ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理想的な配役 ?「小説侵略! ケロロ軍曹 たぶん伝説へ」

小説侵略! ケロロ軍曹 たぶん伝説へ


・目覚めたらいきなり荒野にいたケロロ(勇者役)とモア(案内人役)。
・いきなり現れたサイクロプスと戦闘開始。偶然の勝利。
・救出された姫役タママ。早速モアと火花バチバチ。
・悪の魔女役の夏美と手下役のギロロ。そして緊張感に欠ける623の現状報告。
・勇者ケロロ凱旋。王役の冬樹と妃役の桃華。
・とりあえず魔女夏美を倒す事に。旅立ってすぐにやられて帰ってきたケロロ。
・武器職人役クルル。素直なクルルに違和感を覚えるケロロ。
・機動戦士の剣&盾を手に入れ、ケロロ再び出発。
・城を脱走してついて来たタママ。密偵役ドロロの報告に不安になる冬樹。
・現実世界で本物のモアの現状説明。卵に取り込まれていたケロロたち。
・最強の魔物ネッシーも倒し、最強の武器ナメクジ袋ゲット。
・魔女の洞窟でVSギロロ。剣でバシバシバシバシ殴られ、正気に戻ったギロロ。
・夏美登場。尻叩きの魔法で瀕死状態のケロロ&ギロロ。なんだこの戦い。
・続いて正気に戻ったタママ、ナメクジ袋で夏美に勝利。でもモアの乱入で再びタママ姫に。
・ラスボスっぽい雰囲気でラスボスっぽい会話をする冬樹とドロロ。
・再び凱旋。全て作り物&幻覚だった町。
・冬樹の夢の世界だったファンタジー世界。現実に帰ろうとしない冬樹。
・冬樹を守るドロロ(偽)との戦闘。ケロロを助け、冬樹に消されたモア(偽)。
・ギロロとタママは冬樹により現実に強制送還。二人きりになったケロロと冬樹。
・冬樹を連れ戻す最後の希望ケロロ。あまり信用されてません。
・冬樹の北風に勝利したケロロの太陽。
・正気に戻り、北風に飛ばされそうなケロロの手をつかんだ冬樹。
・長い冒険は終了。全員無事に現実へ。
・別に無理やり連れ戻さなくても、
 時間が経てば卵から解放されることがここにきて判明。こういうことは最後に言うクルル。
・そして最後の謎、妃役が桃華だった件。まさかの冬樹×桃華確定エンド。
・今度は夏美が夢の世界に。ケロロの旅は終わらない。


話的には一番面白かったです。クライマックスは友情で満ち溢れてました。
後、小説版で一番萌えたのは1巻のタママVSカスミ話、一番笑ったのは2巻の某銀色の巨人でした。

そういえば、別世界に取り込まれ、次第に元の世界の記憶を失くしていくって、
クレしん映画で似た様な話があったなぁ。その点以外は全然違うけど。
スポンサーサイト
≪BackHOME | Next≫
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。