ケロロ軍曹中心感想ブログでした。※2016/07/11更新完全停止
表示中の記事 ( 月別アーカイブ 【 2006年09月 】 )
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じじいのバリアー ?アニメ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2」第9話
○「眼帯 -真桃太郎-」
あらすじ・・・昔々ある所にノリがいいお爺さんとお婆さんがいました。

・お婆さんが川で洗濯をしていたら、
 川上からどんぶらこっこどんぶらこっこと眼帯が流れてきました。
・なんとなく包丁で真っ二つにしようとしても眼帯は切れませんでした。
 そしてお爺さんとお婆さんは眼帯に桃太郎と名づけ大切にすることにしました。
・お爺さんとお婆さんが桃太郎を取り合っていると、
 伊達政宗が落とした眼帯を探してやって来ました。
・政宗が「眼帯知りませんか?」とお爺さんに聞くと、
 お爺さんは「知らん」と即答。
・桃太郎は伊達政宗の眼帯だと知ったお爺さんとお婆さんは、
 桃太郎を取り合って独自に考えた技を繰り広げ合いました。
 食らうと脱毛できそうな気がするらしい正宗レーザー。
・お爺さんが眼帯を付けていたことに気がついた政宗が2人のもとにもう一度行くと、
 今度はお婆さんが眼帯を付けていました。お爺さんは眼帯付けてなかったので帰る政宗。
・再びお爺さんとお婆さんのバトル。
 お爺さんがお婆さんの正宗ミサイルをかわしたと思いきやそのミサイルは追尾式で、
 防ぐためにお爺さんが「じじいバリアー!」と叫ぶもお婆さんのミサイルはあっさりバリア突破。

・更に考えてた技(正宗レインボー)をお婆さんに取られたお爺さんが
 もう2人で眼帯付けようと眼帯を引っ張ってるところに、またまた政宗がやって来ました。
・お爺さんもお婆さんも1人で眼帯を付けてなかったので政宗は不思議がりました。
 お婆さんはそんな政宗にきび団子を渡し、追い返しました。
・眼帯を見つけることができなかったというか見逃しまくった政宗は、
 仕方なく花の眼帯のまま戦場に行きましたとさ。
 「やっぱ眼帯してたぞあの2人!」どつかれさん。

第2期の今までの話の中で一番テンポが良かった。
お爺さんとお婆さんのテンションがとにかくユルい。

○「一休さん」
・一休さんがとんちを考えるためにとんちの神様を呼び出すと、
 とんちの神様の代わりにセクハラの神様がやって来てしまい、
 セクハラの神様に乗り移られた一休さんはセクハラをしましたとさ。
そんな時間埋め合わせ話でした。シュール。

最後はカナダジャレ。埋め合わせパート2。
EDに出てきた人はED歌ってる人?2chによると名塚さんらしい。
スポンサーサイト
優柔不断万歳 ?アニメ「ケロロ軍曹」 第129話「キルル 破滅の使者 であります」
・前回侵略カウンターからちびキルが出てきちゃったので戦闘態勢なケロロ小隊。
 ちびキルの声はあの2人じゃなかった。
・自分のせいでちびキルが出てきたと思い罪悪感を感じる冬樹。
・そんな冬樹を元気付けようと、「こいつはキルルじゃなくてマッシュ」で通そうとするケロロ。
・という訳で前々回の話に出てきたボール登場。ケロロが投げてもちびキルは追わず。
・なんかマッシュで通しきれないような雰囲気なので、
 キルルだと認めちゃおうか優柔不断全開で迷うケロロ。
 しかしいきなりちびキルがボールを取ってきてくれたので、マッシュで決定。
・緊急作戦会議。侵略せずに本部をごまかす方向で行こうとするケロロ。
 いっそのことケロン星壊そうと言い出したモア。
・とりあえずちびキルをどうしようかという話に。あくまでちびキルをマッシュと呼ぶケロロ。
・クルルから、ちびキルは映画に出てきたキルルの改良型(名前はキルル.)だという話が。
 って鍵少女ミララ(シルエット)出たーーーーー!!!!!
・「とてもそんな恐ろしい兵器には見えない」と話すタママ。ちびキル笑顔だよちびキル。
・ちびキルは元々侵略カウンターの中で成年体まで育つ予定だったらしい。
 つまり後1週間経てば映画みたいな大暴れをかます可能性あり。
・そんな深刻な話をしている横で、ちびキルにガンプラをつつかれそうになり慌てて取り上げるケロロ。
 ちびキル落ち込んじゃったよちびキル。
・落ち込んでるちびキルを見てガンプラを渡してあげたケロロ。
 ちびキル遊び始めちゃったよちびキル。
・和んだところで緊急作戦会議終了・・・というわけにはもちろん行かず。
 ギロロのマシンにつぶされかけてるケロロ。
・どちらが侵略の足手まといになってるか言い争うケロロとギロロ。
 優柔不断なケロロに△印をつけるちびキル。
・夜、侵略を取るか夏美を取るかで悩むギロロ、侵略期限のことを夏美に話そうか悩む冬樹、
 映画の試写会にサブローを誘おうか悩む夏美の3人にもにも△印。1人だけ悩みのスケールが小さい。
・ケロロ達4人から優柔不断エネルギーを吸い取ったちびキル巨大化。
 すぐ隣、同じベッドで寝てるちびキルがそんなことになってるとは全く気付かずにぐっすり眠るケロロ。
・朝、△印つけられたクルルを見てちょっと吹いたギロロ。
・ちびキルが優柔不断エネルギーを吸い取っているという話を聞いたギロロ、
 そんな奴と究極の優柔不断であるケロロを一緒にしたらまずいと大慌て。
・その頃ケロロは今日から始まる新作アニメを見るか見ないかで悩み中。言ってる側から。
・ケロロの部屋にかけつけたギロロ達。どさくさに紛れてタママが「ボクの軍曹さん」発言。
・ちびキルの話を聞いたケロロ、迷ってはいけないということでアニメを見ることに決定。
・巨大化したちびキルは司令室でギロロのマシンで遊んでました。
・ちびキル(もう全然ちびじゃないんだけど)がケロロに飛びつき、ギロロのマシン大破。
 やっぱりちびキルにも嫉妬しちゃったよ嫉妬王タママ。
・その時、突然ケロン軍本部が成年体キルルを大量に引き連れて地球に来襲。
 夏美が成年体キルル(以降黒キルルと書きます)に操られ地下へ。
・ケロン軍本部の要求は、不完全だったことが判明したちびキルの引き渡し。引き渡したらもちろん処分。
・本部にちびキルを引き渡そうとするギロロ達を止め、ちびキルを守ろうとするケロロ。
・基地に入ってきた黒キルル達。ちびキルは逃げるも黒キルル達は既に先回り済み。
 ちびキルめっちゃ怯えてるよちびキル。
・操られた夏美も登場。フライパンとバットでギロロとバトル。もしこれがネギだったらなぁと思った。
・ギロロがここは俺に任せろと言って振り返ると、ケロロ達は既に逃亡。早っ。
・ドロロの隠れ蓑で黒キルルをやり過ごし、モアの案内で抜け道へ。
 ちびキルが抜け道に入れず大苦戦。
・ちびキルに潰されたケロロをモアが助け、タママ嫉妬。
・黒キルルに追いつかれ、タママとドロロを残して抜け道のドア閉めたケロロ。
 こういう時は悩まないんだよなぁケロロ。
・置いてけぼりくらったタママとドロロが黒キルルに操られてドアをぶち壊すも、ケロロ達は既におらず。
 その頃、黒キルルに監視されてるクルル。
・冬樹と合流したケロロ達。
 夏美達に追いつかれどうしようか悩むケロロと冬樹の優柔不断エネルギーを吸収したちびキル、更に巨大化。
・ちびキルが床を壊し、司令室まで落ちてきたケロロ達。
・そこに本部から通信が。内容はケロロ小隊地球撤退とちびキル引き渡し命令。
 与えられた猶予は1時間。従わなければこの場でちびキル処分。従っても従わなくてもちびキルの結末は同じ。
・この場を凌ぐアイデアを一休さんっぽく考えてみたはいいけど、何も思いつかないケロロ。
・ケロロとギロロがまた口げんか。
 2人の限界知らずな優柔不断エネルギーでどんどん巨大化していくちびキル。
こんな時に新作アニメのことを思い出したケロロ。そんなことしてる場合じゃねぇ!!
・今度はアミダでどうするか決めようとするケロロ。
 「奇跡の侵略成功」こんなんで侵略できたら苦労しない。ってか「×」ってなんだ。
・逆ギレして「人に言われたからって、皆が侵略してるからって
 自分もよく考えずに侵略しようとしてるんじゃないの!?」と言い出したケロロ。
・その考えに飲み込まれてしまったギロロ。優柔不断加速で冬樹達がちびキルに押しつぶされそうというピンチに。
・あることを決意し、勇ましく本部に飛び立っていったケロロ。うわぁカッコイイ。
・そしてケロロが本部に対して言ったのは「後30分だけ待って」なんかもう清々しい。
・もちろんそんな要求が通るはずもなく。
 するとケロロは「そんじゃあ後25分」「いやいや後20分」と要求を引き下げ。全員唖然。
・そんなケロロの常人離れした優柔不断を遂に吸いきれなくなったちびキルから光線が。
・光線が本部を直撃。本部と黒キルル達に△印が。
・突然ケロロ小隊撤退を中止した本部。何が起こったのかというと、
 ちびキルから溢れた優柔不断エネルギーが本部と黒キルル達全員を優柔不断にしてしまったらしい。
 ちびキル地球救っちゃったよちびキル。
・エネルギーを出し尽くして小さくなったちびキル。手乗りです。
・ケロロ達の△印を消したちびキル、仲間達と一緒にケロン星に帰って行きました。ちびキルも黒キルル達も皆笑顔。
・優柔不断になった本部にはもうちびキルをどうこうする決断力はないとのこと。
・そしてケロン星に帰ったちびキルがケロン星を侵略ケロン人皆を優柔不断にしてしまい、
 ケロロ小隊はこれからも地球にいていいということに。こんな結末でいいのか。
・次回はコピーロボットVSガルル小隊。
 ガルル小隊をテコ入れ呼ばわりするケロロ。プルルの色判明。


○キャプ詰め
今回はシリアス話だと思ってた人たちの予想を軽く裏切り、
感情0だった映画及び原作のキルルと全く正反対の方向に突っ走ったキルル.ことマッシュことちびキルでしたが、
もうすっごい可愛かったです。それだけで充分な話でした。
普通に子供しちゃってるよ可愛すぎだよこの子。

ガンプラ取り上げられて落ち込んだりとかガンプラで遊んだりとか
ギロロのマシン爆発させた時のケロロに抱きつこうとした動きとか
怯えたりとかドアに引っかかったりとか最後の手乗り笑顔とかとにかくちびキル可愛いよちびキル。

にしても一つの星の住民を全員優柔不断にする力ってそれかなり大変なことになるんじゃ。
不完全でもやっぱり最終兵器。そしてそのエネルギーの殆どを供給したケロロは凄いというかダメすぎる。
ケロン星を優柔不断で支配したちびキル楽しそうだよちびキル。


という訳でちびキルばっかりです。優柔不断じゃダメなんです。


鍵少女リストラ

マッシュは友達

懐きまくり&キルル包囲網

逃亡の果てに

優柔不断の支配者



アニメ「ケロロ軍曹」新OP POLYSICS「You-You-You」試聴開始
ノリはジュースにちょっと似てるかも。
サビだけだからフルがどうなるかわからないけど、今のところ微妙。OPアニメが合ってればいいなぁ。
近くて遠い距離 ?「ケロロ軍曹」 第百十四話「宇宙心霊科学大実験!・・・の巻。」
・原作の冬樹は漫画研究部。という訳でかなり久々な部活シーンからスタート。
・冬樹を待ち伏せしてた桃華。「冬樹君」と言おうとして不気味な笑いみたいな声が。
・やっぱり冬樹とうまく話ができない桃華。
 「いっそ幽霊にでもなれば冬樹君のそばに」ということで、幽霊になる実験をすることに。
 冬樹によれば、今やオカルト界でも幽霊はマユツバ扱いらしい。
・西澤邸にて「(想定上)幽体分離装置」完成。
・早速乗り込むもこの装置の原理(超急加速&超急停車で肉体と霊体を分離)はタママ発案だと聞き、
 急いで中止させようとする桃華。目を逸らすポール。
・装置作動。超高速で上下に揺さぶられグッタリな桃華とタママ。
 タママの方は今にも吐きそうです。
・ケロロ&クルルに相談。突拍子もない相談内容にキョトンとなったケロロ。
 クルルは幽霊否定派。日向家の幽霊ちゃんもマユツバもん扱い。

・「報酬は天井知らず」で幽霊になれるマシン開発決定。理論はあくまでも憶測で。
・ギロロも幽霊否定派。要するに幽霊が怖いらしい。
・「つのだじろう先生の著書」「つのだ☆ひろのEPレコード」
 「作ってないガンプラの供養」等をエネルギーにして、マシン完成。
・マシン作動。「死んでも幽霊になってみせます!!」そのまんま。
・結果、マシン内から忽然と姿を消した桃華。ケロロとギロロが動揺して別のマンガに。
・とりあえず成功したとわかり、喜び合うケロロとタママ。
 ただし報酬の請求先の姿が全く見えず。
・幽霊になれた桃華、日向家の幽霊ちゃんの手引きで日向家の中へ。
 幽霊ちゃんの本名は「お観世」であることが判明。
・2人の幽霊にモロに反応した霊感体質の夏美。
・冬樹の部屋。冬樹に自然に急接近できて喜ぶ桃華。ハタから見たら恐怖映像。
・しかし霊感ゼロの冬樹に全く気付いてもらえず、
 すぐそばにいるのに冬樹との距離を感じた桃華。
・その頃、桃華を見つけることができなかったケロロ小隊。
 「モモッチを返せ」とケロロに詰め寄るタママ。タママと桃華でのこういう友情描写は何気に珍しくて萌えた。
・無事現世に戻ってきた桃華。
・その後、話の流れで実体験を元にした
 幽霊考察(といってもお観世の受け売り)を冬樹に話した桃華。
・最近本の受け売りばかりだった冬樹は自分で考察する楽しさを思い出し、
 オカルトクラブ結成を決意。ついに原作でも出ました。なんか長かった。
・冬樹からオカルトクラブに誘われた桃華。もちろん答えはOK。

そういえば原作の桃華ってまだ「日向君」だったっけ?


○へっぽこ通信
・「秋葉原エンタまつり限定 劇場版2前売り券」の特典はクルルカレー本気で食えるらしい。
・10月のアニケロはコピーロボット騒動パート2にガルル小隊再登場、
 梅雄の初主役話があったり秋の動物嫌い設定がまた出てきたり。
 原作からはドロロの決闘話が。修羅ドロロ。
 アニケロ公式によると時期ネタのアリサ話ももちろんやるらしい。小悪魔タママ。

・今週のアニケロのあらすじ、
 「幼年態のキルルは可愛らしくケロロになついて来てって何だってーーーー!!!??


DVD「ケロロ軍曹 3rdシーズン」第1巻 ジャケット公開
第3期はケロロ小隊+パートナー路線でいくようです。
イケメンVS負け犬 ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第26話「委員長になれたらイイナ!」
・後1つで黒音符コンプなのでゴキゲンなクロミ、早速願いを考えることに。
・候補はマイメロタンス行きと柊兄弟仲直りと柊先輩との結婚。
 仲直りの証は兄弟仲良く流しそうめん。キラキラしてる柊兄弟。
・クロミ流くるくるシャッフルにより、願いはマイメロタンス行きに決定。
 願い叶える権利横取りを目論むバコ(ダーちゃん)。
・前回の「ギャフン」で柊先輩にイラついてる潤も、願い叶える権利横取りを目論み中。
・歌のクラスではもうすぐクラス委員選挙。
 ドジっ子な駒鳥と強気な夏川が委員長の座をかけて争うことに。
・突然立候補表明した潤。理由は「なんかかっこいいから&3人で争ったほうが盛り上がるから」。
・潤が立候補するならと、次々と他の男子も立候補。マイメロも流れに乗って立候補。
・ふざけた立候補はダメだということで、結局委員長候補は駒鳥、夏川、潤の3人のみに。
・駒鳥が立候補した理由は「ドジを直したいから」。そんな駒鳥を応援することにした歌達。
 クロミ以外には絆創膏をきちんと貼れるマイメロ。
・マイメロチア軍団結成。徐々に遠ざかっていく真菜。
・柊邸地下ではウサミミ仮面が特訓中。耳立て伏せ。
・柊邸地上では潤&小暮&フラットが演説内容考え中。
 ビッグな公約を語るフラット。潤は考える気なし。
・潤の秘密兵器、巨大アンプ到着。
 早速学校で大爆音。柊先輩の写真目当てで来た女子達からバッシング。
・学校の屋上では駒鳥と夏川が選挙演説中。
・お菓子プレゼントで釣る作戦に出た夏川に、正攻法で自分の気持ちを正直に言うことで対抗する駒鳥。
 「今は2日に3回しか転ばなくなった」以前は?
・純粋に頑張る駒鳥に心を打たれたクラスメイト達。
・このままでは負けると思った夏川は100円サービス券プレゼントで対抗。
・しかし駒鳥陣営ではマイメロがタイミングよく
 以前食べた人皆を落としていた特製タルト持ってやって来てしまい、物でも負けてしまった夏川。
・バコが黒音符を感知。クロミにキスされてるバコに嫉妬するバク。
・どうしても委員長になりたい理由がある夏川は自分から悪夢魔法を希望。
・選挙カーになり、次々とクラスメイト達に強制的に自分に投票させていく夏川。
・くるくるシャッフルでウサミミ仮面とバク父を召喚。バク父には容赦ないウサミミ仮面。
 もしかしてウサミミ仮面と誰かを召喚した時は絶対にその2人がもめる展開になるのだろうか。

・新必殺技「ウサミミイヤー」を相変わらずヤケクソになりながら披露するウサミミ仮面。
・ウサミミイヤーは相手の心の声を聞くことができる技。
 それにより、夏川が委員長になりたい理由は
 「イケメンな生徒会長とお近づきになりたいから」だったということが判明。
 以前愛の日記を生徒会長に渡そうとするも、間違えて漫画を渡してしまっていた夏川。
・「イケメン勝負ならこちらのもの」と煽るシツジ仮面。ウサミミ仮面ため息。
・イケメンビームを防ぐ為に、バクをウサミミ仮面の前に突き飛ばしたクロミ。
・するとバクから「負け犬ビーム」という名前のビームが出ました。なんだこの悲惨なビーム。
・イケメンビームVS負け犬ビームはイケメンビームの勝利。
 悪夢魔法は解除され、巻き添えを食らったバコからダーちゃんが飛び出し再び宇宙の果てに。
 前期ラスボス、こんな展開で退場しちゃいました。これはイケメンビームが強すぎるのか。
・バク父によると、負け犬ビームはバク族に秘められた謎の力の1つらしい。
 自分は勝ち組だと信じるバク。結局解説しただけだったバク父。
・夏川に漫画を返しに来た生徒会長。
 生徒会長はその漫画を気に入ったらしく、付き合うきっかけができた夏川から黒音符。ピンクじゃないの?
・黒音符コンプ。ダーちゃんいなくなったからクロミの独壇場かと思いきや、まだ潤がいました。
・音符箱を取り合うクロミと潤。「だってばよ!」こんなところで声優ネタ。
・飛んでいった音符箱はバクの元に。
 お腹が空いたバクが「山のような魚肉ソーセージ」を願ってしまい、今回もクロミの願いは叶わず。
・新必殺技まで披露したのに黒音符だったからという理由で
 スタンプを貰えなかった柊先輩はやり切れなくなりテーブル返し。
・選挙の結果は駒鳥の勝利。潤の1票とマイメロの2票はともかく、歌の1票は誰だ。
・バコはマリーランドに帰ることに。2クール終了、ダーちゃん&バコ退場と黒音符リセットで後半戦へ。


○キャプ詰め
とにかく今回の最萌えは願い考えてるクロミ。
乙女です。クロミ流くるくるシャッフルまで出ちゃいました。


願いシャッフル

強力バックアップ

ウサミミ仮面は今日も投げやり

前半戦終了だってばよ
新感覚癒し系髑髏VS冷酷マスコット ?「ぱにぽに」第128話
○「新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん」 PHASE3「ハートの杖を持つ少女」
・「スーパーの前とかで着ぐるみを着て風船等を配るバイト」をすることにしたベホイミ。
・そして出された気ぐるみはもろに悪役なドクロ名前はドクロ仮面。
・動物の着ぐるみは3つ(しかもどれも可愛くない)しかないのでドクロ。
 ドクロ仮面は動物を絶滅させるという設定らしい。
・結局ドクロ仮面着たベホイミ。「似合ってるよ」お世辞にさえなってない。
・着ぐるみには手のひらで何かを握ると目が光るという機能つき。怖っ。
・ドクロ仮面は黒猫や仏滅が大好きで、口癖は「先に家族から始末してやる」。子供泣く子供泣くから。
・そんなことやってる間に本物の侵略者来襲。マジで来た。
・早速ベホイミ変身。でも着ぐるみ着てるので変身後の姿を公開できず。
・仕方なくドクロ仮面のまま行こうとするベホイミ。
 「警察に捕まる」「悪者扱い」どんな魔法少女だ。
・しかし突然悲鳴が歓声に。
 ベホイミが窓の外を見ると、



 本物の魔法少女出たーーーーー!!!!!



・こうして魔法少女ベホイミ(鈴原未来(小5)←正体)の活躍で侵略者は倒されました。
 名前被っちゃってます。ベホイミ(ドクロ仮面の方)立場ねぇ。
・未来が変身を解いているところを見てしまったベホイミ(未だにドクロ仮面)
 どう見ても敵です。本当にありがとうございました。
・魔族扱いされ、精霊サラマンダーに動きを封じられたベホイミ。
・精霊界には正体がバレた魔法少女は動物にされてしまうという掟が。
・「未来がいなくなっても次の魔法少女を見つけるから問題ない」と
 冷酷に掟を守ろうとするサラマンダーにキレたベホイミ、サラマンダーを掴み上げ怒号。
 「代わりがきかないもののために戦ってるんだろ!!」いいこと言ってます。
・反省したサラマンダーと助かった未来。ドクロ仮面に感謝する未来。
・こうしてドクロ仮面ベホイミのデビュー戦は白星に終わりました。戦う相手違う。

正統派魔法少女な未来に、冷酷な一面あったけど正統派マスコットキャラなサラマンダー。
ベホイミも宇宙人部下も頑張れ。

○「ぱにぽに」 第123話「亀の甲より年の甲」
・第10話以来かもしれないジジイ主役話。
・お悩み相談をすることにしたジジイ。犬神とメディアは悩みなし。
・芹沢の悩み・・・ネコ耳(っぽい癖毛)が恥ずかしい。
 ジジイは気に入ってるようなので終了。
・柏木姉妹の悩み・・・最近出番がない。
 ジジイはD組至上なので終了。
・千夏&由香の悩み・・・個性が欲しい。
 出る杭はなんとやらで終了。
・ジジイから手品を教えて貰うために来た一条さん。
 トランプ構える一条さんかっこいいよ一条さん。
・ベッキーの悩み・・・おやつは団子とケーキどちらがいいか。
 こういう時は迷いまくるジジイ。
乳毛感動物語 ?アニメ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2」第8話
○「明男 ?この胸の中にまだ生きている?」
あらすじ・・・シュールとしか言い様がないキャラ達が普通に青春物語。

・墓の前で天国にいる恋人明男に話しかける少女。
・回想スタート。

 どうコメントしたらいいんですか。
 アニメになってより電波に。
・その後もシュールすぎる動きと効果音を織り交ぜつつ普通に青春物語を進める明男達。
 動きと効果音で全て台無し。
・とりあえず、スタッフこれ作ってる時楽しかっただろうなぁ。
 一番笑ったのはカウントダウンしながら二段になる墓。

○「さよならおじいちゃん」
あらすじ・・・エスパー乳毛はファイナル乳毛春巻が大好きだった。

・危篤状態のおじいちゃんに、最後に会いたい人はいないかと尋ねるおじいちゃんの娘。
・おじいちゃんの目には昔の友達と田舎の風景の幻が。
・しかし友達の中に見覚えがない上半身裸で乳毛が揺れまくってる少年が一人。
・その少年の名前は「エスパー乳毛」
 思わずエスパー乳毛と呟いたおじいちゃんに家族ビックリ。
・もちろんエスパー乳毛なんて人は知らない娘、
 今度は最後に食べたい物はないかと尋ねると、
 おじいちゃんはエスパー乳毛に好きな食べ物を質問。
・エスパー乳毛が好きな食べ物は「ファイナル乳毛春巻」
 ファイナル乳毛春巻と呟いたおじいちゃんに家族再びビックリ。
・エスパー乳毛に何かエスパーっぽいことをやってみてくれと頼むおじいちゃん。
・エスパー乳毛は念力を披露。
 現実のおじいちゃんが宙に浮きました。家族またまたビックリ。
・エスパー乳毛の念力は一度浮かせると30日は意地でも浮いてるらしい。
・エスパー乳毛との話が終わり、
 子供に戻って友達達と一緒にどこかへ旅立って行くおじいちゃん。
 現実のおじいちゃん、浮いたままご臨終。

本当にエスパー乳毛さえいなければ普通に感動的な話なのに。
それがギャグマンガ日和。
等価交換なご利益 ?アニメ「ケロロ軍曹」 第128話「ケロロ 最後は本気で神頼み? であります」
・侵略期限まで残り9日。侵略そっちのけで家事に勤しむケロロに期限をアピールするマッシュ。
・期限が近づき困ったケロロ小隊は、
 ご利益があるということで大人気なおゲロ様の神社にお参り。賽銭は5円。
・いきなりだんごを見て、
 「我輩達がいきなりだんごを広めた=我輩達がこの星にいた証は確かに残った」と言い出したケロロ。
 お前は何しに来たんだ。
・ギロロに堀に落とされたケロロはギロロに似た岩を発見。
 その岩を使って自分たちも開運グッズを売りまくることにしたケロロ。
 「例えご利益がなくても、そう思わせるのが俺らの腕の見せ所」まあそんなもんだ。
・メイン商品「おギロ様の油」はギロロがサザエさんの家恐怖ハウスの中で出した脂汗。
・夏美がそんな物にご利益があるのかとツッコむと、
 商品には本物の「おゲロ様の油」を混ぜてるからご利益があると言い返したケロロ。意味ない。
・何だかんだでおギロ様グッズ大人気。店の中にまで期限をアピールしに来たマッシュ。
・金は充分に貯まったけど、具体的な侵略作戦を全く考えてなかったケロロ。
・よっておギロ様グッズ販売続行。
 ケロロがまだ何も言ってないのにギロロが入ってる恐怖ハウススイッチをONにするクルル。
・おギロ様にご利益を貰いに来た桃華は、
 帰り道でこぼしたおギロ様の油で滑って転び通りかかった冬樹に激突。
 そのままいいムードに。本当にご利益ありやがった。
・もっとご利益を貰おうとおギロ様の油を買い占めた桃華。
 そして本当にご利益があるという噂が広まり、街中が初代OPのセルフパロディー的な状況に。
・おギロ様に地球侵略達成という願いを叶えてもらう事を思いついたタママ。
・しかしケロロがお願いしたのは発売前のガンプラゲット。
 すると突然「発売前のガンプラ」を持って現れたゲイル。
 手に入れたのはいいが興味ないのでケロロにあげるとのこと。ご利益効果ありまくり。
・大喜びで帰るケロロを屋根の上で見送るマッシュ。残り8日。
・ガンプラに夢中なケロロ。マッシュがいくらドアを叩いても全く応じず。
 しかしガン部分をボキッと折ってしまいケロロ大ショック。

・恐怖と脂汗の出しすぎで渇ききったギロロに特製栄養剤を浣腸するクルル。あっという間にギロロ回復。
・本当にご利益があったという話を聞いたギロロ、自分も夏美との恋の成就のためにお参り。賽銭は手猟弾。
・夏美と鉢合わせたギロロ。夏美の「おギロ様ストラップ可愛い」発言でギロロ興奮。
・夏美がおギロ様の頭をなでているのを見て、
 自分が夏美になでられている姿を妄想したギロロ大興奮。よだれよだれ!
・夏美がおギロ様にサブローとの仲の進展を願うと、本当に現れたサブロー。
・おギロ様ストラップで二人お揃いな夏美とサブロー。
 更に夏美とサブローが一緒に帰ってしまい、ご利益効果プラスマイナス0になってしまったギロロ。
・サブローと別れた後喜びのあまり道端でボーっとしてしまい、623ラジオを聞き逃した夏美。
・更に電話コーナーで夏美に電話がかかってきており、
 623と生電話ができるチャンスだったと知り、夏美大ショック。プラスマイナス0。
・桃華の家でも大量に買ったおギロ様の油が異臭を発し、
 その匂いが冬樹グッズについてプラスマイナス0。
・そしてついに侵略期限のことが冬樹にバレたケロロ。
・今回の作戦で得た桁外れの収入のおかげで強気なケロロの前に、オチ担当のポヨン参上。
 この人が出てきた時点で収入没収決定だもうダメだ。
・被害者はおゲロ様神社にいたいきなりだんごの売り子。
 その売り子の正体は実はケロン星の隣にあるゲロン星に住むゲロン人。サギと言ってもいいくらいの劇的ビフォーアフター。
・ケロロが見つけた「ギロロに良く似た岩」は本物のおゲロ様のスペアだったので、
 ご利益があるのは当たり前だったらしい。
・で、スペアを勝手に使って商売してたケロロに賠償金として収入全没収の刑。やっぱりダメだった。
・次の日は大雨。何気にマッシュ屋根の上好きだな。
・今度こそお別れかもしれないと思い、共に涙を流すケロロと冬樹。
・そこに落雷が落ち、マッシュにヒット。見事にカウンターが壊れました。
・これで帰らなくてもいいと喜ぶケロロと冬樹。ってかタイマー壊れただけで期限自体はまだ続いてる気が。
・喜びもつかの間、マッシュから明らかにヤバい煙が。
・マッシュが割れ、中から出てきたのはちびキルーーーーー!!!!!
 なんか凄い不意打ち打たれた気分だってかちびキル可愛いなちびキル!!
・冬樹がちびキルに凄い初対面な反応を示してたのを見ると、
 劇場版はなかったこととして話を進めるということでいいのか。
・ギロロ曰く、「伝説の破壊神」キルルが滅ぼした星の数は138らしい。
・実は前日の夜、ケロロ達と別れたくない冬樹はおギロ様にお参りに行ってました。
 プラスがでかければマイナスもでかい。ギロロが言うとおり、7日後には期限切れで出てきていたんだろうけど。
・という訳で次回はケロロ小隊VSキルル。
 まだ幼年期だからかマーキングは×じゃなくて△。とりあえず○は出てこなさそうでした。
 ちゃっかり劇場版DVDの販促をするケロロ。



○キャプ詰め
ごめんなさい最萌えがちびキルでごめんなさい。
いやもうまさか幼年期で出てくるとは。

そういえば、ちびキルが腕輪つけてません。
やっぱり○は出てこないらしい。


お金のプール

ご利益と恋

等価交換

中の人なのさ
背に腹は変えられぬ ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第25話「ギャフンて言ったらイイナ!」
・別荘での写真を、自分と歌だけが映っているように小暮の部分を切り取る潤。
 その写真が風で飛ばされて柊先輩の車に。
・バコの様子を見に来たバク母、
 バコの「でちゅだー」を聞いて「言葉遣いが悪くなった」と怒り出しました。「でちゅ」じゃないとダメらしい。
・そんなバク母をウザがるダーちゃん、
 バコの口で「知らないおばちゃん」「マリーランドを滅ぼす」とNGワードを連発。早すぎる反抗期。
・やたら前髪が長い男がバイオリンを弾いているのを見つけた歌たち。その男は柊先輩と対決するために学校へ。
・柊先輩に写真を見られて歌が好きなことがバレ、「お前には猫がお似合いだ」と言われた潤。
・セバスチャンが前髪が長い男の髪を切ったところ出てきたのは、
 柊先輩にバイオリンで勝てず別の学校でナンバー1になるために転校した柿崎の顔。
 柊先輩に勝たなければ本当のナンバー1になれないと気づき、
 勝つ為に夏休み中山の中で修行(滝に打たれながらバイオリンを弾く等)をしていたらしい。

・「もうバイオリンは止めた」と言って去って行く柊先輩。
・バコがバク母に言葉遣い矯正訓練を受けさせられているため、2人だけで夢を探すクロミとバク。
・勝負を拒否された柿崎は潤とバッタリ。そこにクロミも到着。
 柿崎に悪夢魔法をかけるようにけしかける潤。
・悪夢魔法で学校内にバトルリング出現。生徒たちは強制的に観客に。
・どうしてもバイオリンが嫌ならと、柊先輩にバイオリン以外で勝負を申し込んできた柿崎。
 全てにおいて柊先輩に勝てるように、バイオリン以外も修行してきたらしい。
 ウサミミ効果で悪夢魔法が効かない柊先輩は柿崎を無視。

・柿崎の夢の内容(柊先輩をギャフンと言わせたい)を今更知ったクロミは真っ白に。
・セバスチャンから「柊先輩に悪夢魔法が効かない=ウサミミ仮面は柊先輩」となる恐れがあると聞かされた柊先輩、
 正体バレた後のことを想像してそれは非常にマズいことになると考え、
 背に腹は変えられないので結局勝負を受けることに。
 歌はウサミミ仮面に好意持ってたからこうはならないと思うけど。人参出してくる真菜とキスを迫るマイメロ笑った。
・司会はクロミ、解説はマイメロ、審判はバクで勝負開始。
 負けた方は罰ゲームで丸坊主。柊先輩に睨まれたクロミ。
・挑戦者扱いが不服らしい柊先輩。
・第1回戦の出題者は美紀。歌の制止虚しく電波ポエム対決に。
 美紀のポエム聞いて気分が悪くなった柊先輩が勝負を放棄したため柿崎の勝利。

・第2回戦の出題者は歌。突然指名され焦った歌が出題したのはなぜかけんだま。
・こんなこともあろうかと、山の中でけんだまも修行していた柿崎。どうしたらこんなことになると予想できるんだ。
・次々とプロ級の技を決めていく柿崎だが、やり過ぎてしまいミス。その横で淡々とけんだまする柊先輩。
・「長く続けていたほうが勝ち」というルールだったらしく、柊先輩の勝利。
 柿崎側の応援席から大ブーイング。クロミの横で一人けんだまに夢中なマイメロ。
・第3回戦は真菜の出題でたこ焼き早食い。
 完璧だと思われていた柊先輩にたこ焼きにうまくつまようじを刺せないというどうでもいい弱点が。
 といってもこの弱点の話は第1期で既に出たらしいけど、その話まだ見てない。

・真菜達がつまようじの刺し方を話しているのを聞いた柊先輩、
 実践したところ見事成功してなんかうれしそうです。でも負け。
・第4回戦は小暮の出題で徒競走。普通に柊先輩の勝利。
・第5回戦は柊親衛隊の出題で相撲。柊先輩が試合拒否。
・第6回戦はセバスチャンの出題で将棋崩し。
 「勝ったらキスしてあげる」と柊親衛隊が言ってるのを聞いたからかどうかはしらないけど、柊先輩が将棋を崩して敗北。
・全9回戦なので、次で柊先輩が負けたら柿崎勝利で柊先輩丸坊主決定。
・そんな第7回戦の出題者は潤。指名されて凄い盛り上がってます。
・潤が出題したのは「ウサミミ仮面のコスプレしてそうめん早食い」
 美意識にこだわる柊先輩がウサミミ仮面のコスプレなんてできるわけがないと踏んだ潤。本人ですが。
・ウサミミ仮面のコスプレした柿崎を見て改めて嫌になった柊先輩、結局コスプレしないまま敗北。
 柿崎のウサミミ仮面を見てこんなのウサミミ仮面じゃないと呟くマイメロ。
・2対5で柿崎の勝利。
 しかし柊先輩が不戦敗ばかりだったことに納得がいかない柿崎は、
 柊先輩にボーナスチャンス(勝った方に5点)を与えることに。
・ボーナスチャンスの出題者はマリーランドの王様。スターウォーズなチャンバラ開始。
・チャンバラに勝利したのは柊先輩。
 悔しがる柿崎を見て、最後のボーナスチャンス(勝った方に10点)を提案した柊先輩。
・最終対決はマイメロ出題のお助けキャラシルエットクイズ。

 だ?れだっ?

 ってちょっと待てこのシルエットーーーーー!!!!!
 物凄く見覚えあるぞこれ!!

・真剣にマリーランドキャラカタログから正解を探す柊先輩と柿崎。
 そんな2人にヒントとして横顔のシルエットも公開するマイメロ。

 美しいフォルム

 だからちょっと待てこのシルエット!!!!!
 小暮の「頭長っ!」も笑った。

・同時に正解を見つけた柊先輩と柿崎。先にボタンを押したのは柊先輩。
・柊先輩正解、牡蠣君召喚。

 レモンを添えて

 なんだこの食べてくださいと言わんばかりのカードの絵柄は!!

・シーフードレストランをやってるらしい牡蠣君。共食い。
・牡蠣君の後ろ頭アタックで柿崎が吹っ飛ばされ、悪夢魔法解除。
・次こそ勝ってやるとまた修行に行くことにした柿崎。
 ピンク音符だったけど、柊先輩が坊主にならずに済んで喜ぶクロミ。バクはガッカリ。
・柊先輩にギャフンと言わせることができなくて悔しがる潤。
 それを聞いた柊先輩、バカにしたように「ギャフン」と言って去っていきました。
・次回は今度こそ黒音符コンプを狙うクロミ。


○キャプ詰め
牡蠣君のシルエットクイズが最高でした。なんかもうこれの為にいるようなキャラだ。

・けんだまで柊先輩勝利で喜ぶクロミ可愛いよクロミ。
・けんだまに夢中なマイメロ可愛いよマイメロ。


背に腹は変えられぬ

激しい対決

ある意味最強のお助けキャラ
松尾芭蕉のようなもの ?アニメ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2」 第7話「五月雨を集めて早し最上川」
○今回のあらすじ
松尾芭蕉が流された。

・最上川にやって来た芭蕉と曽良。
 最上川をテーマに俳句を詠むも全くもってダメだったため曽良にビンタされた芭蕉。
・芭蕉伝説なるものをでっち上げようとする芭蕉。ハッスル松尾略してハッスオ。
・大事にしてる人形マーフィーくんの首が裂けてるのを見つけた芭蕉。
 犯人はマーフィーくんの中身が気になった曽良。中身は綿でした。
・更に曽良がマーフィーくんの首を直すと言って裁縫を始め、
 マーフィーくんの目と口を縫いつけたので怒った芭蕉、曽良と対決することに。
・バトル開始。腕を早く動かすことで腕が千本あるように見せようとする芭蕉。なってねぇ!
・千手観音がダメだったので俳句勝負に変更。これから全ての会話を俳句で行うことに。
 「芭蕉さん 好きな食べ物 何ですか」→「ウニだけど?」で早くも芭蕉の負け。
・今度は水泳対決だと言って川に飛び込んだ芭蕉。
 あっという間に流されていく芭蕉を冷静に見つめる曽良。
・下流で芭蕉を探す曽良。
 通りかかった少女に「松尾芭蕉のようなものが流されてきませんでしたか」と聞き込み。
・少女に芭蕉が流された顛末を教え、芭蕉を見つけたら知らせるように言って町に休憩に行った曽良。
・そして少女が歩いてたら、川から下半身を突き出しているおっさんを発見。
・芭蕉救出成功。必死で岩にしがみついてたら下半身だけ川の上に出ちゃったらしい。
・少女に曽良の言った芭蕉の情けない顛末は全て嘘だと言い、
 代わりに明らかに嘘な芭蕉伝説を教える芭蕉。マッスル松尾略してマッスオ。
 「あいつ(曽良)は私の友達の目と口を縫い付けたりするんですよ!?」確かに本当の話だけど。

・曽良と再会、最後の対決を申し込む芭蕉。
・最後の対決はかっこよさ対決(判定は少女)。
 芭蕉のウインクに引いた少女は曽良を選択。ショックでえび反りして頭を岩に打ちつけた芭蕉。
・選んでもらえなかった恨みで少女にフケを移植しようとする芭蕉。
 曽良が芭蕉にもう僕の負けでいいと言い、争いは終焉。
・記念にと少女にサインをあげた芭蕉。船守の兄と一緒に、川にサインを流した少女。
見た目も中身も ?「さよなら絶望先生」第5巻

さよなら絶望先生 (5)


○第四十一話「白い虚構」(テーマ・・・善意のウソ)
エピローグ、この映画見てないけどこれは善意で言ってないということはわかった。
この映画本当に評判悪いなぁ。

○第四十ニ話「シミと毒出し」(テーマ・・・毒抜き)
やっぱり毒があったほうが萌える。この漫画に限った話じゃないけど。
毒が抜けた千里が凄い爽やかです。別人です。


○第四十三話「雪よ さらば」(テーマ・・・灰色な和解)
読者の見えないところで先生のスネを蹴る小節。

○第四十四話「注文は聞かない料理店」(テーマ・・・自己完結)
智恵先生が本当に久しぶりに登場。
そして自己完結画家糸色景初登場。言ってることが幻覚レベルです。

○第四十五話「身のたけくらべ」(テーマ・・・身の丈に合わせる)
オチのセレブな自殺吹いた。テンション下がりすぎ。

○第四十六話「ベタ・セクシャリス」(テーマ・・・証拠過多)
ずっとモブだった目つきが悪い少女、三珠真夜が主役。
好きなものにいじわる(鈍器で殴ったり家に放火したり)をしてしまう真夜。結局皆に好かれてる絶望先生。
オチの火事をバックに立つ真夜に萌えた。この人、デフォルメ目の方が可愛いと思う。


○第四十七話「夢無し芳一の話」(テーマ・・・夢)
性格逆転しても話をややこしくするというところは変わらない可符香。
臼井が気合い入りまくってます。

○第四十八話「ヨボー家の人々」(テーマ・・・予防)
千里が被害妄想で列車内でバット持って大暴れ。
「他では絶対ありえないポーズ」なんかマリアがパンツはいてないような気が。

○第四十九話「暗夜号路」(テーマ・・・暗号)
一応初登場以来毎回(?)出てるまといが珍しく目立ってる話。
ストーカーしなければ普通に見える。この特技はストーカーならではだけど。

○第五十話「新しくない人よ 目覚めよ」(テーマ・・・旧)
(旧暦の)新学期ということで、出だしとオチは第一話を意識してるのか。

○書き下ろし
・カバー下はいつもの様に小森のサービスカット。今回は交もサービス。
・「絶望先生えかきうた」、スプー出たーーーーー!!!!!でも元ネタの方がインパクトあった。
中の人なんて&最優先事項 ?アニメ「ケロロ軍曹」第127話
○「ケロロ こっそり月旅行 であります」
・侵略期限まで残り18日。妄想中瞑想中と書かれたプレートをドアに張り、一人悩むケロロ。
・今年も月旅行に行きたがる夏美と冬樹。
 ケロロはそれを利用して侵略期限タイマーを月に捨て、
 本部には「侵略期限タイマーなんて届いてない」と言い張ってなかったことにしてもらおうと策略。
 ケロロに睨まれた侵略期限タイマーが冷や汗かいてます。
・ケロロ達がいなくなったことに気付いたギロロ達。
 更にケロロ達が乗っていったマイ彗星が燃料切れ間近だと知り、通信や携帯で連絡を取ろうとするも、
 バレたら色々言われると考えたケロロは通信装置をハンマーでぶっ壊し、携帯は留守電に。
 他の皆の携帯番号を全く知らなかったというか他の皆が携帯持ってることさえも知らなかったドロロ。
・ケロロはタイマーを月に埋めようとしたら夏美に怒られたため、「もらってください」と書いた箱にタイマーを入れて放置。
・安心して帰ろうとするケロロ。その後ろをついて来たタイマー。歩き方が軽やかで吹いた。
・何回捨ててもついて来るタイマー。
 ケロロがタイマーをまこうとクロックアップして走ってもついて来るというか先回りしてるタイマー。
・走ってるうちに迷子になったケロロ。しかしタイマーが彗星の位置を覚えていた為無事彗星に帰還。
・なんか友情が芽生えたケロロとタイマー。タイマーにマッシュと名づけたケロロ。
・ボール遊び・・・と見せかけて、バズーカで撃ったボールをマッシュに取りに行かせ、その隙に地球に帰ろうとするケロロ。
・で、彗星はやっぱり燃料切れしてました。通信はケロロ自身が壊し、携帯はバッテリー切れで連絡手段なし。
・冬樹と夏美に謝るケロロ。「しょうがないよ」と言ってケロロを許した冬樹と夏美。
・酸素切れも間近。そこにボールを持って帰ってきたマッシュ。もう疲れたよパトラッシュみたいなことになってるケロロ。
マッシュ羽生えたーーーー!!!??しかもハレルヤ流れてるよなんだこれ!!
・そんなこんなでマッシュのおかげで地球に帰って来れたケロロ達。
・またボール遊びをするケロロとマッシュ。やっぱりマッシュの軽やかな歩き方笑える。
 友情と仕事は別ということで、侵略期限カウントは続行。


○「ギロロ 台風侵略作戦決行 であります」
・小雪からコスモスを貰った夏美。そのコスモスを燃やそうとして夏美に殴られたギロロ。
・Aパートで応募した、「これがあればあっという間に地球侵略できる」武器の懸賞が当たったギロロ。
 「そんなもの俺に頼めばいくらでも作ってやる」と言われてもクルルには頼まないギロロ。
・巨大台風が日本列島に接近。台風を知らないケロロは、とりあえずシミュレーションで台風を体験してみることに。
・「猛烈な超超大型の台風」のシミュレーションで吹っ飛んで壁にめり込んだケロロ。足から上がボキッと取れたガンプラ。
・ギロロが手に入れた武器「テンペストグレネード」の効果は星全体を包むような台風を作るというもの。
 確かにこまわり作れるクルルならこれも作れそうな気が。
・台風が静岡から上陸すると知ったケロロ、
 ガンプラ工場の危機を感じ小型台風と化し巨大台風に突撃→即消滅。「あっ消えた」笑った。
・ケロロの救出に向かったギロロ。
 強風の中ケロロの手を掴もうとするも、飛んできた丸太がケロロに激突し救出ならず。
・テンペストグレネードを使えば台風を消せるものの、弾は一発のみ。
・侵略よりもケロロや夏美が大切にしていたコスモスを救うことを優先したギロロ、テンペストグレネードを発射。
・台風消滅でケロロ救出成功。コスモスが飛ばされずにすみ喜ぶ夏美。そんな夏美を見てデレ顔なギロロ。

○次回予告
・侵略期限まで残り1週間。神頼みでお金のプールなケロロ。番組乗っ取りを狙うクルル。


○キャプ詰め
再来週の話(公式参照)のことを考えると、
もうマッシュ(タイマー)の一挙一動全てが笑えて仕方がないんですが。
歩いてるところ見られて慌ててるシーンが無駄に可愛かったよオイ。

結局このマッシュの一挙一動に中の人の意思は関係しているのかどうなのか。関係してたら壊れまくりだろこの人。
再来週の話にこの友情が絡んできちゃったらそれはそれで萌えるけど中の人のキャラ的にはそんな展開はどうなんだ。


Bパートはギロロかっこいいよギロロでした。心なしか原作よりもケロロ思い。


がんばれ中の人

台風一過
腹黒の血筋 ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第24話「おでんが売れたらイイナ!」
・前回の敗北で尋常じゃないくらいのショックを受け、家事に集中できないマイメロ。
 パンにみそを塗ったり、洗濯機に花柄ブラウスが真っ白になるくらいの漂白剤をぶち込んだりと上の空状態。
・マイメロのことが心配で元気がない歌。「歌が元気がない=弁当を忘れた」な小暮。
・フラットにマイメロの様子を見てきてと頼む歌。
 元気がない歌が自分に頼み事かと思って勝手に盛り上がってた小暮と潤は真っ白。
・マイメロが落ち込んでる間に黒音符取れるだけ取っちゃえと、温泉に行きたいサラリーマンに悪夢魔法をかけるクロミ。
 公園に温泉ができ、ゆっくりくつろぐサラリーマンとクロミ達。
・警官登場。立ち退きを迫る警官に襲い掛かる温泉蛇。立ち上がったサラリーマンの股間を隠すバク。
・マイメロ到着。クマを召喚するもクロミーズ5にあっさり敗北。何もできなかったクマ。
・温泉蛇に服を脱がされて温泉に入れられた警官も温泉を堪能。
 ストレスも取れてスッキリしたサラリーマンから黒音符。
・次はラーメン屋の行列に並ぶ男に悪夢魔法。殿様になって思う存分割り込み。
・マイメロが駆けつけるも即敗北。「みそラーメン食べたから」ということで出た黒音符はミとソ。
・3連敗で立ち直れないくらいに落ち込んだマイメロ。
 このままでは黒音符取られ放題なので、パワーアップをするためにマリーランドの城へ。
・王様の魔法でメロディータクトがハイパーメロディータクトにパワーアップ。
 お助けカードが2枚出せるように。
・マイメロはウサミミ仮面出し放題の方がよかったとがっかり。寒気がした柊先輩。
・「カードが2枚出せる=ウサミミ仮面が出る確率が2倍」と言ってマイメロを納得させた王妃。
・ハイパーメロディータクトを使うには早口言葉を言わないとダメ。教えようとして噛んだ王様。
・早速早口言葉の練習をするマイメロ。噛んでしまい大臣カード1枚しか出せず。
・バラ風呂に入ってた大臣、素っ裸でポーズ決めて登場。シールは股間に。
・練習に使われたと知った大臣、せめてキャンディーを貰おうとするもマイメロは「練習だから」と笑顔で拒否。
 落ち込んでても腹黒っぷりは健在。
・真っ白になった大臣は兵士にシールを剥がされ撤去。
・まだまだ練習するマイメロ。フラットに遅いと指摘され、紅茶でごまかすマイメロ。
・マイメロが噛みまくったり紅茶飲んだりしてる間に黒音符を7個集めたクロミは最後のターゲット探し。
・バクがお世話になってるおでん屋の親父が客が来なくて悩んでいるのを発見。
 バクがあの親父だけは勘弁してくれと頼むも、クロミとバコは拒否。
・その頃、早口言葉をマスターしたマイメロ。噛み過ぎで唇が腫れてます。
「今度は負けない!」と意気込むもフラットに似合わないと言われたマイメロ。
・下校中の歌達に襲い掛かるおでん屋の親父というかおでんマン。
・やる気満々のマイメロ参上。「ふ、来なさい」なんか黒い。
・ハイパーメロディータクト発動。のっけからウサミミ仮面とマイメロ母という最強コンビを召喚。
・一緒にウサミミカーに乗ってきたウサミミ仮面とマイメロ母。早速ウサミミ仮面の棒読みを責めるマイメロ母。
・クロミーズ5の攻撃そっちのけでネチネチと口喧嘩をするウサミミ仮面とマイメロ母。
・マイメロに「おねがい♥」されたマイメロ母、クロミーズ5に精神攻撃で圧勝。
 泣いて逃げるチューミを追いかけるマイメロ母が怖い。
・ウサミミ仮面VSおでんマン。ウサミミ仮面にも精神攻撃するマイメロ母に呆れ顔な歌たち。
・イケメンビームでおでんマンに勝利。
 おでん缶を例にとっておでん屋の親父を励ますマイメロ母。アフターケアもばっちりでピンク音符ゲット。
・次回は遂にウサミミ仮面の正体がバレるらしい。バコはマリーランド強制帰還の危機?


○キャプ詰め
・やっぱりマイメロ母は最強だった。
・自信満々のマイメロがなんか黒くて萌えた。
素っ裸大臣で吹いた。


クロミの時代

バラ風呂効果&修行の成果

迫り来る腹黒ママン
負の遺産の再利用法
アニケロ公式サイトでキルル話のあらすじが公開されてました。

原作のケロン軍に負の遺産かつ黒歴史扱いされてたキルルを
侵略期限タイマーの中に仕込むアニメのケロン軍。
落雷もケロン軍の仕込みだとしたらかなり厳しいペナルティだ。
もし間違えて入れたなんて展開だったらケロン軍ヤバイ。


で、あらすじ見た感じだと侵略期限タイマーから出てくるのはキルルだけっぽいので、
ミララが出るのは難しいか。
原作のキルル外伝でもミララいなくてもどうにかなってたから別に無理に出る必要はないわけで。
ミララが出れるとしたらキルルと一緒に仕込まれててキルルが出た後にこっそり出るか
キルルがやりすぎちゃったのでケロン星から送られてくるかのどちらかくらいしかなさそう。


そもそもミララが話に絡むとそれだけで劇場版クライマックスのネタバレになりそうな気が。
でも劇場版で2人は1つ発言しちゃったんだからアニメでもキルルと一緒に出て欲しいなぁ。


そういえば、アニケロ次回予告では侵略期限タイマーが動いてケロロについて回ってましたが、
動かしてたのは誰ですか。中の人ですか。
トマトとポテトとまそっぷ ?アニメ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2」 第6話「ソードマスターヤマト」
OPアニメ変更。ゆらゆら動くモッジボール。

○今回のあらすじ
まそっぷ。

・自分の漫画「ソードマスターヤマト」を
 最近彼女ができて舞い上がってる担当のせいで誤植だらけにされた漫画家。
 主人公がノーパン宣言するわお芋宣言するわ脇を取り替えるわ掛け声は「まそっぷ」だわと
 どこをどうしたらそうなるのかわからないような誤植の嵐。
 あげくの果てに最後のアオリは担当の彼女できた報告に使われ完全に意味不明な漫画に。

・そしてもともと不人気だったのが
 誤植の嵐のせいでぶっちぎり不人気となったソードマスターヤマトは打ち切りに。
 誤植の原因となった担当は彼女にフラれてショック死。
・やたら張られた伏線を3ページでまとめなければならなくなった漫画家。
 同じ号で最終回の「どっこいおむすび君」は4ページ。
そしてEDで3ページ(というか15秒)で伏線回収しまくった結果を大披露。
 早すぎて何言ってるのかわかんねぇ!

詰め込みまくりのEDで一番笑った。
第1期でアニメ化された「どっこいおむすび君」最終話はたしか約2分でした。その差約1分45秒。
愛は魔王を救う ?アニメ「ケロロ軍曹」 第126話「ケロロ&夏美 勇者はどっちだ?! であります」
・侵略期限まで残り22日。ケロロはプレッシャーに耐え切れなくなりガンプラ&家事で現実逃避。
 第105話でどっしり構えてじっくり侵略すると宣言した結果がこれ。
・突然テレビにルイージなサブローとマリオなクルルが。ゲームの中に入れるマシンを発明したクルル。
・現実逃避するならと、
 クルルが作ったRPG「ウルティメットファイナルドラゴンファイヤーウィザードエボリューション7」をやってみることに。
 タイトル長っ。
・サブローと夏美のラブでロマンスなファンタジーを阻止する為に参加したギロロ。
 「デバッグがまだ済んでない」(訳:絶対に何かバグが起こってとんでもないことになる)と言うクルル。
・ゲーム開始。早速バグで離れ離れになったケロロ達。
・勇者役の夏美はダソヌ☆マソが王様の城へ。テンション高い王様夫婦(兄妹)。
・囚われのサブロー王子を助けることになった夏美。
・その頃ケロロ達はRPGのお約束、家内散策を堪能中。
 タンスから服を引っ張り出したりツボやタルを投げたりと大暴れ。ちっちゃなメダル2枚ゲット。
・住人が苦労してためたお金等を「世界を救う為」と言ってがっつり貰う気満々のケロロ。それがRPGの主人公。
・常識人ギロロは早く旅立とうとケロロ達を急かすも、
 早く行かないとサブローを助け出した夏美がサブローと(以下略)と勝手に妄想して勝手にキレて銃乱射。家全壊。
・現実世界から冬樹&小雪&ドロロも参戦。しかしまたもや離れ離れに。
・冬樹達が落ちた方向に向かった夏美。そこにはバグで犬の姿になった冬樹が。
 仲間にしたら元に戻りました。ドラクエ2っぽい。
・山小屋で休憩していた小雪とも合流。3人パーティー結成。
・ケロロ達はスライムの大群とバトル中。職業:遊び人なので何もしないケロロ。
・魔法使いモアのハルマゲドンでスライム一蹴。一気にレベル99まで上がったケロロ達。ケンシロウがいる!
・夏美達よりも一足お先に魔王城に到着したケロロ達。
・落とし穴発動でギロロも道連れにしようとするケロロ。
 しかしRPGの法則「先頭の人が落とし穴に落ちたら何故か他の仲間も落ちる」により結局ケロロ達は全員落下。
・という訳で、魔王の部屋に先に辿り着いたのは夏美達。
・魔王の正体は、バグに操られたサブロー。とことんバグ尽くし。
・ケロロ達も魔王の部屋に到着。
 ケロロの技「奇妙なダンス」はサブローには全く効かず。遊び人の帽子(今回のおしゃれポイント)を斬られて悲しむケロロ。
・犬冬樹の一件からサブローを元に戻す方法に気がついた夏美がサブローに「仲間にしてあげる!」と言うと、
 サブローは苦しみだして元の姿に。
・どうして元に戻ったかというと、「愛情によってモンスターを仲間にするシステム」のおかげらしい。
 魔王を元に戻すほどの愛情を発揮した夏美。今回はサブローに敗北したことを認めたギロロ。
・大団円な空気の中、真のラスボス出たーーーーー!!!!!
 ずっと忘れられてたトラウマ+バグ効果で絶賛暴走中のドロロ。
 本気でゲーム入ってからずっと出てこなかったから、敵役か最後まで放置かのどっちかなのかと思ってたら前者でした。

・「ラスボスと思われた魔王を倒したら更に強力な悪の大魔王がいたという二段構造」悪の大魔王扱いのドロロ。
・ここで、猫にリセットボタンを押されるという
 普通なら全てを台無しにされ脱力したり泣き寝入りするしかないような出来事が起こり、
 バグゲームから抜け出せたケロロ達。
・ケロロが現実逃避にこりたところで、次回は月再びと原作の台風話。
 エースに載ってたあらすじだと侵略期限タイマーを月に捨てようとする話らしいですが、それも逃避な気がする。


○キャプ詰め
いつもより少なめ。

最萌えはサブローに助けられる妄想をしてえへら?な夏美。
真のラスボスドロロ悲惨だよドロロ。


外道な遊び人

愛の勇者とトラウマの化身
いと強きインパクト
文化祭の代休で暇だったので、今度こそテンプレート変更。RAZUNAです。

ついでに、
劇場版ケロロ感想の時に張った敵っぽいミララが凄い気に入ったのでプロフィール画像にしてみた。
したらなんか浮いたのでちょっと後悔した。多分いつか変えます。


2chによると9/29のアニケロにキルルが出るらしい。
月刊テレビジョン見たら、9/29のところに「キルル 破滅の使者」と確かに書いてあった。

で、気になるのは
・ミララは出るのか。
キルル(というかおぎやはぎ)がタイトルコールするのか。
の2点。もしケロロダンシングのセリフ部分と同じノリでおぎやはぎがタイトルコールやったら大変な事になりそうな気がする。
劇場版のキルルとは別キャラだという設定なら、声優交代もありそう。



アニメ「ケロロ軍曹」新OP Polysics「You-You-You」10/25発売 初回限定版DVD付き
海外で大人気のバンドらしい。


【09/05追記】
テンプレ変えたということでリアル友達にこのBlogのTOPを見せたところ、
←のプロフィール画像で爆笑されました。
ちなみにそのリアル友達は劇場版ケロロ見てない。というかケロロ自体見てない。

で、この画像がプロフィールとこの記事で横に2枚並んでると
別の意味で目のやり場に困ると思ったのでこの記事の方に張ってた画像を引っ込めました。
元ラスボスの憂鬱 ?アニメ「おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!」 第23話「タクトがとれたらイイのダー!」
・第1期でマイメロ達に敗北し、マイメロを宇宙の綿クズにするためにバコに憑いたダーちゃん。
・赤ん坊は操りやすいからという理由でバコを選んだはいいものの、赤ん坊なので思うように身動き取れず。
・バコの夜鳴きで起こされたクロミとバク。
 オムツを替えようとして直にオシッコかけられるというお約束をやられたクロミ。
・次の日、潤のカバンに潜り込んだバコ。
 潤はそれに気づかずに学校に行ったけど、日曜日なので誰もおらず。あきれるダーちゃん。
・掃除機に吸い込まれたメロディタクトを取ろうとして、自分も吸い込まれたマイメロ。
・折り紙話の時にバコが好きになった歌のクラスメート星賀。
 クレーンキャッチャーでバコっぽいぬいぐるみを取ったけど、本物の代わりにはならず。
・月曜日、寝坊したため急いで学校に向かう歌たち。
・今日もカバンに入ってるバコに全く気づかない潤。マイメロに言われてようやく気づきました。
・バコは早速マイメロのタクトを奪おうとするも、同じく遅刻しそうな星賀が突撃してきたため失敗。
・クラスの皆に大人気なバコ。白山も虜。真菜はイライラ。
 潤はバコの真似して赤ん坊っぽく振る舞えば人気者になれると考え、小暮に赤ん坊の物真似を披露。

・マイメロに抱っこしてもらい、頭巾の中にあるタクトを取ろうとしたら、
 マイメロに「そこ痒かったからかいて?」と頼まれ素直に従ってしまったバコ。マイメロペースに飲まれてます。
・バコがタクトが欲しいと言ったら、マイメロはバコがタクトを串焼きの串にして食べるのではないかと想像。
・何はともあれタクト奪取成功。しかし赤ん坊には重かった。
・星賀を利用してタクトを持つも、やっぱり重い&大きいのでかかえること以外に何もできず。
・バコが星賀にタクトを窓の外に投げてと頼んだら、星賀はタクトをバコごと窓の外にポイ。
・バレーボールやサッカーボールに当たって跳ね返り、教室に帰って来たバコとタクト。
・バコはそのまま巨乳の桃山先生の胸の中に突入。巨乳の感触を存分に味わうバコ(ダーちゃん)。
・皆にチヤホヤされるバコを見て、「バコは私だけの友達なのに」とストーカーとかになりそうなことを言い出した星賀。
・我に帰ったバコ、星賀に黒音符を出させるためにクロミとバクを呼ぶことに。
・バコの泣き声を聞いて教室に飛び込んできたバクとクロミ。
・悪夢魔法で星賀がクレーンキャッチャーに、歌たちは取られるぬいぐるみに。
 皆から「怖い」「イッちゃってる」と言われてる星賀。
・本物のバコに狙いを定め、クレーンを向かわせた星賀。身を挺してバコを守ったバク。
 いらないぬいぐるみが宇宙に捨てられるのはダーちゃんが今話の冒頭で言った願いが関係してるのか。とりあえず「さらば地球」笑った。

・バコを連れて逃げるクロミ。バコを狙う星賀の目がヤバイ。
・捕まえられたバコとクロミ。さらば地球パート2。
・黒音符ゲット条件は達成。次は今度こそタクトを奪おうと星賀に「おねがい♥」をするバコ。
・マイメロを見つける為に、邪魔な美紀たちを次々と宇宙に捨てていく星賀。
 イカルガ先生は桃山先生と密着できてうれしそうです。
・マイメロのこととなると人間じゃなくなる白山、センサーで見事マイメロ発見。
 そのままゴムボールみたいな動きでクレーン避けまくり。
・捕まったマイメロと歌。
 しかしマイメロがタクトをクレーンゲーム内に落としてきたため、クレーン続行。
・タクトを守ろうとして、タクトと一緒に捕まった小暮。
 星賀がタクトを壊そうとクレーンを締め付けてきたため、今にも顔がつぶれそうな小暮。
・なんとかマイメロの手に渡ったタクト。くるくるシャッフルで出たカードは大臣。
・その頃大臣は大工に愚痴を聞いてもらってました。
 いつまでたってもマイメロに呼ばれないと嘆く大臣を「大臣ほどの方ならすぐにでも呼び出されて大活躍できる」と励ます大工。
・体が光り出した大臣、遂に召喚かと喜ぶも例によって大臣カードはキャンセル。
 そして代わりに出たカードは大工。なんて黒い展開なんだ。
・レンガで星賀の動きを止めた大工達。
・クロミが持ってたクロミーズカードからクロミーズを召喚したバコ。そんなことまでできるのか。
・一気に形勢逆転。クロミーズ勝利で黒音符。
・帰ろうとするバコを「私とバコちゃんは赤い糸で繋がってる」と言って引き止めようとする星賀に、
 「もうそれは終わり」と冷たく言い放ったバコ。第1期ラスボス(一応)の貫禄。
・なんかわかりあってる星賀と白山。
・クロミ達に完膚なきまでに負け、悔し涙を流すマイメロ。
 今頃トイレから帰ってきた空気が読めない男、潤。
・落ち込んでるマイメロは次回もクロミに敗北?

EDによると、星賀のフルネームは「星賀ルナ(ほしがるな)」。危険人物でした。


○キャプ詰め
抱っこの嵐から逃げようとしたり泣いたりしてるダーちゃんがなんか可愛かった件について。
痒かったところかいてもらって気持ち良さそうだったり悔し涙流したりしてるマイメロも可愛かった。


チヤホヤされる元ラスボス

マイメロペース&危険な愛

再会の涙と悔し涙
竜宮城のゲロタオル ?アニメ「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」 第5話「がんばれ浦島太郎」
○今回のあらすじ
乙姫は、高級なタオルを客に使わせたくないからという理由で
ゲロ付いたタオルを客に出す最低な人だった。

・亀を助けた浦島はお礼に竜宮城に案内されるも、
 竜宮城の場所はもちろん海底なため、到着するまで呼吸できずいきなり死の危機が。
 「息がヤバくなったら僕のオナラを吸ってください」と言う亀。
・竜宮城到着。しかし亀が扉を開ける呪文を忘れたためまだ息ができない浦島。
・呪文を思い出すもふざけてわざと呪文を間違えた亀にキレた浦島が
 亀を扉に殴りつけ扉に穴が。なにはともあれようやく呼吸できた浦島。
・乙姫の部屋。亀を助けた浦島にお礼をする気がない乙姫。
・海の中を通ってきたためグッショリ濡れてる浦島を見て、露骨に嫌な顔をした乙姫。
・乙姫がお付のフグ子にタオルを持ってこさせるもフグ子は高級なタオルを持ってきたため、
 ケチな乙姫がそんなんじゃなくてゲロ付いたやつ持って来いと大声で命令。
本当にゲロ付いたタオルを持ってきたフグ子。「高級なタオルなのでそれなりの匂いがする」でごまかそうとする乙姫。
・歓迎の宴会。浦島と乙姫とで明らかに違う料理の豪華さ。
 「人の料理をジロジロ見ていやらしい」至上最低な乙姫。
・乙姫が金をケチって竜宮一料金が安いダンサーを呼んだところ、
 タバコ吸っててガン飛ばしてる、感じ悪すぎな人が登場。
・全く踊る気がないダンサーに乙姫が怒ったら睨み返され、ビビった乙姫は土下座で謝罪。
・面倒くさそうに踊り(寝転がって足をパタパタ開くだけ)を始めたダンサー。
 乙姫が踊りはもういいから歌ってくれと頼んだところ、またもや睨み返され乙姫土下座。
・人の家でタンを吐き、番長皿屋敷っぽい歌を歌い始めたダンサー。
・終了時間になったので帰るダンサー。もう二度と呼ばないと誓った乙姫。
・浦島も帰ることに。
 フグ子がお土産にと伊勢海老を持ってきたので、
 乙姫はまたもや「もっとショボいものを持ってこい」と命令。
・すると乙姫から「これってもう嫌がらせ」と言われる様なものを持ってきたフグ子。
 笑いをこらえてる凄いムカつく顔でそのお土産を浦島に渡す乙姫。
 ってかゲロタオルや料理の時点で既に嫌がらせになってますが。

・地上に帰ってきた浦島。
 お土産の箱を開けてみると、「亀をあげます」と書かれた手紙が。
・それを全力で拒否し亀を蹴りまくる浦島の前に男が登場。
・その男の名前は「浦島太郎」。
 浦島(浦島太郎と苗字が同じなだけの全くの別人)の亀イジメを止めさせた浦島太郎。

EDも亀。ラッセーラ!
大きなイカ関係のネタは全てカットだったけど、
露骨に嫌な顔にゲロタオルに料理にと、畳み掛けるように最低な行為をする乙姫笑った。確かに殴りたい。
ケロロショッキング ?アニメ「ケロロ軍曹」第125話
○「ケロロ 仁義なき回転寿司! であります」
・ケロロが宇宙人街にある回転寿司屋のクーポン券を5人分入手したため、ケロロ小隊回転寿司初体験。
・まずはお茶を入れるケロロ。
・隊長のケロロよりも先に寿司を食べたギロロ。
 怒ったケロロが負けじと寿司を取ろうとするも、平日の午後で客が少ないため寿司以外の物の方が多し。
・という訳で、ケロロ小隊の寿司取り合戦開始。
・まずはデザートに目をつけたドロロ。
 しかしタママが「デザートは一番最後に食べるもの」と言ってドロロが取ったケーキを横取りし、
 自分はちゃっかりそのケーキを一口でペロリ。「デザート好きキャラに生まれてよかった」自分のキャラを利用するタママ。
・次に来たのは店オリジナルの軍艦巻き(見るからにまずそう)。それを取ったのはクルル。まずさが癖になるらしい。
・大トロ到来。わざわざ鑑定眼力するドロロと、その隙に取ったケロロ。
・ギロロに大トロを自慢するケロロ。しかし次に来た大トロはケロロが取ったものよりちょっと大きめ。
 それを取る為にさっきの大トロを急いで食べるも、ギロロにその大きめ大トロを取られ悔しがるケロロ。
・大トロ(特上絵皿)をじっくり味わえなかったというミスを清算するために、
 その特上絵皿をドロロが取った普通の皿とすり替えたケロロ。
 ドロロの方は落ち込んでる(ように見せかけてる)ケロロを少し気遣ってます。
・ケロロが次に目をつけたのはアナゴ。
 とりあえず始めに来たアナゴを取り、その次に来たアナゴの方が大きそうなので入れ替えようとするも、
 寿司をレーンに戻すのはルール違反だとギロロにツッコまれ、大きめアナゴはまたもやギロロの下に。
 更にドロロから特上絵皿を返され、ミス清算ならず。
・もうギロロ&ドロロに取られる前にと、とにかく目に付いたものをどんどん取っていくケロロ。
 鮮度落ちてるやつや形が崩れてるやつも何のその。
・結局食べたかったものをちゃんと食べれないまま満腹になったケロロ。ガリとお茶が一番美味しかったらしい。
・そんなケロロを尻目に、自分の食べたいものを普通に注文するギロロとドロロ。
 「注文」の存在を完全に忘れてたケロロ。
・回転寿司終了。クーポン券は期限切れで使えず。ケロロ以外は大満足。
・「クーポン券が期限切れ」で侵略期限間近なことを思い出したケロロ。ケロロいいことなし。

○「ケロロ 恐怖のザ・モスキート であります」
・宿題とかの期限間近になると掃除したくなるということで、倉庫の整理を始めたケロロ。
・旧式の物質転送マシン発見。どこに繋がってるのか気になったケロロ、入ってみることに。
・マシン始動。出口のポッドは同じ倉庫内。
・その頃、飛びまわる蚊にイラついたギロロがテント内で銃乱射。
・日向家の中にも蚊が。蚊取り線香(ケロロが侵略予算稼ぎ用に作ったものの試作品)を持ってきた冬樹。
・その時、なぜか被り物をしたケロロが乱入。蚊取り線香を使うなと横取り。
・蚊を発見。潰そうとする夏美を止めるケロロ。そして日向家内が超厳戒態勢に。
・クルルによる事情説明。
 さっき物質転送マシンが発動した時に蚊が紛れ込んでいたため、
 蚊と頭部&右手が入れ替わってしまったケロロ。
 被り物取ったらかなりショッキングな物が公共の電波に流れそうだ。
・血が吸いたいと騒ぐケロロにトマトジュース持ってきたモア。代用にはなりませんでした。
 それにしても、崩れた被り物して発狂してるケロロは充分ショッキングだ。

・ケロロを元に戻す為に、広大な基地の中から1匹の蚊を探すことになったケロロ小隊。気が遠くなる。
・冬樹曰く、蚊が引き寄せられるものは高い体温と汗と二酸化炭素。
・各々の方法で汗を出そうとするケロロ小隊。こんなところでも視聴者サービスなのか水着な夏美。
・蚊を発見したギロロ。麻酔光線が外れて反射し、自分に当たってギロロ脱落。
・箸で蚊を取ろうとするもかわされ、血を吸われたドロロ。
 トラウマスイッチ(ちびケロがゼロロの顔に止まった蚊を潰そうとしてゼロロ叩きまくった)が入りドロロ脱落。
・その頃、引き続き発狂中のケロロのために首筋を差し出そうとするモアエロいなモア。
・夏美がケロロを止めようとしたらケロロの被り物が外れ、ショッキングなものを見た夏美&タママ&モア。
・ケロロの頭の中が蚊になってるのなら
 蚊の頭の中はケロロになってるはずだということで、ゲロロ艦長でおびき寄せる作戦。見事成功。
・タママが未制作のガンプラを転送マシンに投げ込み、それを追いかけて転送マシンに入った蚊。
・蚊との分離に成功するも、今度はガンプラと合体したケロロ。

○次回予告
・RPGでケロロと夏美の主役争奪戦。マリオなクルルとルイージなサブロー。王様役はダソヌ☆マソ。


○キャプ詰め
・美味しそうに寿司食べるドロロ可愛いよドロロ。
・蚊におちょくられるドロロ可愛いよドロロ。
もっといい被り物はなかったのかケロロ。


絶賛回転中

絶賛発狂中

絶賛サービス中

≪BackHOME | Next≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。