ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見た目も中身も ?「さよなら絶望先生」第5巻

さよなら絶望先生 (5)


○第四十一話「白い虚構」(テーマ・・・善意のウソ)
エピローグ、この映画見てないけどこれは善意で言ってないということはわかった。
この映画本当に評判悪いなぁ。

○第四十ニ話「シミと毒出し」(テーマ・・・毒抜き)
やっぱり毒があったほうが萌える。この漫画に限った話じゃないけど。
毒が抜けた千里が凄い爽やかです。別人です。


○第四十三話「雪よ さらば」(テーマ・・・灰色な和解)
読者の見えないところで先生のスネを蹴る小節。

○第四十四話「注文は聞かない料理店」(テーマ・・・自己完結)
智恵先生が本当に久しぶりに登場。
そして自己完結画家糸色景初登場。言ってることが幻覚レベルです。

○第四十五話「身のたけくらべ」(テーマ・・・身の丈に合わせる)
オチのセレブな自殺吹いた。テンション下がりすぎ。

○第四十六話「ベタ・セクシャリス」(テーマ・・・証拠過多)
ずっとモブだった目つきが悪い少女、三珠真夜が主役。
好きなものにいじわる(鈍器で殴ったり家に放火したり)をしてしまう真夜。結局皆に好かれてる絶望先生。
オチの火事をバックに立つ真夜に萌えた。この人、デフォルメ目の方が可愛いと思う。


○第四十七話「夢無し芳一の話」(テーマ・・・夢)
性格逆転しても話をややこしくするというところは変わらない可符香。
臼井が気合い入りまくってます。

○第四十八話「ヨボー家の人々」(テーマ・・・予防)
千里が被害妄想で列車内でバット持って大暴れ。
「他では絶対ありえないポーズ」なんかマリアがパンツはいてないような気が。

○第四十九話「暗夜号路」(テーマ・・・暗号)
一応初登場以来毎回(?)出てるまといが珍しく目立ってる話。
ストーカーしなければ普通に見える。この特技はストーカーならではだけど。

○第五十話「新しくない人よ 目覚めよ」(テーマ・・・旧)
(旧暦の)新学期ということで、出だしとオチは第一話を意識してるのか。

○書き下ろし
・カバー下はいつもの様に小森のサービスカット。今回は交もサービス。
・「絶望先生えかきうた」、スプー出たーーーーー!!!!!でも元ネタの方がインパクトあった。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。