ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河童伝説流行中 ?「ケロロ軍曹」 第百十三話「暑中物語混戦模様・・・の巻。」
・今回は冬樹がノントルマの少女に会った直後におこった話。蝉の声が「ミャオーン」。
・深海に沈んでいく冬樹を見捨てて逃げ、更に夏美たちに冬樹がいないことをごまかそうとした件で
 アニメスタッフに渋い表情されたケロロ。冬樹にそのことを謝ろうと部屋に行くも冬樹は不在。
・その頃冬樹はミステリースポット「カッパ池」を探索するために奥魂に。
・バスは二時間に一本なので徒歩。暑さで朦朧とする冬樹。
・ケロロ、冬樹を発見。
 本気でヤバげな冬樹のために水を持ってこようとして、川で足を滑らせ助けようとした冬樹と一緒にドボン。
・魚を取る罠に引っかかったケロロの姿を目撃したシナノという少女、ヤマトという少年に報告。
 「カプー」が帰って来たと喜び、早速現場に向かうヤマト。
・「カッパ池」に到着した冬樹とケロロ。地味。
・何もなさそうなので帰ろうとする冬樹とケロロ。
 しかし突然現れたヤマトがケロロを誘拐。
・ケロロが連れてこられた場所は、本当のカッパ池。
・ケロロのことをカプーだと言い、
 ケロロのケロンスター剥がしてケロロと追いかけっこをして遊ぶヤマト。
 展開をマンガに例えまくるヤマト。
・ヤマトとケロロを見つけた冬樹。カプー(ケロロ)は返さないと言うヤマト。
・ヤマトは冬樹とケロロの友情を試す為に、
 冬樹にケロロを返して欲しければ木の上から川に飛び込めと命令。
・そして、飛んだというか落ちた冬樹。
・ヤマトに助けられた冬樹。実は始めからカプーではないと気が付いていたヤマト。
・冬樹がヤマトに連れてこられた本当のカッパ池のほこらには、割れた謎の球体が。
 昨日劇場版見たから真っ先に連想したのが封印なんだけど。まあ普通に考えたら宇宙船か。
・帰りのバス発車まであと少し。急いでバス停に走る冬樹とケロロ。
 マンガ的な展開では、きっとバスには乗れないと予想するヤマト。
・ヤマトの予想通りバスには乗れず、ソーサーの鍵も落っことし、帰りも徒歩の冬樹とケロロ。
 ようやく海でのことを謝れたケロロ。

カプーについてまとめ。
・ケロン人(もしくはケロン人にそっくりな宇宙人)。
 ケロン人だとしたら、「シッポがある」らしいので幼年期。
・ヤマト達とカプーはカッパ池で出会った。
 そのカッパ池にはカプーが乗ってきたっぽい宇宙船の残骸が。
・カナヅチで語尾は「アリンス」。
・ヤマト達はカプーと一緒に深海や宇宙に行ったことがある。
・カプーがいなくなったのは冬樹とケロロが来た日の前日。
・侵略者ではなく「正義の使者」(ヤマト談)。
 「全然平和を守れないヘボッコな奴だった」らしい。

今更時間軸戻してこんな話をするってことは、
いずれカプー本人が出てくるかもしれないということかと思ったけど、
ここまで情報出てきたということは逆に出てこなさそうだなぁ。
でも「昨日いなくなった」がなんか気になる。

まぁ出てきても「こいつってもしかして・・・」みたいな感じで匂わせるくらいか。
アニメで大佐と幽霊ちゃんが見た河童の声が同じだった時みたいに。



○へっぽこ通信
・9月のアニケロ、原作話は台風話のみ。
 今週の蚊話はなんかお約束な合体話らしい。そしていよいよカウントダウン終了間近。
スポンサーサイト
トラックバックURL

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。