ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんたも主役 ?「ケロロ軍曹」第14巻 特別版

ケロロ軍曹 (14)


2年連続劇場版直前特別版。おまけはちびケロ&メール&マールのストラップ。
今までの特別版の表紙は決まって夏美だったけど、今回はモアです。
ドロロが一人寂しいところにいます。

○カラーピンナップ
ブラ&パンティーオンリーで露出しまくりな夏美が2ページぶち抜きです。髪型を見ると大人仕様?
そしてドロロが表紙に引き続き可愛そうなことになってます。


○収録話
第百拾話「嫌的、嫌的、嫌的、奴的存在・・・の巻」(クルル小隊)
第百拾壱話「嗚呼、夢・遊泳場付一戸建・・・の巻」(レジャープール)
第百拾弐話「暑中物語混戦模様・・・の巻」(カプー)
第百拾参話「チャレンジ! 宇宙体操・・・の巻」(宇宙ラジオ体操)
第百拾四話「宇宙心霊科学大実験!・・・の巻」(幽霊桃華)
第百拾五話「死闘!! 炭水化物大決戦!!・・・の巻」(ガルル&ギロロVS芋)
第百拾六話「アイツとララバイ!・・・の巻」(改造掃除機)
第百拾七話「真説、黙示録予言・・・の巻」(モアのやりたい事)

今巻のケロロ。
・本気の勝負の中で眠っていた戦士の血が呼び覚まされたケロロ小隊の中で、
 一人だけ最後までそうなることがなくユルユルととんち勝負。
・ノントルマ事件の時の「見苦しい行動」のことをようやく冬樹に謝る。
改造した掃除機で夏美のパンツを無理やり脱がせて完全勝利。
豹変したモアに驚きすぎて凄い顔になる。

今巻のギロロ。
巨大な夏美を見て「完璧だ・・・」と言い出す。
更に夏美の尻に潰されて「本望」とか言いながら死にかける。
・ガルルの深い意味のない再登場に動揺して「兄ちゃん!」と素が全開になる。

今巻のクルル。
・腑抜けたケロロ小隊に喝を入れるために暗躍。
・素のギロロを見て笑いが止まらなくなる。
・カレー作りにハマる。
・助手のモアがいなくなってしまい、「チッ・・・」と言いながらモアを助けるために暗躍。

今巻のドロロ。
・楽しそうにブログ開設したかと思いきやいきなりクルルに荒らされる。
・クルルに「アサシンNo.1も平和ボケ」と言われて怒る。
・ケロロ達のプール遊びにいつの間にかちゃっかりと参加。
 そして巨大な小雪の手に押し流されて気絶しケロロにおんぶしてもらう。
・「幸福で地球侵略」に「それだよケロロ君!」と大賛成。

今巻のタママ。
・ケロロと一緒にラジオ体操で腕を伸ばす。そして皆勤賞の鉛筆を貰って誇らしげに鼻に挿す。
・自らが考えた幽体分離装置で桃華と一緒に吐きそうになる。
・その後の実験の結果、幽霊になった桃華が行方不明になってしまい
 「モモッチをかえせ?!!」とケロロに詰め寄る。
・豹変したモアを見て「シンデレラボーイズラヴストーリー」を企み、
 その後のモアの豹変を全てビデオカメラに収める。
・その「モアの本性の証拠」のビデオテープをケロロに突きつけたらため息と共に捨てられ、
 自分がまさに嫌な奴な行動をしてたことに気づいて泣き、慰めようとしたモアを突き飛ばす。
・そしてモアが倒れ、このままではモアは星に帰ることになると聞き、
 眠っているモアに一晩中付き添う。
・そのことでモアからお礼を言われて、何も言わずに目を逸らす。
 「モアの本性の証拠」を撮ってきたビデオカメラはゴミ箱へ。

というわけで、今巻の最萌えは第百拾七話のタマモアでした。
やっぱりタママは根は凄くいい子です。素直じゃなかったけど。

○書き下ろし「冬樹のオカルトメモ」
冬樹がカプーとカッパ池についてまとめたメモ。
「カプーの友達たち」との出会いで、皆が自分の物語の主人公だということに気づいた冬樹。

○書き下ろし 第百拾七話エピローグ
モア父&モア母(ティア)が再登場。モア母は初セリフ。
第百拾七話の一件で、「モアはモア自信の心で判断すればよい」と考えを改めたモア夫婦。


○巻末ピンナップ
第百拾弐話にでてきたシナノが温泉に入ってます。
カプーも後姿だけ登場。


「超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!」OP
角田信朗「KERO'T MARCH?ソラミミングリッシュであります!?」 3/17発売
(情報元:2chアニソン板)
角田さんの再来でケロッ!とマーチが2度目の復活。
今回はソロです。「空耳」バージョンらしいです。
c/wにはメールのキャラソン収録。何気に第3期初のキャラソンです。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。