメッセージが出てくるらしい。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。