ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とどけマイメロディー ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第42話「ホンキがとどけばイイナ!」
・歌以外の全員が気づいてた小暮の思いに今まで全く気づかなかった歌。
 更に歌以外の全員に思いが気づかれてたことに全く気づかなかった小暮。「似たもの同士」(byマイメロ)。
・そんな話を歌たちがしていたところに、前置き無しで悪夢魔法発動。
 突然クロミパンクが鳴り始め、町中の人が頭を振り始めました。以前にも見た光景。
・クロミから事情を聞くと、以前グロイのオーディションで合格した帆立という男が結局グロイをクビになり、
 別のオーディションを受けることにしたから景気付けにまた悪夢魔法を頼まれたらしい。
 あの合格は悪夢魔法効果が大きかったからなぁ。
・くるくるシャッフルしようとしたら、パワーを充電し忘れてたのでタクトが使えず。
 頭振らされまくってる歌に充電のために今ここで歌ってと言うマイメロ。こんな状況でまともに歌えたら凄いぞ。
・歌おうとしてみたけどダメだった歌。無茶でした。
・クロミパンク演奏終了。
 頭振りすぎで倒れてる町の人たちを見て自信をつけた帆立はオーディション会場へ。
・充電し忘れたことをクロミにバカにされ、
 クロミのメロディキーはいったい誰が充電してるのかということを今頃疑問に思い始めたマイメロ。
・しかし雅彦から髭剃りの充電を頼まれてたことを思い出したマイメロは、
 メロディキーの充電のことをあっさりと忘れて帰りました。
・テンション高いクロミ&バクとは裏腹に、小暮が歌に告白したと知ってテンション低すぎな潤。
 歌の悪口言って潤を怒らせたクロミをはっ倒してかばったバク。クロミが食べてたタコ焼きは台無し。
 「バクのほっぺは肉厚で拳にも優しい」らしい。いつもバクを殴ったり蹴ったりしてるクロミも安心の仕様。

・言葉も態度も軽すぎなので、本気で告白してるのにいつも歌に気持ちが伝わらない潤。
・潤が軽い性格になった理由。
 柊先輩と同じことをやって天才の柊先輩と比較されバカにされるのならば、
 いっそ柊先輩と真逆を行ってやればいいと考えた子供の頃の潤。
 そして真逆に行ってみた結果、柊母が紅茶を噴出しました。そりゃぁいきなり息子がこうなったらなぁ。
・周囲と比較されてグレた者同士、改めて意気投合したクロミと潤。
 「負け犬の味方」バクも加わり、潤の気持ちが歌に伝わるように愛のキューピッド作戦開始。
・花束を持って歌を待ち伏せする潤。
 やって来た歌に向かって「俺の気持ちを受け取ってくれー!」と言いながら飛び出したら、
 歌が財布を忘れたことに気づいてUターン。
そして通りすがりの見知らぬオッサンの胸に飛び込んでしまった潤。ときめいてるオッサン。
・テイク2をしようとして、ギターオーディションの宣伝を見つけた潤。
・歌に本気を伝えるにはやっぱりギターしかないと思った潤は、そのオーディションに出ることに。
・突然潤からオーディションに応援に来るように告げられ、何がなんだかわからない歌。
 マイメロはそんな潤に引き続き好感触。
・オーディション予選開始。歌はいつものおふざけだと思って会場に来ず。
・しかしマイメロがテレビで見てたオーディションの生中継を見た歌の目に映ったのは、
 今まで見たことが無いような真剣な潤の姿。
 ギターにノリノリになって耳を揺らすマイメロ可愛いよマイメロ。
・あっという間に決勝戦。潤VS帆立。もう集中力が限界に来ている潤。
・潤の演奏が狂い始めもうダメだというところに、会場に飛び込んできた歌。
・歌の姿を見た潤は気力を取り戻し、最後まで演奏成功。
・結果は引き分けで延長戦スタート。両者一歩も譲らず。
・演奏できる曲が先に尽きてしまった潤。
 残った曲は、子供の頃風邪引いて寝込んでる潤に柊先輩が弾いてくれた曲のみ。
・歌のために柊先輩の曲を弾くことを決意した潤。
 集中力の限界は既に突破、いつ放心してもおかしくない状態での演奏。
・その美しい演奏を聴いた歌の目から涙が。演奏を終えた潤に観客から拍手の嵐。
・負けを認めてうなだれてる帆立。
 しかし結果発表を前に、「本気でデビューしたい奴がデビューするべき」と言って潤が辞退しました。
・2人きりになった歌と潤。真剣な顔で何か言おうとする潤にドキドキする歌。
 しかしここで遂に潤の集中力が切れ、潤は立ったまま気絶。せっかくの告白のチャンスが台無しに。
・その夜、メロディキーの充電の件を思い出したマイメロ。急展開が続きます。
・次回は今度こそ潤の告白。しかしそこにメロディキーの充電係を探すマイメロ(&フラット)の影が。
 告白寸前でバレそうだ。


○まとめ&キャプ詰め
遂に歌に届いた潤の本気。
あの潤が、前回の小暮に負けないくらい輝いてました。最後の最後でやらかしましたが。

ってか今回最大の告白チャンスを逃した潤、
今回告白しとかないと次回以降大変なことになりそうな感じなんですが大丈夫なのか。


帰ってきたクロミパンク

恋のキューピッド&ときめくオッサン

とどけこのメロディ
スポンサーサイト
トラックバックURL
「ホンキがとどけばイイナ!」ラブコメ&潤メインで、普段ならあまり気が進まないとこ...

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。