ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
威厳乱用ウエディング ?「ケロロ軍曹」 第百弐拾話「新隊長!号令作戦第一号!?・・・の巻。」
・プラモのシールがずれて動揺しまくりのケロロ。
 直そうとしたら夏美に庭掃除に連れ出され、より一層ずれてしまう結果に。
・物置掃除してて落ちたケロロの前に猫登場。
・ケロロのケロンスターが、
 さっきケロロが落ちた時に胸をぶつけたせいで剥がれかけているのを見つけた猫。
・「剥がれかけ」のケロンスターが気になってそれしか目に入ってない猫。
 ケロロが猫に狙われているのを感じて逃げようとしたら、襲われました。
・キズだらけで基地に運ばれたケロロ(気絶中)。
 しかし誰もそんなことには関心なし。モアさえもかなりどうでもよさそうです。
・威厳をアップさせるケロンスターを猫に奪われたせいで、
 今までそれで中和されてた人徳の無さが全開状態になってしまったケロロ。
 「どうりでこの男に関心がもてないと」もうケロロをこの男呼ばわりしてるタママ。
・そんな中、突然基地内に今までになかった緊張感が。
 ケロンスターが張り付いた猫が基地内に侵入していました。
 その威厳に全員、あのクルルまでもが直立不動。
・ケロンスターを返してもらおうと猫に近付いたタママとドロロは、
 猫に威嚇され思わず「御無礼をお許し下さい!!!」と敬礼。
 「いちおう返してもらうのがスジかと」「いちおうそれケロロ君のだから」ドロロ、『いちおう』と2回言ってます。
・とりあえず、話をするために猫を人間にしたクルル。
 そうしたら威厳に強そうな見た目やら可愛さやらが加わって事態が悪化。
 ドロロの目が非常にヤバいことになってます。この男、もう完全に猫の虜です。
・完全にケロンスターの魔力にヤラれたケロロ小隊(ケロロ除く)は、
 迷わずケロロを見捨て猫について行くことに決定。
・早速猫の指揮による侵略活動開始。
 水を綺麗にしたり無職の猫に働き口を与えたりと、
 全て猫の猫による猫のための侵略活動というか慈善活動。
 それに何の疑いも無くついて行くギロロ達。もちろんドロロは「理想の侵略」だと感激。
・「行動力・・・決断力・・・そして少しの残酷さ・・・まさに理想の隊長だ・・・!!」(byギロロ&ドロロ)
 何気にクローンケロロは理想の隊長の条件に当てはまってた気がします。残酷さが少しじゃなかったけど。
・近所のノラ猫たちの支持も得て、そろそろ本格的地球侵略を始めてはどうかと進言するギロロ。
・ギロロの顔を見て少し考えた猫は、夏美を連れて来いと命令。ただしギロロは抜きで。
 ドロロも迷うことなく皆と一緒に縄持って出動。

・「手際良く」夏美捕獲成功。猫の威厳に夏美もタジタジ。
・猫の次の命令は、夏美にウエディングドレスを着せること。
・早速命令実行。あまりにも素敵なウエディングドレスに、
 モアは涙し、タママ&ドロロは見とれ、夏美本人もまんざらでもなさそうな感じ。ギロロは目が点。
・そして、猫が次に夏美とギロロに下した命令は、
 「おクチとおクチをくっ・・・」
・ここで復活したケロロがケロンスターを奪い返すするために乱入。
・ケロンスター奪還成功。
 再びケロンスターを胸に貼り付け、ケロロ軍曹復活。その瞬間一気に下がった周りのテンション。
・一件落着。「すべてはウタカタのユメ」(byドロロ)。
 ケロロはシール恐怖症になったらしい。

・猫が自分にウエディングドレスを着せた理由がわからない夏美。
 鈍感な夏美に今日もそっぽを向く猫。


猫が最後の命令を言い終わってたら、ギロロと夏美は果たしてどうなっちゃってたんでしょうか。
このノリだと本当に実行しちゃってそうです。

ケロロはケロンスターのおかげでかろうじて隊長をやってこれてたことが判明。
更に猫>ケロロが確定するわで完全にケロロの立場がない話でした。
ケロロ、たまにはってかそろそろ本当に隊長らしいところ見せておかないと。


それにしてもクルルの姿勢を正したり
ドロロを地球侵略のため(という名目)の夏美捕獲作戦に参加させたりと、ケロンスター凄いです。

個人的に今回一番衝撃的だったのは、猫にデレデレなドロロでした。吹いた。


○へっぽこ通信
・マール役は辻希実さん、そしてメール役は桑島法子さんだと公式発表されました。
 桑島さん、タママと合わせたらしろボンとあおボンです。
・2月のアニケロはポールの執事オーディション、ギロロのバレンタイン、時代劇ワンダーランド。
 最終週の話、アニメ公式で発表されてた原作アリサ話とは違う内容が書かれてます。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。